モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

いちにちおもちゃ」 みんなの声

いちにちおもちゃ 作:ふくべ あきひろ
絵:かわしまななえ
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年07月
ISBN:9784569689692
評価スコア 4.74
評価ランキング 822
みんなの声 総数 57
「いちにちおもちゃ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

57件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • ぎゃははは!面白〜い☆
    ふと「おもちゃになってみたいな」と
    考える発想も新鮮だったし、
    実際におもちゃになっちゃって、
    しかも、ナルホドそうなるな〜☆
    って、納得の大爆笑☆

    大抵のおもちゃは、痛くて辛くて大変だって
    ことも分かったし。(笑・腹痛い・・・)
    この本を読んだら、おもちゃへの感謝の気持ちが
    芽生えてくるかも?!

    娘も、自ら手に「これ、読んで〜」と持ってくるほどの
    気に入りようでした。

    掲載日:2010/09/01

    参考になりました
    感謝
    5
  • うわぁ〜辛そう(苦笑)

    うわぁ辛そう〜。

    特に「けん玉」「コマ」「クレヨン」「でんでんだいこ」の時
    そう思いました。
    (思わず自分もおもちゃになった気分で)
    実に楽しそうに「いちにち○○」とにっこりしている
    男の子の顔がページをめくるとあの苦悶の表情に豹変。

    そのギャップと面白さに思わず借りて帰りました。
    娘のリアクションは、想像以上。
    ひーひー言って笑い転げていました。

    あのリアルな表情は本当に凄い!
    そしてこのおもちゃでこう来るか!とその発想の凄さに完敗です。

    娘と「このおもちゃはどこが大変かな」と他のおもちゃで考えても
    やっぱりあの坊ちゃん刈りの彼に表現して
    貰わないと面白くない。彼にまたどこかで会いたくなりました。

    掲載日:2010/03/25

    参考になりました
    感謝
    4
  • 笑いました

    おもちゃってたのしそうだな、
    よしおもちゃになってみよう!
    クレヨン、コマ、ぬりえ、けん玉などなど
    様々なおもちゃに変身、おもちゃの大変さが
    ユニークながらも身にしみて伝わってくる一冊です。

    初めて読んだ時家族で吹き出しました。
    クレヨンやけん玉、カスタネットなど力加減なしの
    様子もおかしいのですが、一番好きなのはぬりえのページ!
    顔は緑、ソフトクリームはやっぱり茶色、
    そしてズボンがアメリカの国旗…このセンス、秀逸過ぎます。

    日々、激しく扱われるおもちゃ達…
    これを読んで息子も少しはおもちゃの大変さに気付いて
    大切にしてくれるかしら?と思いつつ
    毎回笑いながら親子で楽しんでいます。

    掲載日:2012/05/22

    参考になりました
    感謝
    3
  • お片づけ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子15歳

    『いちにちぶんぼうぐ』の絵の中にさりげなく描かれていたこの作品。
    もしや!?と検索してみたら、やっぱり実在していました。
    楽しいおもちゃを見て、おもちゃになってみよう!と実行する主人公。
    くれよん、ぬりえ、ピーヒャラぶえなどなど、その運命が笑えます。
    一番の造形はカスタネットでしょうか。
    しばらくはカスタネットを見たら思い出すと思います。
    小学校のおはなし会で、『いちにちぶんぼうぐ』とセットで読みました。
    立ち見が出るほど盛況でした。
    風船バージョンは結末を想像して悲鳴をあげる子も。
    大丈夫、主人公は無事ですよ。
    ラストの言葉でわかるように、実はお片づけ奨励絵本(笑)。
    なるほど、こんな展開で語られたら、子どもたちも納得の説得力です。
    どちらの作品も、自身の子どもへの想いがベースとか。
    このリアリティが迫力の源かもしれませんね。

    掲載日:2011/05/28

    参考になりました
    感謝
    3
  • おもちゃって苦労してるんだ

    おもちゃそのものになって
    おもちゃの大変さを味わってしまう絵本です。

    息子は「けんだまはぜったいヤダ!!」と大笑い。
    娘は「カスタネット激しすぎ」とこれまた大ウケ。
    それだけでなくコマだって耐えられません・・・オエ〜っ!

    とてもとても楽しく、声を出して笑わせてくれる絵本でした。
    おもちゃの気持ちになれるかも?です。

    掲載日:2011/01/20

    参考になりました
    感謝
    3
  • シリーズの中では傑作

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    シリーズで出ているようですが、やはり初作のこれが一番面白いです。それぞれのおもちゃの特性を上手く表現していて、爆笑まちがいなしです。字も少なくて、絵も大きいので、うちでは3歳10ヶ月の娘だけでなくもうすぐ2歳になる下の息子も大のお気に入りです。特にけんだまになっちゃうところが、妙に興奮して大ウケしています。
    前後の裏表紙もしっかり楽しめるようになっているので、そこから読まされます。これでお片づけができるようになったかどうかはさておき、単純にえほんとしては面白いのでお勧めです。

    掲載日:2012/07/25

    参考になりました
    感謝
    2
  • モノを大切にする心

    • 1姫2太郎ママさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子17歳、男の子15歳、男の子 7歳

    いちにちぶんぼうぐを読んで面白かったのでこちらも読んでみました。期待したとおり、気兼ねなく笑えました。この絵本が初めての作品だったのですね。おもちゃをお片付けして欲しくてと巻末にありましたが、いえいえ、おもちゃを大切にする心がきっと育まれる大作だと思います。7歳の息子は一日、剣玉の絵が大のお気に入り。お恥ずかしいのですがこういうネタ(おしりに剣玉の尖った部分が刺さっている絵)は大はしゃぎで見ていました。私は一日、カスタネットの絵がすごく笑ってしまいました。激しく叩かれてカスタネットのゆ揺られ具合や激しい音がこの絵で全て分かりますから。表・裏双方の表紙にはきっと絵本の中身で描ききれなかったおもちゃ達もあり、それぞれにまた一日なってみると・・・と想像したりして楽しめました。何となく不穏な一日にもお勧めの1冊ですよ。

    掲載日:2011/03/16

    参考になりました
    感謝
    2
  • 表紙は地味でも…

    表紙は地味でも、開き始めたらサイコーです!

    1年生の朝読にも使ってみて、大好評でした!
    で、保護者の方から「何て本を読んだの?」
    と問い合わせもきて、買ってみようという声もありました。

    本にとっつきにくい子は、「楽しい本」て良いですよね。

    掲載日:2010/07/12

    参考になりました
    感謝
    2
  • 笑えます

    「いちにちおもちゃ」って題名だけでは笑えませんが、ページを捲る毎

    に笑える絵本です。

    コマ「ぐるぐるぐるー おえ おえ〜」

    最後のページ「いちにち ふうせん!

          ぐわー ぷう〜〜〜
         
              〜〜〜〜〜
            
               〜〜〜
            

    必要に応じて文字の太さが変えてあって、びっくりする顔の絵の風船も

    とても面白いです。

    ページ毎に爆笑します。

    掲載日:2010/02/16

    参考になりました
    感謝
    2
  • カスタネットで歯が、カッタカタカタカタ…

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    ウケましたね〜。
    最初に「おもちゃになろう」として、主人公の男の子がくれよんに変身した時、「うわぁっ、よくあるパターンかも!?」と思いながら読み進んだのですが、
    くれよんのトコは、この絵本の前座みたいなページでした。
    その後からはどれも意外性がよかったです。

    私が思わず笑っていたら、上の子がのぞきこんで、
    「あぁ、カスタネットのとこね。歯がいたそうだよね」と、笑っていました。
    (どうやら、また先に人のカバンからあさって、読んでいたようです)
    うん。どのおもちゃ体験も笑えましたが、やっぱり読み返すと「カスタネット」が一番おかしかったです。

    これも幼稚園くらいの子どもたちに読んであげたい作品の一つになりました。

    掲載日:2010/01/12

    参考になりました
    感謝
    2

57件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(57人)

絵本の評価(4.74)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット