ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

パンプキン・ムーンシャイン」 みんなの声

パンプキン・ムーンシャイン 作・絵:ターシャ・テューダー
訳:ないとうりえこ
出版社:株式会社KADOKAWA メディアファクトリー
本体価格:\1,200+税
発行日:2001
ISBN:9784840103718
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,296
みんなの声 総数 20
「パンプキン・ムーンシャイン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • もうすぐハロウィン

    娘が図書館で探し出したこの絵本。
    私も読まさせてもらいました。
    もうすぐハロウィンなので気分も盛り上がっていいですね。
    通っている英会話のお教室で、かぼちゃちょうちんを作ったり
    もするのでなおさら!でも、お教室で先生が用意してくれて
    いるものより、シルヴィー・アンのように畑から自分の力で
    運んでくる方がもっときっといいだろうなあ。たとえかぼちゃ
    が勝手にごろごろと転がって、いろんなものに迷惑をかけて
    しまったとしても。我が家でも今度畑で作ってみようかしらん。

    掲載日:2015/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • かぼちゃちょうちん

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    かぼちゃちょうちんをつくろうとする女の子のお話。材料の大きなかぼちゃが転がっていってしまいたいへん!
    素朴ですが女の子がいいこでかわいらしく、良い絵本でした。
    子供も気に入ったようで「ハロウィンの絵本読んで」と言っては持ってきています。

    掲載日:2015/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 当時の生活がかいま見える

    小ぶりで、かわいい絵本です。
    ハロウィーンが近づいてきたので読んでみました。
    イベント的なものではなく、生活の中でむかえるハロウィーンという感じです。
    かぼちゃちょうちん、という言葉がぴったりな、素朴なハロウィーンの雰囲気が伝わってきました。

    掲載日:2015/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても可愛い

    ハロウィンも近づいてきたので、この絵本を借りてきました。「パンプキン・ムーンシャイン」というのは、かぼちゃちょうちんのことなんですね。英語だと何だかとっても素敵な言い方ですね。

    おんなのこシルヴィ―・アンがかぼちゃを見つけて、おじいちゃんにかぼちゃちょうちんを作ってもらうお話ですが、いろいろ途中で苦労が。とっても可愛い絵に、可愛いお話。おすすめです。

    掲載日:2014/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハロウィーンさは薄いですが

    ターシャさんの絵本は、やっぱりいいですね。
    自然や動物が豊かに描かれていて、和めます。
    ターシャさんの絵本はこれで2冊目なのですが、とても可愛いかったです。

    ハロウィンといえば、「かぼちゃ」。
    かぼちゃの収穫について、描かれています。
    ハロウィンさは薄いですが、小さくて可愛い絵本です。

    掲載日:2014/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちいさな かわいいこに

    「ちいさなおはなしを ちいさなかわいいこに」でにっこり笑い、転がっていくかぼちゃを見てはしゃぐ息子。まだまだ可愛いです。

    転がるかぼちゃで こんなに笑顔になれる子供っていいなと思い、
    こちらも幸せな気分です。
    ターシャの描く主人公のシルヴィ・アンが可愛いのは言うまでもありません。怖くないハロウィンのお話でした。

    掲載日:2013/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ロングラン人気がわかります♪

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子20歳

    ターシャの初期シリーズとのこと

    「おばけかぼちゃ」で
    通るようになった感じがありますが
    「パンプキン・ムーンシャイン」って
    素敵じゃないですか!?

    昔からのイベントを大切にしている
    ターシャさんの気持ちがこもっています

    素敵なところだけでなく
    失敗や、おもしろさも含まれていて
    長年愛されてきた作品なんだなぁ〜と
    感心してしまいます

    上品さもいいんですよね

    ハローウィンの時期に
    これを読めばいいかも♪

    掲載日:2012/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • かぼちゃ

    かぼちゃと言うと私には、やっぱり南瓜煮が食べたくなります。

    大きな南瓜を運ぶのには、大人だって大変だから、シルヴィー・アンの

    ような小さな女の子にはどうやって運ぶのか興味が湧きました。

    とても賢いと思いました。雪だるまを転がす要領で丘の上から転がして

    いくのですから、私には想像もつきませんでした。

    人に頼るのではなく、自分でなんとか工夫するのがいいと思いました。

    南瓜提灯の作り方も学べました。上手く出来上がってちょっと怖くて

    不気味なところが素敵でした。

    掲載日:2010/09/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 記念すべきデビュー作

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    ターシャ・テューダーの記念すべきデビュー作。
    1938年の作品で、2001年から復刻された一連の作品のひとつです。

    パンプキン・ムーンシャインとは、ハロウィーンで使われる「かぼちゃちょうちん」のことだそうで、洒落た呼び名です。

    お話は、ハロウィーン当日。
    女の子のシルヴィー・アンが、かぼちゃちょうちんを作ろうと、丸く太ったかぼちゃを探しにいくシーンから始まります。
    丘を登っていくとやっとのことで大きなかぼちゃを見つけるのですが、とても運べません。
    そこで、雪だるまを作る時みたいに、かぼちゃを転がしていくのですが、丘の上ですからどんどん勝手に転がっていってしまい、あちこちで騒動が発生。
    家にぶつかってようやく止まったかぼちゃを使って、おじいさんとちょうちん作り。

    ハロウィーンの一日を描いただけの物語ですが、昔NHKで放映されていた大草原の小さな家のようなのどかな風景が、心を癒してくれます。
    動物の描写が少ない分、他の作品と比較すると物足りないのですが、この作品から始まったと思うと感慨深いものを感じずにはいられません。

    掲載日:2009/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ☆ ターシャファンなら、必読 ☆

    • ギフトさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子6歳、女の子3歳

    ターシャ・テューダー、23歳の処女作品です。

    古き良き時代の田舎のアメリカの子ども達が、ピュアにハロウィンを楽しんでいる様子を描いた、ターシャらしい作品です。

    『パンプキン・ムーンシャイン』 とは、あの 『おばけカボチャ』 のこと。
    カボチャ選びから、パンプキン・ムーンシャインを仕上げるところまで描かれているので、
    手作り派の方は参考になりますよ。

    おばけも魔女も出てこない。
    ある女の子の、ある年のハロウィンを題材にした、ほんわかとした可愛らしいお話です。

    掲載日:2009/09/08

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット