ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ぼく、どこにでもいるカバです」 みんなの声

ぼく、どこにでもいるカバです 作・絵:みやざき ひろかず
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1988年
ISBN:9784892389450
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,659
みんなの声 総数 7
「ぼく、どこにでもいるカバです」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自分らしさ

    「わにくんのおおきなあし」を読んでから
    この本を読みました。
    わりと似たような路線の本だと思います。

    笑顔が怒ってるみたいになってしまうカバが主人公。
    すごく気にしていろいろ努力してみるのですが
    そのために自分らしさが失われてしまいそうになるカバ君。
    そしてとうとう「これが自分だ」という思考に落ち着くのです。

    平均化する必要などない
    個性は個性!!という強いメッセージが
    押し付けがましくなく伝わってきます。
    ぜひぜひ小学校の教室で呼んでもらいたい一冊です。

    掲載日:2015/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分は自分でいい!!

    「ワニくん」シリーズと一緒に借りてきました。同じような絵のタッチなので、「ワニ」と「カバ」の区別がつかなかった私。思いっきり子供に突っ込まれてしましました。。。

    主人公である「カバくん」は、どこにでもいるカバ。
    でも、ほんの少し みんなと違っているのは、嬉しい時の顔が怒っている顔になること。
    だから、みんなに誤解されてしまいます。
    嫌な目に遭ってばかりの「カバくん」は、喜ぶ事をやめてしまいます・・・。
    しかし、先生に「いつもの素敵な笑顔はどうしたの?」と、素晴らしい言葉を掛けてもらった「カバくん」は、1人1人みんな違うんだ〜僕は僕でいい!と気付きます。

    とってもいいお話、こんな大切な事をさらっと読む事が出来る絵本に感謝です。

    掲載日:2012/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 違っていいんだよ

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子10歳、女の子6歳

    他人との違いに悩むことは、誰にでもありうることですが、人それぞれ違っていいんだよということをほのぼのとしたタッチのカバが教えてくれます。笑うと怒った顔になるカバという主人公の設定が固く重くなりがちなテーマをユーモラスに子供に受け入れやすくしていると思います。

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • いえ、どこにもいないボクです!

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子14歳、女の子12歳、女の子7歳

    次女が、ワニくんシリーズといっしょに、学校の図書室から借りてきました。

    何だか、タイトルからして、惹きつけられますよね〜?!

    主人公は、どこにでもいる普通のカバ君。
    でも、ほんの少しだけみんなと違うのは、うれしい時の笑顔がおっかな〜い顔になってしまうこと!!
    みんなに誤解されて、嫌な目に遭ってばかりのカバ君は、何があっても喜ばないことにしますが・・・???

    あはは。うれしいのに、どうしてそんな怖い顔になっちゃうの〜?!
    ちょっぴり不可解ではありますが(笑)・・・

    世の中、いろんな人がいて、当たり前。
    何もかも、みんなと同じじゃなくていい!
    「ぼくはぼく それでいいや」
    自分でそんな風に思えることって、すごく大切なこと。
    大切なことに気付かせてくれた、大好きな先生の存在も大きいですね♪

    サヨナラホームランを打って、おもいっきりうれしい顔(=人から見ると、めちゃくちゃ怖い顔?!)のカバ君!
    きっと、将来大物になれると思います☆

    ワニでもカバでも、ほのぼのとした、淡い色調のみやざきさんの絵が、お疲れぎみの心をほぐしてくれます♪
    なので、大人にもおすすめ♪

    掲載日:2008/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありのままの自分をみとめること。

     主人公のかばくんは、うれしいときに怒った顔をしてしまうので、誤解されてしまいもう喜ばない事にします。しかし、先生の一言でありのままの自分を認められるのです。こんな、ステキな理解者がいれば心強いですよね。

     ノーマライゼーションって、少し難しいように聞こえたり、子どもにどう伝えるか迷ってしますのですが、いろんな人がいて、だれもがありのままの自分を認め、そしてまわりからも認められる社会。社会的弱者である子どもや老人・しょうがいしゃが過ごしやすい世の中は、きっと誰にとっても快適な世界だと思います。

    掲載日:2007/10/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分を認めたカバくん

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子12歳、男の子10歳

    個性の尊重といいながらも、同じ型にはめられる子どもたち。
    人と違うことが不安で仕方ない子どもたち。
    そんな子どもたちに読んで欲しいです。

    周りから何を言われても、自分を認められれば、明るく生きていけます。

    掲載日:2006/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  •  どこにでもいるカバくんが、ほんのすこしみんなとちがっているのは、うれしいときの顔。まわりのひと(カバ)たちにちょっとした誤解を招くんです。よわったカバくんはよろこばないことに決めましたが…。
     大好きな先生のひとことがきっかけで、カバくんは大切なことに気がつきます。最後はとびきり素敵な笑顔です。

     ひとりひとりの個性が認められ、だれもが「ぼくはぼくのままでいい」と思えることができる、それがいちばんのしあわせなのではないでしょうか。
     やわらかな色彩がこころに沁みます。

    掲載日:2002/09/30

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット