しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ちいとんちゃんさんの公開ページ

ちいとんちゃんさんのプロフィール

ママ・40代・新潟県、女5歳

ちいとんちゃんさんの声

46件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい おもしろい!  掲載日:2010/1/28
おもちのきもち
おもちのきもち 作: かがくい ひろし
出版社: 講談社
1年生と3年生の読み聞かせの時間に読みました。
3年生には大うけだったのですが,1年生は「おもちのきもち」になりきれなず,ペッタンペッタンとおもちをつく,人間の気持ちになってしまったようです。でも,たぶん,もう1度読んだら,大うけでしょう。
「おもちのきもち」なんて考えたことがなかったので,とても面白い本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい さあ、どうなるかな。  掲載日:2010/1/28
おもち一つでだんまりくらべ
おもち一つでだんまりくらべ 作: 大川 悦生
絵: 二俣 英五郎

出版社: ポプラ社
おじいさんとおばあさんがお隣からもらった7つのおもちを1つずつ食べて,残った1つをさあ,どうするか・・・
両方が譲らないところから面白いし,「だんまりくらべ」も楽しいです。
今の時代ならジャンケンなんでしょうけれど,だんまりくらべだからこそ,意外なことが起こるので,昔話ののんびりした展開が心地よいです。
5歳の娘がこの話が気に入ったので,最近はこの話を寝る前に読むのではなくて 「語り」 でしています。 適当ですが・・・
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ゆったり気分になれます。  掲載日:2010/1/28
ルラルさんのえほん(1) ルラルさんのにわ
ルラルさんのえほん(1) ルラルさんのにわ 作: いとう ひろし
出版社: ポプラ社
4年生の読み聞かせの時間に読みました。
特に,男の子達が賑やかに聞いてくれました。
ルラルさん自慢の庭が最初は自分だけの庭だったのが,
最後にはたくさんの動物達の集まる憩いの庭になり,
また,その表情がのほほんとしてとても良い感じです。
ゆったりとした気分になれます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 想像してみて!  掲載日:2009/7/6
かこ・さとし かかぐの本 (1) ぼくのいまいるところ
かこ・さとし かかぐの本 (1) ぼくのいまいるところ 作: かこ さとし
絵: 太田大輔

出版社: 童心社
自分のいるところ,存在を確認してもらいたくて6年生の読み聞かせの時に読みました。
いまいるところがものすごくひろい,とおい,ふかい,はてのない大宇宙につながっているなんて素敵なことだな,と私も思いました。

また,合わせて,「土星と木星のなぞ」という本も紹介して,土星が水に浮くんだよ,なんて話をしたら,驚いていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 威張っているところがかわいい。  掲載日:2009/7/3
ゆうたとさんぽする
ゆうたとさんぽする 作・絵: きたやまようこ
出版社: あかね書房
古本屋さんで娘が選んで買いました。
自分でも読めるし,いぬが威張っているのが面白いようです。
また,「おれ」「おまえ」という普段使わない言葉遣いが新鮮みたいです。
いぬのじんぺいが威張っていても,ゆうたくんはじんぺいのそこが好きで,2人が仲良しなのが,ホッと癒されます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う とってもおいしそう。  掲載日:2009/7/1
サンドイッチ サンドイッチ
サンドイッチ サンドイッチ 作: 小西 英子
出版社: 福音館書店
娘はサンドイッチを食べた事はあるけれど,作った事は無かったので,
この本を読みながら,作る気分も味わえて,おいしい気分も味わえて・・・
楽しそうです。
フェルトでパンやレタス,トマト,タマゴなどを作って,遊んでいます。
幼稚園の読み聞かせでも読みましたが,トマト嫌い,タマゴ大好き! などと言いながら,とても盛り上がりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う さあ、どうなるかな。  掲載日:2009/7/1
まてまてー!
まてまてー! 作・絵: 宮西 達也
出版社: 金の星社
小学校の読み聞かせで読みました。
次から次にえさを狙って何がやってくるか,じっと見ていました。
最後のオチがわかるかな,と思いましたが,楽しかったようです。
裏表紙にも子供たちは注目していました。
この後,お話がどうなるか,想像しているようでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 愉快です。  掲載日:2009/7/1
おとなしいめんどり
おとなしいめんどり 作・絵: ポール・ガルドン
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 童話館出版
読み聞かせの時に友人が読んでいて,とても気に入ったので,図書館で借りて娘に読みました。
登場するめんどり,いぬ,ねこ,ねずみの表情がとても良くてお話の雰囲気にピッタリです。
お話の内容も繰り返しでリズムが良く,楽しいです。
そして,最後のどんでん返しが愉快です。
娘は自分の姿とは重ねていないようで,のん気にうらめしそうないぬ達を笑っていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う よーく見ると・・・  掲載日:2009/4/4
あしあと
あしあと 作・絵: まつおか たつひで
出版社: ポプラ社
これはだれのあしあと? と,どんどん続いていきます。
大人の私も知らない足跡がありました。
よく見ると,2本足で歩くのか,飛び跳ねる動物かなど想像できて楽しいです。
子どもは続いた先が,また最初に戻ってつながっているのが面白いようです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ねむくなります・・・  掲載日:2009/3/12
ねんころりん
ねんころりん 作・絵: ジョン・バーニンガム
訳: 谷川 俊太郎

出版社: ほるぷ出版
ねこのかあさんが寝床を探したり,
あかちゃんがボートの上でねむいよと言ったり,
なんだか,さみしい気分で始まります。
けれど,言葉のリズムのせいか,読みながらとてもねむくなってきます。
読み方も自然にゆったりとするし,不思議な感じです。
ふとんの中でほかほかしながら読むのにぴったりです。
参考になりました。 0人

46件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

トビラの先に広がる奇妙な世界『ヒミツのトビラ』長田真作さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット