にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!

おりょうりとうさん」 みんなの声

おりょうりとうさん 作・絵:さとう わきこ
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1976年
ISBN:9784577003152
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,440
みんなの声 総数 34
「おりょうりとうさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

34件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • さとうわきこさんだったなんて!

    鉛筆で濃淡をつけて描かれているような書き方がとても好きです。温かみを感じました。ばばばあちゃんの作者だったとはとても驚きました。あまりにも画風が違ったからです。お父さんがカレーライスを作る時わざわざ前掛けをするところはとても料理を作ろうとする意気込みを感じました。材料や道具が逃げ出すシーンは思わず笑ってしまいました。でも捕まえた後のお父さんの顔はとても満足そうで私も安心しました。この本の中で一番好きなシーンはお父さんの手が玉ねぎを刻んでいるシーンです。このお父さんはそれぞれの野菜をきっちりと別々の器に入れて準備しているところが私の心を虜にしました。みんながおいしそうに食べているシーンは私も嬉しくなりました。食べている時頬に手を当てるお母さん。そんなに美味しいカレーを私も食べてみたいです。普段仕事で忙しいお父さんが愛する家族の為に腕をふるって貴重な時間を使ってカレーを作るという行為そのものが私の心に響きました。おいしいものを食べている時本当に幸せな時間が流れているんだな。と家族でカレーを食べているシーンから感じました。

    掲載日:2007/09/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 私、作る人。僕も、作る人。

     「私、作る人。僕、食べる人」という食品メーカーのCMが男女差別になると放送中止になったことがありました。1975年頃のことです。
     さすがにそういうことを今だに言う人はいないのではないでしょうか。
     むしろ、「僕」という人称語で呼ばれる男性で料理をしないという人の方が減ってきたような気がします。
     煙草を吸わない、子育ての積極的に参加、そして料理がうまい。
     そのあたりが今のカッコいい男性像ではないかしら。

     実はこの絵本の奧付を読むと、初版が1976年とあります。
     まさに冒頭のCMが問題になっていた頃です。
     そのなかにあって、お父さんの料理する姿をユーモラスに描いた作品を描いたのですから、作者のさとう・わきこさんの先見の明には感心します。
     なにしろ、この絵本でも最初は料理を作ろうとするおとうさんを嫌がって、お鍋やフライパン、それにじゃがいもやたまねぎの食材も逃げ出してしまうくらいです。
     それらをつかまえるために、おとうさんの「とくいの とあみ」というのがいいですね。
     今の子どもたちは「投網(とあみ)」そのものを知らないかもしれませんが。

     出来上がったカレーライスを食べようとすると、お母さんも子どもたちも「まずそうと逃げ出そうとするのですから、失礼なものです。
     お父さんは今度も投網でつかまえます。
     食べて、みんなはあまりのおいしさにびっくりです。

     このお父さんは今のカッコいいお父さんの先駆けのような人です。
     今頃、どんなカッコいいおじいちゃんになっているでしょう。

    掲載日:2017/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • とてもおいしくできたカレーライス

    お料理をするお父さんは、今ではほぼ普通かなと思いますが
    このお父さんの周りの人やものは、慣れていなかったようですね。
    でもいうことを聞かない、お鍋や野菜を投網で確保してしまうなんて
    漁師のお父さんかと思いましたが、サラリーマンのようです。
    とてもおいしくできたカレーライスを、今度は家族が逃げ出したりして。
    最後には、反対にお父さんじゃなきゃいやだとみんなくっついてきてしまいました、あらら。

    掲載日:2017/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • お父さんの料理は信用がないようです。
    食材も料理道具も食器も逃げ出そうとするのは何故でしょう。
    出来上がったカレーを食べようとしたら、家族が逃げ出そうとするのは何故でしょう。
    お父さんが投網名人、お料理名人だった新たな発見。
    みんなが仕事についていこうとするラストが素敵でした。

    掲載日:2016/03/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • お料理上手なとうさん

    お父さんが料理しようとすると、野菜や道具たちが逃げだそうとする。
    料理をして家族に食べてもらおうと思ったら、なんだかまずそうと家族が逃げ出す。
    かわいそうだけど、なんだか社会の縮図を見ているようでクスっと笑えます。
    でも、お父さんの作ったカレーライスとっても美味しいんだよ。
    お父さんが料理作ったら、意外に上手ってことあるんですよね。作者のあとがきも素敵でした。鉛筆で描いた絵が温かみがあって良いです。

    掲載日:2016/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 料理上手なお父さん

    このお話は、お父さんが料理をしようとしたら料理どうぐや家族が逃げ出してしまい、投網で捕まえて料理をしていました。うちの子は投網で捕獲というスタイルに心奪われていました(笑)でも、大津さんの作った料理はおいしかったようでうちの子もその結末にはビックリしていました!!

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • おとうさんの料理の腕は…

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    おとうさんが料理をしようとすると、野菜も道具も逃げようとします。子どもは「なんで?」と言っていました。普段、料理をしないおとうさんだから、なようです。
    料理をたまにでもしてくれるおとうさん、いいですねー。私の場合は大歓迎なのですが、この家族は野菜たち同様、戦々恐々なようです。
    さてさて、おとうさんの料理の腕前は…?
    今は私が子どもの時よりも料理をするおとうさんって増えたのだろうなーと思います。
    オチもよかったです。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実はお料理上手なお父さん

    黄緑のふちどりに、鉛筆で描かれた絵。
    40年位前に出版された絵本ですが、レトロで落ち着いた感じが逆に新しいです。

    お父さんは料理が下手なはずというのが前提なのは、ちょっと時代を感じさせますが、そこがこのお話のポイントでもあります。カレーライスを作ろうと思い立ったお父さん。それを見た料理道具や食材達、そして家族のみんなも逃げ出します。

    そんな〜、ちょっと失礼じゃないかしら・・・と読み手の心配もよそに、前向きなお父さんは、みんなを上手い方法でつかまえます。そのやり方が大胆で、思わず笑ってしまいます。

    最後は、お父さんの名誉挽回といわんばかりに、楽しい結末がまっています!

    掲載日:2015/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外!

    娘が、ばばばあちゃんシリーズが大好きで、それでさとうわきこさんのお名前でネットでリサーチしていたら、こちらの絵本を知りました。
    読んでみて、今までのさとうわきこさんの絵本とかなり違ったのでとても意外でした。
    でも物語の根底に流れているのはばばばあちゃんと同じかな。
    家族のためにカレーライスをつくろうと格闘したお父さん。素敵です。

    掲載日:2015/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプル絵本

    さとうわきこさんの「ばばばあちゃんシリーズ」が好きで、
    図書館で同じ棚から見つけました。

    シンプルに色づけされた絵で、
    ばばばあちゃんのものとはちょっと雰囲気が違います。

    我が家の主人はあまり(というか全く)料理をしないので、
    よい刺激になれば・・・という下心もあってかりてきました。


    おとうさんが料理を始めると、
    「とうさんじゃいやだいやだ」と言って、材料がみんな逃げていく・・・。

    お父さんが料理を食べさせようとすると、
    「とうさんのはまずそう」と言って、家族がみんな逃げていく・・・。

    読み聞かせをしている主人が、
    「失礼だなぁ!」と実感を込めて言いながら読んでいるのが、
    おもしろくて思わず笑ってしまいました。

    でも、最後は・・・。
    ほのぼのしますね。
    なんだかとってもほっこりした気持ちになります。

    今度パパの得意料理をぜひ振舞ってもらおうと、
    子どもとひそかに計画中です。

    その時はうんと褒めるぞ!!!

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0

34件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界傑作絵本に、英語と日本語の音声CD付きが登場!

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット