たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

り・り・り・り・り」 みんなの声

り・り・り・り・り 作・絵:五味 太郎
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1995年
ISBN:9784032047806
評価スコア 3.79
評価ランキング 29,371
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 抑揚がぁ…

    題名が面白そうで、借りて読んでみました。
    なにが「りりりりり」なのかなと気になって、ずーっと気になって、、、、っていう絵本でした。

    「これか!」とおもいきや、「ん?」べつのかな?みたいな感じで。

    とにかく文字が「り」しか出てこないので、抑揚の付け方がむつかしかったです。読む前に予習が必要かも(笑)

    今度読み聞かせの先生に読んでもらいたいなって思いました。

    掲載日:2013/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと難しいなー

    11ヶ月の娘に読んでやりました。このシリーズがおもしろいと思ったのですが、同じ1文字の音の本でも、この本はちょっと難しかったみたい。逆に集中が途切れてしまい、私も本に入ることができませんでした。結局、なんの音だったの?と散々巻き舌でがんがん読みまくったのに、ちょっと残念。まだ11か月には難しい本でした。

    掲載日:2012/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 解りにくいかな

    音の絵本シリーズが好きなので、こちらも手にしたのですが、うーん・・・これは、難しかったかな・・・

    他の作品に比べて、ストーリーや音の響きの面白さが伝わりにくかったです。
    子供達の反応も、いまひとつでした。

    掲載日:2011/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • はじめに これは 音のえほんです。 文字の絵本です そして お話が 見えてくる絵本です

    五味さんが 自分の仕事を終えて 眠りにつくまでの  音を聴いた 絵本なんですね

    り・り・り・り  テオぶるの上には ノートと鉛筆 コーヒー五味さんの仕事場?  そして 外へ り・り・り・り の音だけ
    でも 様子はなんだか 分かる光景なんです
    夜の町に出て町まで行ったのですね  高いビルが立ち並んでいる
    り・り・り この表現は 抽象的ですが いろんな音が隠れていると思いました
    飛行場や 私の知らない 工場の音 古い鉄くずの山 何だか哀愁の漂う光景です 
    夜の公園も 昼間は子供の声がにぎやかでしょうにブランコも 淋しそう(眠っているのかも・・・)
    やっと ベットに入った 五味さん お休みなさい
    お仕事ご苦労様!  すやすや 眠ってくださいね

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 難しい・・・

    • ヤキングさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子2歳

    2歳の娘がこのシリーズのとりこなので、借りてみました。
    この本は他の本に比べて遥かにむずかしかったです。

    おなじみ、本文は「り」しかありません。
    しかしながらこの「り」が何をあらわしているのか、最後までわからず、読むほうも表現方法に苦労しました。
    虫の鳴き声でしょうか、目覚まし時計の音でしょうか。
    娘はそんな私の苦労も知らず、「りりりりり!」とご機嫌でしたが。

    掲載日:2011/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 耳を澄ます

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    「り」の音だけの作品です。
    五味太郎さんの音と文字の絵本シリーズの中では、なぜか「・」がついているという曲者。
    しかも、その音の正体ははっきりと描かれていないのです。
    り・り・り・り・り
    読み手はその時の感性で読むしかありませんね。
    そして、その音を頼りに、さあ、耳を澄ませてみましょう。
    目に入るのはいずれも夜の光景。
    虫の声?電話の音?機械音?金属音?時計の音?
    目と耳と、頭の中のイメージがフル回転です。
    四次元の世界に迷い込んだような気がしました。
    音を楽しむなら赤ちゃんからでも素朴に遊べると思います。
    でも、案外、大人の方が、自ら持ち合わせた記憶を総動員して、
    不思議な世界を体感できそうな気がしました。

    掲載日:2010/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと難しかった

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    五味さんの「ぽぽぽぽぽ」を以前読んで、不思議なくらいケラケラ笑ってくれたので、今回も期待していたのですが、「ぽぽぽぽぽ」より難しかったです。読み手も。子供も成長するとともに絵本に“意味”を求め始めるので、“よく分からない”という結論に達したのでしょうね。赤ちゃん〜1歳くらいの子のほうが無条件に楽しめるかもしれません。

    掲載日:2010/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音の絵本

    五味太郎の絵が綺麗で楽しめますが、読むのが難しかったです。

    「り・り・り・り・り」どう読んだらいいのか、終わりになって

    時計の音だったのかな?って思ったり、そうすると夜寝る前の周りの

    音だったりするのかなあ?・・・・

    気分で好きに読めばいいなあつて思いました。

    あかちゃんにお薦めの絵本、孫もじぃーと絵を見てました。

    想像が膨らむ絵本です。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 五味さん

    五味太郎さんの作品だったのでこの絵本を選びました。青色と白色のコントラストがとても美しい絵本でした。同じ音が繰り返し登場するも、場面によって音が全く違う表情になるのはさすが五味さんの作品だなと感服しました。時間の流れをとても上手に表現しているなと思いました。続編を読みたくなる絵本です。

    掲載日:2010/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何の音?

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    り・り・り・り・り・・・・
    何の音だろう??

    この絵本では「り・り・り・り・・・」だけ。
    何の音???
    1ページ1ページ開いていくけど音の正体を断定する事ができず、モヤモヤが残りました^^;

    息子も最初は「電話!!」って言っていたけど、読み進めていくにつれ「これ何の音〜??」「りばっかりでわかんなーい!」と言い出す始末。
    何?と聞かれても、私も胸を張って答える事ができなかった・・・。

    何の音だろう〜?
    きっと答えは、人それぞれなのかも!?

    掲載日:2008/11/01

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / てぶくろ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(3.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット