ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

かこ・さとし かかぐの本 (1) ぼくのいまいるところ」 みんなの声

かこ・さとし かかぐの本 (1) ぼくのいまいるところ 作:かこ さとし
絵:太田大輔
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:1988年08月
ISBN:9784494009510
評価スコア 4.75
評価ランキング 732
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 瞳がよかった!素敵でした。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    この絵本を手にした方はもちろんご存じでしょうが、これは「かこさとしかがくの本」というシリーズの1冊です。
    かこさんの絵本は子どもの頃からいくつか読んだことがありますが、もしかしたら、今までで一番印象的な本かもしれません。

    イラストは太田大輔さんという方が描いています。
    瞳がすごかったです。
    「宇宙」を語る本や絵本は結構あり、似たような切り口のものをいくつか読んだことがありますが、この「瞳」は素敵でした。
    「あなたの いま いるところは どこですか?」
    「ぼくや きみや あなたの いま いるところを しっていますか?」
    ここの語りかけのとこ、いいです!
    そして、だんだん読み手の目線を広げていって、また、主人公「ぼく」の瞳で終わるんです。
    目線の広がり方に無理がなくって、ストーンと気持ちよく読めました。
    読んで理解するってことを考えると、小学校の2年生以上かなぁ、と思います。
    そのうち2年生か3年生のお教室で、読み語ってみたいです。

    掲載日:2009/12/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「自分のおうちってどこにあるの?」

    娘は3歳の時から読んでいます。まだ、内容が理解できている感じではないのですが、ママがおうちの庭で洗濯物を干している絵があるのですが、そのページを指さして、自分のお家だね!とお話しています。

    カラフルな絵でもないのに、娘はお気に入りで、一時期毎日寝る前に読んでいました。この本は、私が子供の時に読んでいた本で、たまたま家にあったのですが、自分の身近な場所から、宇宙空間まで、スケールの大きい本です。内容もこの手の本の中では、簡単に書いてあるので、特に男の子にはお勧めです。

    掲載日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 広い広い宇宙にある星のひとつにすぎない。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    3歳の娘と読みました。

    娘は宇宙関係の話が大好き。
    私はかこさとしさんの絵本が大好き。

    この大好き二つがマッチした絵本を図書館で見つけ、
    迷わず借りて来た一冊です。

    「ぼく」がいまいる庭から始まって、
    おうち、町、東京、日本、地球、太陽系、銀河系、宇宙 と
    どんどん大きくなっていきます。

    そして、宇宙からまたおうちに戻ってきた「ぼく」。

    自分のいるところが、本当に広い広い広い宇宙の、
    地球でさえたったちっぽけな星のひとつにすぎないということが
    とてもよく実感できる絵本です。

    そして、この地球に生命が生み出され、
    私たち人間が生活できている奇跡を感じずにはいられない一冊。

    娘と読めてとてもよかったです。

    掲載日:2015/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひろがりが感じられる

    「あなたの いま いる ところは どこですか?」
    と読んだら、間髪いれず娘が「おふとんの上ー!!」と
    うれしそうに答えました(笑)。
    まあ、そうだよね。そこから始まっていくんだよね。
    自分がいるところがわからなければどんどんひろがって
    いってもわからないものね。
    ぼくのうちからはじまって、 まちになって おおきなまちに
    なって・・。
    どんどんひろがっていって、また自分のところに戻ってくる
    感じが、とても自由でいいなあと思いました。
    視点が宇宙に出ていっても、娘は特に興奮しなかったのですが
    こういうのを読んで「大きくなったら宇宙飛行士になりたい」って
    思う子もいるのだろうなあ。

    掲載日:2013/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ためになる絵本

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    自分が具体的にどこにいるのかということを
    疑問として投げかけてくれます
    結構大切なことなのに
    意図的に意識させなければ
    外の世界の広さや壮大さに目を向けることなく
    生活してしますように思います

    3歳になり闇雲に住所だけはいえるようになるものの(迷子対策ですが)
    その本当の意味を感じていなかった息子には
    いいきっかけになる絵本だったように思います

    掲載日:2010/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像してみて!

    自分のいるところ,存在を確認してもらいたくて6年生の読み聞かせの時に読みました。
    いまいるところがものすごくひろい,とおい,ふかい,はてのない大宇宙につながっているなんて素敵なことだな,と私も思いました。

    また,合わせて,「土星と木星のなぞ」という本も紹介して,土星が水に浮くんだよ,なんて話をしたら,驚いていました。

    掲載日:2009/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • いまいるところはどこですか?

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    ぼくがいまいるところはどこでしょう?
    ぼくがいまいるところは、ここです。
    ここって、どこでしょう?
    ここは、ぼくのにわです。

    と、自分がいるところを説明しているのですが、その範囲が、どんどん大きくなって、とても大きな世界の中の一部であることを教えてくれます。子どもたちが、気づいてくれるのか、とっても楽しみです。
    スケールの大きな、『ぼくが今いるところ』を改めて視点を変えて考えるきっかけになるのではないでしょうか。
    ひとりはちっぽけな存在だけど、そのちっぽけな存在が大きな働きをすることを、忘れてはいけませんね。

    掲載日:2009/06/15

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット