モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…

赤いポストとはいしゃさん」 みんなの声

赤いポストとはいしゃさん 作:薫 くみこ
絵:黒井 健
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2009年03月
ISBN:9784591105160
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,533
みんなの声 総数 12
「赤いポストとはいしゃさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • とても素敵なお話です。

    あたたかい気持ちになれるストーリーだと思います。
    大人向きなのか 小さいお子さんでもわかるのか、
    読み手によって受け止めるところは
    いろいろであるような気がします。
    独身?と思われる優しい歯医者さんの男性は、
    故郷のお母さんに手紙がなかなか書けなかったけれど
    女の子や動物たちとの出会いで
    手紙を書くきっかけをつかんでいく。
    そして昔のデザインのポスト、
    そこから幼少期や亡くなったお父さんとの思い出を
    よみがえらせる。
    動物たちと 優しい歯医者さんに
    赤いポストや手紙を待つ故郷のお母さん、
    遠い昔のことが絡み
    絵本でありながらドラマを見るような気がしました。

    掲載日:2016/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ポストの贈り物

    ちょっとつかみどころのない物語ですが、ポストが届けてくれたお父さんと少年時代の歯医者さんの秋の風景は最高です。
    働き者で誰にでも親切な歯医者さんは、忙しいあまりにお母さんに連絡をするのを怠りがち。
    それを思い出させてくれた女の子、応援してくれる動物たち。
    そしてポスト。
    ほっこりしたぬくもりが、絵本に届けられました。

    掲載日:2015/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な歯医者さんだなぁ〜

    ポストと歯医者さん?
    どういう関係なのかしら?
    表紙のりすのこどもは
    どうして泣いているかわかります?
    てっきり虫歯かな?って想像したら
    違うんですよ
    読んでみてください、びっくりするから

    歯医者さんが苦手なのは
    子どもだけではありません
    でも、こんなやさしいお医者さんだったら
    いいですよね

    人間だけでなく
    山の動物たちも治療に来るんですよ
    その症状もなんか笑っちゃう

    で、ポストとの関わりというのは・・・

    ほっこりするし
    しんみりするし
    最後は、「あ〜、よかった!!」
    と、ホッとします

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもにも大人にも◎

    • アカタイコさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子7歳、男の子5歳

    優しい絵に惹かれて手にとりました。
    ポストと歯医者さん…。共通点がないこの2つの登場人物が、どのような物語を作っているのか、とっても気になりました。

    始めは患者の女の子とのやり取りから始まって、段々と歯医者さん自身の生い立ちにも触れていく内容です。

    主人公の歯医者さんは若い青年の設定で、独身のよう。
    離れて暮らす、母親。
    もう亡くなってしまった父親。

    母親からの手紙には、息子のことだけでなく森の動物たちを気遣うことが書かれていたり、終盤では、亡くなった父親と一緒に歌った童謡を思い出したり…。
    「こんなことある、ある!」と思うような内容が描かれていて、両親と離れて暮らしている人にとっては、本当に心があったまるお話になっています。

    登場する赤いポストも世代交代。子どもはいずれ大人になる。
    そんなところに、ちょっとした共通点を見つけました。
    本当にあったお話なのかなぁ…とさえ感じさせてくれる絵本です。

    5歳の息子の感想
    「なんだかちょっと悲しいお話だね」でした。

    掲載日:2013/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい手紙

    とても優しいお話でした。
    山のふもとの歯医者さんには、不思議な患者さんがやってきます。
    森の動物たちです。
    そして、動物の書く手紙の、なんてかわいらしいこと。
    こんな手紙をもらったら、お母さんだって嬉しいでしょうし、安心すると思いました。

    掲載日:2013/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 伝わる優しい心

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子10歳、男の子8歳

    久し振りに内容がちゃんとある、おはなしらしい絵本でした。

    山のなかの心やさしく親切な歯医者さん。

    歯医者さんをしたう人たちや山の動物たちと穏やかに暮らしていると、幼い日に亡くしたお父さんの思い出が蘇ります。

    天国のお父さんに手紙を書いてポストに入れると、ある晩、ポストがやって来て・・・

    読み終わって、優しい気持ちはどんどん人から人へ伝わっていくんだな、と温かい気持ちになりました。

    そう、悪い心じゃなくて優しい心をどんどん広めていきたいですね。

    掲載日:2011/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハートフル☆

    「ハートフル」という言葉がピッタリな絵本だと思いました。

    親切で優しい歯医者さんと、歯医者さんをしたって訪れる動物達、息子である歯医者さんを気に掛けるお母さん。
    登場するすべての人・動物が“優しい”絵本でした。

    そして、奇跡が起きます☆
    読む人の心まで温めてくれる、それはそれは素敵な奇跡です。
    「ハートフル」です!

    黒井健さんの情景豊かな優しい絵が印象的でした。

    小学生以上にオススメします。

    掲載日:2011/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 黒井さん

    黒井さんの作品だったのでこの絵本を選びました。ふわふわした雪の質感の描き方がさすがだなと思いました。主人公が幸福な気持ちをしっかりと言葉に出して伝えているのが良いと思いました。一瞬場違いに思えてもある人にとってはとても大切なものもあるのだという事を学べる絵本でした。心が温かくなりました。

    掲載日:2010/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • せつないけれど、温かい

    町の人たちから、信頼されている腕の良い優しい歯医者さんは、故郷の母親から「手紙を書いて」と言われているのに、なかなか書けません。
    でも、リスの歯を治療したのをきっかけに毎日のように手紙をだすようになります。
    いつも手紙を投函しているポストによって素晴らしい奇跡がおこります。
    とても切ない物語ですが、最後はハッピーエンドで終わるので温かな
    気持ちにもなれます。
    優しいタッチの絵が内容にピッタリで、動物たちの表情も活き活きと
    描かれています。
    小さい子には難しいかもしれませんが、小さいうちは読み聞かせ、大きくなったら子供自身に読ませたい本です。

    掲載日:2009/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泣いちゃうから…、読まないでね。って

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子13歳、女の子9歳

    感想のタイトルは、下の娘がこの絵本を読み聞かせた後に言った言葉です。

    切ない物語でした。主人公の切なさが、9歳で読みとれたのでしょうか?あんまり感想を引き出そうとすると、かえって口をつぐんでしますので、本人には聞いていません。

    イラストの黒井健さんは、知る人ぞ知る。「ごんぎつね」や「手ぶくろを買いに」など、新見南吉の作品のイラストも担当されていて、そのふんわりとした穏やかなタッチは、そのままそれらの絵本のイメージになっているくらいです。(と、私は感じます)

    さて、このお話は、故郷の母に「手紙で近況を伝えてね」と、言われているにもかかわらず筆不精の、小さな町のみんなから信頼されている腕のいい、若い歯医者さん(説明が長くて、すみません)が主人公です。

    だから最初に登場した時、「ポスト」はそんなに目立つ存在ではありませんでした。
    ところがお話がだんだん進むにつれて、ポストと歯医者さんの距離が縮まっていきます。
    この関係性が無理なく進行していくので、前半と後半ではちょっと違うイメージを持つ絵本の内容にもかかわらず、1つの絵本として、とてもスッキリまとまってみえました。

    少々ページ数の多い絵本ですが、漢字にはふり仮名がふってあるし、とても読みやすい文体なので、出てくる漢字のレベルを考えると、小学校1年生くらいから1人読みできそうです。

    でも出来たら、このお話は目で読むのではなく、読んで聞かせてあげて欲しいです。目でイラストを堪能し、耳でうっとりその世界のイメージを広げてほしい物語です。

    掲載日:2009/04/24

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / 宮沢賢治の絵本 注文の多い料理店 / ノラネコぐんだん パンこうじょう

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット