すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

ネズミ父さん大ピンチ!」 みんなの声

ネズミ父さん大ピンチ! 作:ジェフリー・ガイ
絵:勝田伸一
訳:ないとう ふみこ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2007年12月31日
ISBN:9784198624682
評価スコア 4
評価ランキング 22,662
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かしこいネズミたちのお話です

    人間の家に住むハツカネズミのアナクグリ一家のお話が2話入っています。
    平和に暮らしていたのに、ある日、黒猫ハンニバルがやってきて、ネズミ一家が大ピンチに!

    ハツカネズミ、、、ぱっと見には可愛い気もするけれど、やっぱり人間としては、家に住み着かれたら困っちゃいますよね。
    ネズミにとって、やっぱりネコは天敵。
    アナクグリは知恵を働かせ、ハンニバルと共存共栄する道を探るのです!!
    そのために取った作戦がまたすごい。
    ドキドキハラハラの展開です。

    2話目では、この家に今度は犬まで飼われることに。
    さらに、ネズミたちの間にも縄張り争いが勃発。
    もう、てんやわんやのアナクグリ一家です。

    これだけ知恵が働くネズミが本当にいたらすごいなぁ。
    でも、実は、人間がまったく関知しないところで、ネズミやネコ、犬たちのあいだではこういう争いが繰り広げられてるのかも。。。しれませんね。

    テンポのよいストーリー展開で楽しめるお話です。
    簡単な漢字以外には振り仮名がふられていますし、1冊が2話に分かれているので、分量的にもそれほど長編というわけでもありません。
    物語を読むのが好きなお子さんなら、小学校低学年からでも大丈夫だと思います。

    掲載日:2010/11/15

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


大人気「ひよよ」シリーズ、新刊発売記念!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット