ななちゃんペンギン ななちゃんペンギン ななちゃんペンギンの試し読みができます!
作・絵: さかいあいも  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ペンギンが大好きな、ななちゃんの小さな冒険物語
morimoriさん 30代・ママ

裏表紙まで!
ななちゃんはペンギンが大好きな女の子で…

つるばら村シリーズ(7) つるばら村の洋服屋さん」 みんなの声

つるばら村シリーズ(7) つるばら村の洋服屋さん 作:茂市 久美子
絵:柿田ゆかり
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2008年07月
ISBN:9784061957107
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,318
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ファミリーでのおはなし

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子18歳

    6の理容室のこのはさんに続き
    商店街(^^ゞでのおはなし

    今回は、ファミリーでのおはなしになります
    なので
    幼稚園年長さんから、小学校にあがる頃
    の年齢に親子で楽しめるかも!

    なるほどね〜
    と、感心することがいっぱいですよ

    掲載日:2010/10/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 【あらすじ】
    つるばら村にある「ひまわり洋品店」に訪れる、不思議なお客様たちの物語、12編。洋服の他にも、シーツや小物、手芸用品などのちょっとしたものも扱っています。

    【感想】
    季節によって、いろいろなお客様が訪れ、季節の移り変わりや昔ながらの素朴な行事などを思い描き、村の暮らしを楽しみました。
    洋品店は、意外と繁盛しているようで、品ぞろえにも柔軟性があり、みんなに愛されている様子が感じられます。つるばら村の住人は、あまり商売が上手とは言えない気もしますが、ここの奥さんはしっかりしていて、いつもきっちり売り上げを頂いているのがステキ。生活力がありますね。
    地に足がついたファンタジーで、大好きなシリーズです。
    今回は、主人公の洋品店の女主人の家族も登場して、みんなが不思議な世界を楽しんでいました。このシリーズは、自然の生き物と人間が心を通わせて、お互いがうれしくなるような交流をするので、気持が温かくなります。清々しい、ほっこりする物語が満載です。

    一番好きなお話は、「聖夜の星」です。子どもに希望の星を与えると、その子は一生、希望の星とともに生きていくようになるという。年をとっても瞳の中に希望の星があって、毎日鏡を見ると、それがわかるという…そんなイメージが浮かび上がって、素敵な気持ちになります。
    「イノシシの焼き芋」という話も、なかなかユーモアがあって、楽しい。こちらはぐっと現実的なファンタジーですが。他にも紹介したい話がいっぱいありますが、是非とも続きは実際に本を読んでみてください。

    掲載日:2017/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんわか

    はっぱの ブローチをした洋服屋さん。そのせいで、か、きつねや妖精と話ができるようになります。

    短編集ですが、最後が少しリンクしていて、良かったです。

    娘が読んでいましたがちょっと長いので疲れたようです。短編少しずつ読むといいですね。

    掲載日:2016/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 12ヶ月のファンタジー

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    年長の娘さんを持ちながら働くおかあさん はるかさんが主人公のお話。
    ちょっと親近感がわきました。
    行事関連の12ヶ月のファンタジー。
    小学校低学年くらいの子に月ごとに読み聞かせしてあげるのもいいかもと思いました。

    掲載日:2015/04/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 帰ってきた娘

    くるみさん以降、絵が変わって離れてしまっていた娘が、これで帰ってきました。つるばら村に。
    同じような年頃(?)の子どもも出ているよと誘って、しぶしぶ1P読んだらもう虜。
    ほーらね、やっぱり好きでしょう。
    放っておいたら、一気に一冊いきました。
    やはり子ども絡みのエピソードが楽しかったもよう。

    私は星座が落ちてくるお話。北斗七星ではなく、南斗七星にしましたか。なんとコアな(笑)
    ちょうど夏に、北斗七星ではなく南斗七星を見つめて夜半まで過ごしたので、じんわり喜びを噛みしめて読みました。
    そうです、天の川のほとりの星座ですよね。

    掲載日:2010/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひと月に1度、寝物語にどうですか?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    とうとう、つるばら村シリーズも7巻目に入りました!
    面白いからどんどん読めちゃいます。
    そして、村の人たちに次はどんな不思議が待っているのか、気になってワクワクしてしまいます。
    題名を見ればわかりますが、今回は洋服屋さんのはるかさんが物語の進行役です。
    はるかさんは「理容師さん」の時のこのはさんとはおむかいさんで、前作でちょろちょろ登場していました。

    やはりどれも素敵なお話でした。そして、ちゃんと季節が動いていくのが、お話の節ぶしで感じられました。
    第1話では幼稚園の年長さんだった一人娘の陽菜(はるな)ちゃんも、最後の12話目では小学校に入学しました。
    そして、12話は第1話の続編になっていて、ブローチの製作者の秘密も触れてくれます。

    つるばら村シリーズの中でも、この「洋服屋さん」は1話1話がとても短いので、小さなお子さんへの読み語りにもお薦めできます。
    寝物語に月に1話づつ、季節のお話を届けてみてはいかがですか?

    掲載日:2010/01/29

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / だるまちゃんとてんぐちゃん / もこ もこもこ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


きりぬき人形で立体的に再現☆メリーゴーラウンド型しかけ絵本

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 2
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット