アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ゆうたのーとさんの公開ページ

ゆうたのーとさんのプロフィール

絵本紹介サイト

ゆうたのーとさんの声

44件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 奇想天外、摩訶不思議な魅力  掲載日:2002/10/2
ちへいせんのみえるところ
ちへいせんのみえるところ 作・絵: 長 新太
出版社: ビリケン出版
『ちへいせんのみえるところ』からでてくるものは…奇想天外、摩訶不思議。ことばは「でました。」これだけ。それが楽しいのか、息子(1歳7か月)はこの絵本を読むといつもけらけらと笑っています。
 そう、ページをめくるごとになんだか楽しくなってくる絵本なのです。途中の「間」がまた絶妙!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 読むのもいいけど作るのが楽しい  掲載日:2002/10/2
しろくまちゃんのほっとけーき
しろくまちゃんのほっとけーき 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
 この絵本を見ながら何回ホットケーキを作ったことでしょう。(昨日も作りました)数えきれないほどです。我が家はホットケーキミックスを常備するようになりました。読むのではなく、見ながら作る、まるでレシピ本です。

 初めて作ったのは息子が一歳を過ぎた頃。電気コンロをテーブルの上に置いてよく見えるようにしました。
実際に焼けていく様子と絵本を交互に指差して「あっ!あっ!」
絵本の中と現実の出来事が一緒になる、感動の一瞬です。

 成長していくにしたがって「ふらいぱんと ぼーると おおきな おさらを そろえました」の通り、準備からはじめています。もちろんこの絵本も本棚から持ってきます。
 たまごはしろくまちゃんは落としてしまうけれど、息子は「そーっと抱っこしてるよ」と両手にいだきます。
お気に入りは「だれか ぼーるを おさえてて」これは、ゼリーを作ったりするときにも言っています。

 ちょうど真ん中のページ、ホットケーキが出来ていく様子は「今、ここだね」と確認しながら。
 焼けていく変化っておもしろい。料理するのが日常茶飯事な母としてはいつも見ていることなんですが、新たな発見をした気分になります。そう感じたとき、嬉しさがこみあげます。これが子どもがいて、絵本を楽しむ毎日の醍醐味なんですね。

 この本が誕生して30年になるそうです。これからもたくさんの子どもたちが目を輝かせてホットケーキができるのを楽しむことでしょうね。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい ゆるやかにやさしく流れる おやすみ前の時  掲載日:2002/10/1
おやすみなさい おつきさま
おやすみなさい おつきさま 作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: クレメント・ハード
訳: せた ていじ

出版社: 評論社
 子うさぎがベッドにいます。寝る時間です。部屋の中にあるものたちにおやすみ、と語りかけます。きまっておやすみ前にする、儀式のようなものかもしれません。
 
 ページをめくるごとに、カメラの位置が切り替わるように場面が変わっていきます。ひとつひとつのものにスポットライトがあたります。
 おつきさまが動き、時計の針が進み、子ねこや子ねずみのいる場所、子うさぎのたたずまいも変わっています。微妙な移り変わりを見つけるのも楽しいものです。
 
 子うさぎとともに、やさしいおだやかな眠りに誘われます。この本を息子に読むとき、おやすみ前のひとときがより愛しいものになります。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 身近な花を観察する目  掲載日:2002/10/1
たんぽぽ
たんぽぽ 作・絵: 甲斐 信枝
出版社: 金の星社
 子どもが生まれてゆっくりとお散歩したり、ひなたぽっこをしたりしているとよく目にとまるのが道端に咲いているたんぽぽ。そういえばわたし自身が子どもだった頃、花を摘みとったり、綿毛を吹いて飛ばすのが大好きだったっけ。
 
 平山和子さんの絵は緻密で美しく、たんぽぽの息吹までもが伝わってくるようです。
 春に花の咲く様子、冬の葉の様子、雨の日や曇りの日の花の状態など、その視点はただ見るのではなく観察する目を養ってくれるでしょう。4ページにわたる長い根の様子には、息子も「あぁーっ」と感嘆の声をあげています。
 どこでも見かけるたんぽぽのその強さの秘密がわかります。

 綿毛を飛ばすのは息子にもお気に入りの遊びになりました。
本物だけではなく絵本を抱えて口に持っていき、ふぅーっと吹いたり、手を口に持っていきふぅーっと吹いたあと天をみつめて「あぁーっ」と指を差したりして空想のなかでも楽しんでいます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う これはびっくり、ヒガンバナ  掲載日:2002/10/1
ヒガンバナのひみつ
ヒガンバナのひみつ 作・絵: かこ さとし
出版社: 小峰書店
 秋の彼岸の頃、にょきにょきっと出てきてぱっと花開くヒガンバナ。不思議な花だなぁ、でもちょっと近寄りがたいなぁ、なんて思っていたのですが、この本を見てびっくり。
 まずは呼び名の多さ。一般的な「マンジュウシャゲ」から「イットキバナ」「カミナリサンバナ」「ハッカケバーサン」「ソウシキバナ」「カブレバナ」など、笑っちゃうものも、なるほど納得と思えるものも。
 
 楽しいひみつ、こわいひみつ、すごいひみつと順に説明されていて、読んでいくうちに「はぁーほぉーなるほどー」と驚き感心するばかりです。

 名前が多いほどさまざまな顔を持つヒガンバナ、これからは見る目も変わりそう。また来年の再会が楽しみになりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いちごの甘いささやき ますます美味しく  掲載日:2002/10/1
いちご
いちご 作・絵: 平山 和子
出版社: 福音館書店
 なんてみずみずしく、おいしそうないちごでしょう。甘い香りがただよってくるようです。
 冬から春にかけていちごが育っていく様子を、いちごとの対話で描いているのがユニーク。
 
「はい、おまちどおさま。さあ どうぞ」といちごにささやかれると、思わず手が伸びてしまいます。
息子もわたしも、指でつまんでぱくぱく。想像上で食べるいちごは、いままで食べたものよりもず〜っと甘くておいしいみたい。息子は何度も「いただきます」と頭をさげます。
 
 いちごというくだものがより身近に、より親しみやすく、そしてよりおいしくなる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい きみは きみのままで いいんだよ  掲載日:2002/9/30
ぼく、どこにでもいるカバです
ぼく、どこにでもいるカバです 作・絵: みやざき ひろかず
出版社: BL出版
 どこにでもいるカバくんが、ほんのすこしみんなとちがっているのは、うれしいときの顔。まわりのひと(カバ)たちにちょっとした誤解を招くんです。よわったカバくんはよろこばないことに決めましたが…。
 大好きな先生のひとことがきっかけで、カバくんは大切なことに気がつきます。最後はとびきり素敵な笑顔です。

 ひとりひとりの個性が認められ、だれもが「ぼくはぼくのままでいい」と思えることができる、それがいちばんのしあわせなのではないでしょうか。
 やわらかな色彩がこころに沁みます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい それも個性、それでいいんじゃない  掲載日:2002/9/30
ワニくんのおおきなあし
ワニくんのおおきなあし 作・絵: みやざき ひろかず
出版社: BL出版
 どういうわけかみんなよりずっと大きいワニくんのあし。いろいろと困ったことが起こります。なんとか小さくしようと、ワニくんはあれこれ試みますがどうもうまくいかない。
 うんうん、その気持ちよくわかるなぁ… 
からだの気に入らないところ、こうなったらいいなぁと思っていろいろやってみる。だけど、たいてい効果なし。無駄な努力に終わるんです。同じような経験は誰にもあるのではないでしょうか。
 そんなコンプレックスのもとですが、ちょっと違う角度から見てみると、けっこういいこともある。ワニくんもそのことに気づきました。
 
みやざきひろかずさんの作品は「そのままのあなたでいいんだよ」というメッセージが全体を通して感じられます。やわらかな色彩、ほのぼのとした絵とともに、こころが温まります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもしろい!役者も舞台も最高!  掲載日:2002/9/30
ねぎぼうずのあさたろう その1 とうげのまちぶせ
ねぎぼうずのあさたろう その1 とうげのまちぶせ 作・絵: 飯野 和好
出版社: 福音館書店
 おもしろいんだ、これ!声に出して笑ってしまいました。
 だってねぎぼうずだよ、主人公のあさたろう。このりりしいお顔。その姿。「しいのみのおようちゃん」に「やつがしらのごんべい」、「こいものちょうきち」。いいね、いいね、役者が揃ってるね。
 
時代劇って、大好きってわけじゃないけど子どもの頃いつも見ていた気がします。その記憶なのか、はたまたDNAなのか。全く違和感なく楽しめる、どころか、なぜかぴたりとはまるんですね、こころのひだに。
 
一場面、一場面がとてもいい!特にあさたろうがちゃみせに座っているのを空中から捉えた場面。あさたろうの後ろ頭(!)に飛脚の走る姿。好きだなぁ、こういうの。それからあさたろうからゆうきのねぎじる(!)がわいてきた、顔半分の大写し。最高です。
 飯野和好さんの絵もさることながら、書き文字がいい味出しています。あさたろうには、ぜひともしばらく旅を続けてもらいたいなぁ。活躍が楽しみ!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 切り口がおもしろい!  掲載日:2002/9/30
やさいのおなか
やさいのおなか 作・絵: きうち かつ
出版社: 福音館書店
 野菜の断面図が影絵になってます。「これなあに」そう聞かれるのが大好きな息子は答えますが、まだうまくことばにならない。「ごにょごにょ」としか聞こえません。ページをめくると断面図に色がついた絵と、全体の姿。「あははぁ」とうれしそうです。
 
いつも見ているはずの身近な野菜の断面図、ですが、こうしてじっくり見てみるとなかなか興味深い。個性的です。不思議です。
 野菜の断面図を「おなか」と表現する、その切り口がまさにおもしろい!(息子はいつも自分のおなかをさわりながら見ています。)
お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、近所のおじちゃん、おばちゃんにも「これ なあに」と聞いてみると楽しそう。けっこう苦戦するかもしれませんね。
参考になりました。 0人

44件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

未確認生物の正体は!?ねこに再び安住の時は訪れるのか

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット