ひよこさん ひよこさん
作: 征矢 清 絵: 林 明子  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

くろねこニヤニヤ」 みんなの声

くろねこニヤニヤ 作:内田 麟太郎
絵:かわむら ふゆみ
出版社:ルック
本体価格:\1,262+税
発行日:1995年
ISBN:9784947676115
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,943
みんなの声 総数 3
「くろねこニヤニヤ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大人にはわからない魅力が・・・

    内田麟太郎さんが好きで図書館で借りてきたのだけど、「タイをくうな〜」と「しっぽがばっき〜ん」という言葉を子どもがとても気に入り、5歳になるお兄ちゃんと一緒に、本の内容を言い合って遊んでいます。長い期間読んで読んでと言われ続けて、私まで内容を記憶してしまいました。大人が思うおもしろさと子どもが感じるおもしろさは違うものだと実感した一冊でした。やはり、内田麟太郎さんはおもしろい!

    掲載日:2008/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 良くも悪くもない話

    • イザリウオさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    私が好きな内田麟太郎さんの本。
    ねこが主人公で、いかにもひとくせありそうと借りてきた。
    読んでみると、あれ!?これだけ!?
    でも二男は面白かったようで、後日これ読んでと本を持ってきたときに、
    「これって魚が増えるんだよね」と言うのだ。
    ラストが、あっけらかんとしているけれど、まあまあ楽しめます。

    掲載日:2008/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイのかたきはたいやきが・・・?

    • そやでさん
    • 20代
    • その他の方
    • 大阪府

    たいやきが猫を追いかけるという突飛な内容です。
    くろねこのニヤニヤがお皿に盛られたタイを盗み食いしようとしたら・・・「タイをくうな!」なんと空中でたいやきが怒鳴っているではありませんか。びっくりしたニヤニヤは逃げる。たいやきは追いかける。とうとうニヤニヤは底なし沼に追い詰められ・・・。

    けたの大きい数を覚えられたら・・・との思いで描かれたのでしょうか、追ってくるたいやきが100→1000→10000匹・・・と徐々に増えていくのです。

    1ページに2行ほどしか書かれていないのであっさりと読み終えることが出来ます。「あぁ、なるほど」というオチでしたが、はっきりとは書かれていないので気付かずに「え?」と見落としてしまうかもしれません。更にお話が続くともっと楽しめたと思います。

    掲載日:2007/02/18

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / すっぽんぽんのすけ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / さつまのおいも

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



入園・入学・進級のお祝いに、ギフトしかけ絵本

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット