貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス)
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

とうちゃんはかんばんや」 みんなの声

とうちゃんはかんばんや 作:平田 昌広
絵:野村 たかあき
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年
ISBN:9784774606644
評価スコア 4.8
評価ランキング 297
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 読み応えがある

    なかなか読み応えのある絵本だなと思いました。

    単にかんばんやの紹介だけでなくて、主人公の男の子の家族模様や、かんばんやを継ぐかどうかの揺れ動く気持ちなど、全体が散漫にならない程度にストーリーに盛り込まれていて、繰り返し楽しめる絵本だと思いました。

    掲載日:2017/05/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • ステキな親子

    このお話は、看板屋のお父さんとその息子のお話でした。息子はお父さんを尊敬していて、お父さんの仕事も大好きです。この息子がお父さんをどれだけ好きかがお話の中にあふれていて、男の子のお子さんにはとっても向いている一冊だと思いました。

    掲載日:2014/11/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • お店の看板 
    私は看板を見るのが好きです 文字も絵もおもしろく インパクトがあり引きつけられますね  味があるんです!

    このほんの父ちゃんは 商店街の看板をたくさん描いてます
    なかなか 味があっていいな〜
    鮮魚のたいはすごい! ぼくは さんまがだいすきだから、どうしてたいにしたの?
    「そりゃ めでたいからな」  この言葉のかけあいがなんともいい!
    おじいちゃんも看板やでお父さんはその仕事を継いでいる

    父さんの仕事をみて ぼくも看板屋になりたいと思うのです
    職人さん お父さんはお酒が大好きで よっぱらうとお母さんとぼくで迎えに行くところ 
    かあちゃんは とうちゃんが すきで  とうちゃんは かあちゃんがすきなんだ  ぼくも とうちゃんが だいすきで とうちゃんが かく かんばんが 大好きだ

    ここを読むとじ〜んときますね!

    ペンキだらけの父ちゃんの仕事を見て誇りに思える。 言い親子関係ですね!

    このように 父親の仕事が伝わると良いな〜と思います!
    なかなか 味のある絵本でしたよ!

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 御父さん大活躍

    御父さんが大活躍する素敵なお話でした。お父さんは口数は少ないけれど行動で素晴らしさを表していました。ページを開くたびに素敵な看板が表れて早く次の看板がみたいなあと思って読み進みました。主人公の男の子が大好きな御爺ちゃんの描いた看板も素敵でした。ところどころ風化している様子が長い年月雨や風にさらされても耐えてきた力強さを感じました。全てのページが版画であらわされているところも魅力的でした。町中に自分のお父さんが描いた看板があるので子供は淋しくないしとても思う三の事を誇らしく思うのだろうなと感じました。お父さん大活躍の素敵な絵本でした。

    掲載日:2007/12/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • こんな親子関係いいですね

    とうちゃんの仕事は、看板屋。
    「とうちゃんは、いつもペンキで汚れているけれど、とうちゃんの描く看板はどれもみんなかっこいい。」
    この言葉がいいですよね。
    とうちゃんは、無骨で、職人かたぎなとうちゃんで、飲み屋で酔いつぶれて、飲み屋に迎えに行ったりすることも。
    でも、そんなとうちゃんも、とうちゃんの仕事も、ぼくは大好き。
    町のいたるところに、とうちゃんの描いた看板があり、ぼくも、とうちゃんみたいな看板屋になろうって思っている。

    父親のやっている仕事、親の働いている姿が、子供の生活の中で、ちゃんと目に触れるというのは、いいことですよね。
    そして、ぼくは、父親が大好きで、父親の仕事が大好き。
    父親をそんなふうに思えるのは、子供にとって、この上ない幸せだと思う。
    そんなふうに育ったぼくは、立派な大人になるだろうなぁと思う。
    こういう親子関係、いいなぁ。

    掲載日:2007/06/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 働く父の姿はっこいい

    彫刻刀で掘られた版画のようなイラストがなつかしさを感じさせてくれ、かんばんやという昔ながらのストーリーの舞台にはぴったりなテイストだなと感じます。

    かんばんやという仕事自体をよく知らない私にとっては、新鮮な気持ちでした。
    そして、そんなお父さんが一生懸命書いた看板を誇らしげに見つめる息子の目線。きっとかっこいいなとどこか憧れの的なのでしょうね。

    色々な仕事がありますが、父が働いている姿を知っているからこそ、父の背中を見ているからこそ、その仕事の素晴らしさも感じることが出来るのでしょうね。

    現代ではお父さんが仕事場でどんなふうに働いているかを見れる環境の人の方が少ないかもしれません。

    ちょっとぶっきらぼうな物言いだけど、とても愛があるお父さんの言葉と、家族を愛する父と、息子にも出来れば継いでもらいたい・・そんな親心も見え隠れしていて、なかなか奥の深い絵本だと感じました。

    とうちゃんはきっと息子が書いてくれた看板、嬉しかったんだろうなぁ。
    そんなことを想像しながら読みました。

    高層マンションが増え、下町の情緒や街並みが減っていく中で、やはり昔ながらの仕事を続けておられる方の誇りを見せてもらえたような気がします。

    掲載日:2017/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • かんばんやさん

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    おとうさんが手がけた看板が町中に!
    いいですねー。
    おとうさんのこと、この男の子は尊敬しているだろうし、大好きなんだろうなー。
    将来的には立派なかんばんやさんになってくれそうな予感。
    おじいちゃんもかんばんやさんだったんですね。

    掲載日:2017/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • パパがお気に入り

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子1歳

    図書館でパパが選んで、
    今日は「パパがこれを読んであげる」
    とめずらしく張り切って読んでいました。

    聞いてみて、なるほど。
    とうちゃんへの息子の尊敬の念が伝わってくるし、
    「かあちゃんは とうちゃんが すきで 
     とうちゃんは かあちゃんがすきなんだ  
     ぼくも とうちゃんが だいすきで 
     とうちゃんが かく かんばんが 大好きだ」
    のところは、自分で「いいよなぁ」と感動していました。

    息子もパパが好きな本を聞くのが嬉しいのか、
    パパにひっついてじっと聞いていました。

    掲載日:2016/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵も素朴でお父さんにぴったり!

    かんばんやさんのお父さんとその息子のお話です。
    かんばんやさんのお父さんの仕事をかっこいいと思い尊敬している息子のぼく,この親子の関係がとても素敵に思いました。
    イラストも素朴でいい味を出していて,このお話にこのお父さんにぴったりでした!

    掲載日:2015/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • おやのせなか

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     親の背中を見て育つ子は、いいなあ。
    町といっしょに大きく育って、育てられて。
    町の職人のくらしは楽じゃないけれど、
    そんなこと育つ子見てたらすっとんでくくらい、
    おじさんには嬉しくて、泣けるお話。
     野村たかあきの木版画がいい。
    そして平田昌広の、無垢な子ども目線の文が
    素直でいい、脱帽。
     親の職業が会社員じゃわからないか、
    なんて心配せずに、世のお父さんに読んでもらいたい。
    感謝、感謝。

    掲載日:2015/02/13

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『うし』内田麟太郎さん&高畠純さん&絵本ナビ・金柿代表 鼎談

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.8)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット