もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

うさぎ小学校」 みんなの声

うさぎ小学校 作:アルベルト・ジクストゥス
絵:フリッツ・コッホ=ゴータ
訳:はたさわ ゆうこ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年07月
ISBN:9784198623715
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,120
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 実践的な授業

    うさぎの小学校の授業は、本当に実用的ですね。
    身の守り方や、食べられる植物についてなど・・・
    自然の中で生きていくためには、必要なことばかりだと思いました。
    クラシカルな雰囲気の絵が、とてもお洒落でしたね。

    掲載日:2013/11/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 生きるための知恵

     100年近くもドイツで読み継がれている絵本というだけあって、本当にお話も絵も素敵な作品ですね。いつの間にかうさぎたちの世界に紛れ込んでいってしまうような不思議な魅力があります。

     ここは、うさぎ小学校。教壇に立って教えてくれるのは、校長先生です。うさぎたちは、どんなことを勉強するのでしょう?
     ベスコフの「もりのこびとたち」の中にも、小人の子どもたちが通う学校が出てくるのですが、うさぎ小学校にとてもよく似ています。それはどんなところかと言うと、単に知識としての学力を身につけるのではなく、森で生きていくための知恵を学ぶところなんですね。学校って、本来そういうところなんだろうな、と考えさせられます。

     うさぎたちにとっての「猟師」は、人間社会で言えば「犯罪、事故」などに当たるのでしょうけれど、最後の「わたしも うさぎのこに なってみたいな」の一文に、娘は「なりたくな〜い。だって、猟師に鉄砲で撃たれたくないもん!」と言っていました。

    掲載日:2010/11/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • おしゃれ!

    飾ってもいいなと思うくらいオシャレでクラシカルな絵本です。
    うさぎ小学校の授業は非常に実用的。子どもたちも頑張ってます。最後に一瞬、ヒヤッとしますけど、全体的にほのぼので可愛いです。
    文字のページの影絵も素敵でした。

    掲載日:2016/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が好きです

    来年小学生になるのでそれにちなんだ本を借りてみようかなとおもっていたら、絵がかきこんであって動きもあるし、学校で勉強する内容がうさぎさん用です。犬につかまらないように、とか、飛び方とか、でもそれが面白い。わたしもうさぎになりたいなーーーって子どもの素直な気持ちがはいっていますね。

    掲載日:2015/08/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • もうすぐ小学生の娘に

    来月1年生になる長女に借りてきました。

    うさぎ小学校、そこはうさぎの子が生きていく方法を学ぶ学校。校長先生が先生となって教えてくれるのです。校長先生が生徒に直に教えるというとこに何だか温かさを感じました。長女は小学校に行くのがサラニ楽しみになったようです。

    掲載日:2014/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 古典絵本

    今の時代なら、うさぎが学校に通っているお話があっても、珍しくないでしょう。
    このお話のすごいところは、90年も前に描かれているということ!
    「うさぎの小学校!?」
    当時は、きっとすごく斬新な発想だったんだろうなって思いました。

    擬人化されているのに、真面目にうさぎなところが面白いです。
    「そっか、うさぎの学校では、こうなんだ〜。」と、こちらも真面目に納得してしまいます。

    それだけでは終わらずに、右側に擬人化された世界、左側に現実の世界を描いているところが、また凄い!
    現実の世界に影絵を用いているところも!!
    空想の世界にどっぷり浸かりながらも、どこか現実との狭間を行き来しているような感覚を覚えます。

    読めば読むほどに、味わい深い。
    時間が経つほどに価値が増していく、そんな感じのお話です。

    掲載日:2014/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドイツの代表的古典絵本

    味わいのある絵にひかれて手にとりました。八十年ものあいだ読みつがれてきたドイツの代表的古典絵本だそうです。
    子うさぎの兄妹が元気よく小学校へいく場面から始まり、一日のようすが描かれていきます。なんとのどかで楽しそうなことでしょう。もちろん猟師に撃たれない訓練などの授業もあり、昔らしい厳しい仕付けシーンもあるのですが、それでも学校生活のワクワクさが、ごく自然に描かれています。
    解説によると、ドイツ語の「韻文詩の美しさを、日本語で再現できないのが残念」と書かれていますが、リズム感のある言葉で、じゅうぶん楽しめます。

    いきいきとした子うさぎの表情や動きのある絵は楽しく、森は美しい。
    見開き各左ページの影絵がまた、すばらしいと思います。

    掲載日:2013/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人間の小学校とはだいぶ違うね

    来春から小学校に通う娘のために、「小学校」について
    書かれた絵本を意識して読んでいます。
    この絵本はうさぎの小学校。
    人間の小学校のことについてもだいぶわかってきている娘は
    あまりの違いにちょっと驚いていました(笑)。
    「なんでハンカチがキャベツなの?なんでティッュで鼻を
    かまないの?」「石ばんってなあに?石ひつって?」
    「こうちょうせんせいが教えるんだねえ」などなど。
    現代の人間の小学校との違いをみつけるたびにあれこれ
    質問が飛んできました。その度に、経験と知識と想像力を
    駆使してこたえる私です。ふう。
    「ゆうとうせい」についても訊かれたので娘が優等生に
    なれることを願って(でも落ち着きないからたぶん無理)、
    どんなに優等生がかっこいいのか教えてあげました。
    きつねやりょうしといった心配はありますが、それ以外は
    のどかで豊かでいいなあ。人間の小学校よりも子ども達は
    にこにこしていられそうだなあと思いました。

    掲載日:2012/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 学校が楽しみな子どもたちへ

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    1年生になった娘に読みました。
    「あら、おんなじね。」
    娘の学校生活によく似ていました。

    登校の風景も、休み時間の過ごし方も。
    ただ、授業の内容はウサギ風にできています。
    たいいくの時間はてっぽうで打たれないような
    身のこなしかたの練習でした。

    学校生活が良くわかる内容なので
    年長さん、新一年生に読むのにベストかと思います。

    掲載日:2011/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • うさぎの1日がわかりやすい

    これは80年もの間読みつがれてきたドイツの古典絵本だそうです。
    たしかに、中を見ると、先生は威厳にみち、子どもたちも実にちゃんとしている。
    習うことも、うさぎが生きていくためには不可欠な食べ物のこと、敵のこと・・・うさぎがどう生きるべきかをきちんと学校で習っているのね。
    淡々と語られるうさぎの1日なので、笑えるような話ではありません。実に淡々と物語が流れていく。
    でも、奇をてらわない、落ち着いた感じゆえ、長く愛されてきたのだろうなと思う。
    右側の絵も美しいし、文章のしたについている影絵調の絵もきれいです。

    掲載日:2011/01/19

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    教科書でもおなじみ、塚本やすし先生の楽しい読み聞かせ絵本。おでんしゃ出発しまーす。


『ヨチヨチ父 とまどう日々』ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット