ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
彩吉さん 30代・せんせい

憎めない存在のほげちゃん!
家にやって来た子犬にヤキモチを焼いたり…

ちょっとそこまでぱんかいに」 みんなの声

ちょっとそこまでぱんかいに 作:山下 明生
絵:エム・ナマエ
出版社:サンリード
本体価格:\1,200+税
発行日:1981年
ISBN:9784914985189
評価スコア 4.32
評価ランキング 12,917
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • みごとなうらぎり

    タイトルと、自転車の補助輪が外れたばかりのわたくんが主人公とあっては、ハラハラドキドキを期待していたら、この絵本の発想は何だというのでしょう。
    見ている嫁さんも息子も口をあんぐり状態。
    幼年期を遠く過ぎた子どもには、ついていけなかったようです。
    補助輪を外してもらったわたくんはうれしくてたまりません。
    この絵本は、そんなわたくんの夢物語でしょうか。
    わたくんにしては大冒険です。
    坂道を駈け下り、踏切を越え、国道を渡り、道行く車と競走し…。
    ここから先は空想世界ですが、自転車に乗り始めた子どもがしてはいけないことばかり。
    おかあさんから「ここから外に出ちゃダメよ」「スピード出しちゃダメよ」などと注意されることばかりが展開されているのです。
    わたくんはそんなおかあさんにパンを買ってきてあげたかったのですね。
    楽しい絵本でした。

    掲載日:2011/03/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 地図が楽しい♪

    Googleの町地図を見ているみたい。
    補助輪のとれた男の子がパンを買いに走る、その様子を地図の上から見ているような感じがとても楽しい絵本です。

    地図の中から“わたくん”を見つけて、わたくんが走った道筋を指でたどり、確認しながら読むのを3歳の息子がとても気に入っています。

    おつかいを頼まれた“わたくん”の嬉しさを表すように、自転車は海の上、入道雲、お日様までも突っ走る!
    冒険心をくすぐる爽快な絵本でした。

    3歳頃〜小学生にオススメします。

    掲載日:2011/02/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大冒険をしている気分なのが……

     補助輪がとれて、自転車に乗るのも楽しい時期のわたくん。
     おかあさんから頼まれたお遣いも勇ましく、自転車をこぎます。
     二輪車で走れる嬉しさ、大冒険をしている気分なのが良く伝わってきます。
     どこのぱんやさんまで行ってきたか尋ねるお母さんに、「……。でも、いっぱい きを つけたよ」って、言葉が可愛らしかった。

     うちも、初めてのお遣いは、自転車でスーパーに行ってもらいました。
     涼しい顔して、「いってらっしゃ〜い」と言った後、こっそり車で先回りして、隠れて見ていたら親切なおばあさんに手助けしてもらってネギを二つ折りにしてもらい、かごに乗せていました。
     横断歩道を無事渡りきったところを確認してから、先回りして家に戻り、「おかえり〜」。
     彼は、「親切な人がいるもんだ。助かったんだ。エライっていわれたよ。」そして、「お遣いはたいへんだけど、おもしろい。また、ぼくにたのんでよ。」って、結構充実した顔をしていましたっけ。

    掲載日:2010/06/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「おねがい」できないかも・・・

    • いーめいさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子8歳、男の子5歳

    ちょっと待って!と何度も地図のページに戻って確認するので
    話が進まない!さらに読み終わるともう一回読んで!と。
    気に入ったんですね・・・本人はまだ補助輪付きですが、
    はやくわたくんのようにおつかいに行きたいみたい。

    しっかりヘルメットをかぶっていっぱい気をつけて行くわたくん。
    とってもお兄さんです。
    息子が「ちょっとそこまで」とおつかいに行くようになるには何年
    かかるのか・・・?
    海の上をいくところがすごい!
    おひさまは見えるところにあるから「ちょっとそこまで」で行けそうだけど・・・息子よ、「いきた〜い!」と言われても・・・ちょっとおつかい頼めないわ・・・

    掲載日:2009/08/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 以降の作品を見てみたい

    乗り物好きな息子のために借りてきました。

    あまり期待していなかったのですが、イラストの不思議な魅力に引き込まれました。
    写実的ではないのですが、すごく街の様子が生き生きとしていて・・・。
    なんとも言えない雰囲気です。

    紹介文によると、イラストを描かれたエム・ナマエさんは失明されているのですが、これは失明以前の作品とのこと。
    失明後、どのようなイラストを描くようになられたのか、作品を拝見してみたいと思いました。

    掲載日:2016/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • どこまでいくの?

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    ことあるごとに「ちょっとそこまでぱんかいに」と答えるわたくんですが…。
    すごいコースを走っていますよ!
    最初はがんばるなーと思って読んでいたのですが、わたくんが進んで行く度に「え?大丈夫かな?」と心配したり、びっくりしたりしました。
    うみやそらまで行ったのは現実のこと?わたくんの空想?

    掲載日:2014/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズミカルで読みやすい

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    7歳と5歳の子供達に読みました。
    「おや わたくん、どこ いくの?」、「ちょっと そこまで」、「なにしに?」、「ぱん かいに」という会話のやり取りが随所に見られ、テンポ良く話が進んでいきます。
    同じ会話の繰り返しのおかげで、子供達も安心して話を楽しんでいるようです。
    現実の世界から夢の世界に、ぐーっと引っ張ってくれる楽しい絵本です。

    掲載日:2014/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自転車で大冒険

    補助輪が外れたばかりの、わたくん。
    自転車でおつかいに行くなんて、嬉しくてたまらないことでしょうね。
    おつかいは、タイトルどうり「ちょっとそこまで パンかいに」なのですが、ちょっとどころではない大冒険でしたよ。
    乗り物好きな男の子が、喜びそうなお話だと思います。

    掲載日:2012/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1歳男児のお気に入りです。

    1歳半の息子の最近のお気に入りがこの本です。

    ストーリーよりも、絵が好きみたいです。地図の中に描かれている小さな車を見つけて、「ブーブー!」と嬉しそうです。

    でも、一番お気に入りのページは車の出て来ないページで、雲の中をわたくんが自転車にのっているページだったりするんですよね。このページにくると、じーっと見て、ページをめくるとまたこのページに戻すのです。

    文字や物語のまだわからない年頃の息子は、私よりもきっと深く、絵の世界を心から感じて楽しんでいるんだろうな〜と思いました。物語を読めるようになってから、また本人に感想を聞きたいと思います。

    掲載日:2012/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な本です。

    ちょっとそこまで・・・と言っていたのに、なんだか不思議なことになっちゃう絵本です。
    絵は現実の街並みのままだからメルヘン色が感じられず、余計に不思議な感じです。

    息子は、ふーん、という感じで、すんなり受け入れていました。
    子供には普通に夢想している範囲内なのかも。
    が、そこまで強く惹かれるってほどでもなかったようです。

    大人は「小さい時、こういうこと考えてたなぁ」と懐かしく感じさせてもらえました。

    掲載日:2011/12/25

    参考になりました
    感謝
    0

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.32)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット