十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ふしぎなあの子」 みんなの声

ふしぎなあの子 作:佐藤 さとる
絵:岡本 順
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1993年
ISBN:9784251036407
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,233
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 素敵な1年

    岡田順さんの絵の本を探してて
    あら?佐藤さとるさん作の本
    読んだことあったかな???

    お引越ししてきたあいちゃんの1年
    生活の様子が丁寧に描かれています
    幼稚園の年長さんの行事やふだんの様子も
    とってもわかりやすいです

    こどもの記憶って
    この年齢位から
    なんとなく残っているような気がします
    周囲の大人が何度もお話したり
    写真、ビデオ・・・等で見たりとかも
    影響するでしょうが
    あいちゃんのような素敵な出逢いは
    忘れられませんよね

    初めは、狸と結びつけますが
    てっちゃんのおばあちゃんから
    「やまのこころ」のはなしをされて・・・

    なんといっても、生まれた弟が
    やまひこくんの生まれ変わりになるような
    気さえもします

    あとがきのさとう氏の文章も素敵です
    「すべての人の 五さいの心に・・・」
    のファンタジーの世界を
    楽しんでほしいです

    掲載日:2013/07/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 不確かな存在

    “ふしぎなあの子”は神出鬼没で、たぬきが出てきた後に現れたり、出てきたと思ったらパッと消えてしまいます。
    この町に引っ越してきた、幼稚園に通う“あいちゃん”の前にだけ現れます。

    “あいちゃん”が“たぬき”のことや“あの子”のことを大人に説明しようにも、うまく伝えられないもどかしい心情や、本当に会ったのかさえもあやふやに思えてくるほどの不確かな“やまひこ”の存在がうまく描かれています。
    自分の幼かった頃を思い出して“あいちゃん”に感情移入しながら読めました。

    ページごとに挿絵がありますから、子供もお話しに入りやすいのではないでしょうか。

    章ごとにお話しの月が変わるので、一日一章づつ読み聞かせするのにとても切りが良いです。

    我が家では子供の方から「続きはまた明日ね」と言ってくれます。

    不思議な存在を感じることで、実際の木や自然にも関心をもったりや、愛でる気持ちにつながってくれるといいなぁと思います。

    掲載日:2008/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 山のこころが「やまびこさま」

    児童書なので、小学生向きかなと思って読み始めましたが、幼稚園の年長さんのお話です。

    息子も年長組で5歳と、主人公のあいちゃんと同年齢なので、タイムリーな本だと思いました。

    あいちゃんは新しい町に引っ越してから、不思議な男の子と出会うようになりました。仲良しのてっちゃんによく似ていますが、ちょっと違うのです。

    13章に分かれているので、1日1章読むのにちょうど良い分量です。しかも、章ごとに遠足やクリスマスなど園行事が入っているので、子どもも感情移入しやすいのです。

    てっちゃんのおばあちゃんが説明してくれた「山にも、山のこころがあるって、むかしの人はかんがえていたのね。それが やまびこさま」というのが、わかりやすくて心に残った言葉です。

    この話も開発と無縁でなく、変わっていく街の風景に心が痛みました。風景は変わっていっても心の中の思い出は消えません。大人が読むと、自分の5歳だった頃を思い出すのではないかと思います。

    掲載日:2007/08/27

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • だれのあしあと
    だれのあしあとの試し読みができます!
    だれのあしあと
    作・絵:accototo ふくだとしお+あきこ 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    雪のうえのあしあと、だれのかな? 冬のあてっこ遊び絵本


新しいタイプのおやすみ絵本『バクのほんやさん』たきせあきひこさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット