しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

なぞなぞライオン」 みんなの声

なぞなぞライオン 作・絵:佐々木 マキ
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1997年
ISBN:9784652008690
評価スコア 4.39
評価ランキング 9,638
みんなの声 総数 22
「なぞなぞライオン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • ナンセンス爆発!

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子10歳、男の子7歳、男の子5歳

     奇想天外、佐々木マキさんのお話が三つ入った童話集です。絵のないページもあるので、絵本と童話の間位になるのでしょうか。
     一つ目は、ライオンと女の子がなぞなぞで勝負する『なぞなぞライオン』。二つ目は、へびと女の子が早口言葉で勝負する『ヘビは、はやくち』。三つ目はサイと女の子がしりとりで勝負する『しりとりなサイ』。
     どの話もいんちき勝負満載です。
     我が家では、10歳も7歳も5歳も大好きです。気がつくと10歳が下二人に率先して読んでいたりします。子どもでも、「もう、人に読んであげちゃうくらい楽しい!一緒に次の展開を楽しみましょう!」と思ってしまう様なゲラゲラ本です。

    掲載日:2005/05/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • さすが女の子

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子3歳

    7歳の長男がなぞなぞに夢中なので、まずは私が読んでみました。

    この本の主人公、さすがは女の子、口が達者で機転が効きますね。うちの息子たちとは全然違う・・・。どの章も面白かったです。

    それで息子に勧めてみたのですが、ちょっと読み始めてから、「話が長いからいいや」だそうです。長い本を読めないわけではないのですが、あれこれやりとりするのがまどろっこしいと感じるようです。女の子向けなのかもしれませんね。

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 短編3話

    ヘビの早口言葉のお話の読み聞かせが難しい!!
    かみまくりでした。ゆっくりでも読むのが大変!
    でも面白いです。全話面白い。さすが佐々木さんです。
    私は、ライオンのなぞなぞのお話が好きです。
    息子はお話の合間の1ページ漫画が気に入って読んでいました。

    掲載日:2015/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • このお話は、なぞなぞ、早口言葉、しりとりのお話が三話収録されていました。うちの子は早口のお話が気に入っていたのですが、なぜかというと、私が読めなくて悪戦苦闘しているのが面白かったみたいです。読む人にとっては大変ですが、子供は大笑いで楽しめる絵本ですね!

    掲載日:2014/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • だじゃれや早口言葉

    だじゃれ系のなぞなぞや、会話があり、そこも面白いのですが、6歳の娘が一番ウケたのは、早口言葉、、、を、もじった変な言葉。読みながら大笑いしており、とても面白がって、笑って読めなくなっていました。

    長い文章ですが、面白いので娘が自分で読んでいました。何度も読んでいたのでかなりのおすすめです。

    掲載日:2014/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 佐々木マキさんのちょっと強引なナンセンス・ショートストーリーです。
    なぞなぞにしても早口にしても、ちょっとインチキくさいのですが、なぞなぞライオン、早口ヘビ、しりとりサイと女の子の対決は、楽しめました。
    佐々木マキさんの奥の手は屁理屈でした。

    掲載日:2014/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい言葉遊び

    • だかりんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子8歳、女の子6歳

    ちょっと長めの幼年童話ですが、6歳の娘はきちんと聞いていました。

    女の子が、なぞなぞ・ライオン、早口言葉・へび、しりとり・サイと対決するのですが、会話がうまい。しりとりも、単調な感じにならずに面白かったです。

    なぞなぞライオンはラストが、微妙な(コワイ?)ところもありますが・・・。
    ライオン、どうなっちゃったんでしょうね。

    早口言葉は読み聞かせをするのにはきつかったです。
    でも、娘はこの本に出てくるでたらめ(?)な早口言葉が気に入ったようで、読んだ後もしばらく早口言葉を言っていました。

    掲載日:2013/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供たちが大好きです。

    なぞなぞ、しりとり、早口言葉。子供たちの大好きな遊びが詰まっている本。
    ライオン、へび、サイと対決しようなんて、なんて気の強い、こわいものしらずな女の子なんでしょう。。。なんて、私の考えはよそに、子供たちはそんなヘンテコな設定を楽しんでいました。
    読んであげるのもなかなか大変でしたが、子供と一緒に楽しめました。

    掲載日:2013/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読みやすい3部構成

    第44回青少年読書感想文全国コンクールの課題図書になった本。
    また、ドラゼミの1年生の教材の中にも入っている、本書。

    〇なぞなぞライオン
    〇ヘビは、はやくち
    〇しりとりなサイ   という3つのお話が入っています。

    絵が少なくて、字も少し小さいので、1年生からがお勧めかな。
    でも、1つ1つのお話が、そんなに長くないので、小さな子供への読み聞かせにも飽きることなく楽しめる本だと思います。

    掲載日:2012/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすが女の子

    佐々木マキさんの、独特な雰囲気がよく出ている本です。
    幼年童話の範疇に入るのでしょうか。短編が3つで構成されています。

    主人公は、3編とも同じ女の子。
    毎回、違う動物に食べられそうになるのだけれど。
    なぞなぞ・早口言葉・しりとりをして、負けたら食べていいけど勝ったら逃がす、という条件を飲ませるのです。
    そして、いざ勝負!!

    この女の子、さすがは女の子というか、すごく知恵が回って口も達者。
    こんな子を敵に回して勝てるわけが無い(笑)。

    出てくるなぞなぞも、早口言葉も、しりとりも、とても面白いです。
    言葉遊びが好きな息子は大笑いでした。

    絵が少なく文章が長めですが、短編なので読みやすいと思います。

    掲載日:2009/04/24

    参考になりました
    感謝
    0

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • しにがみさん
    しにがみさんの試し読みができます!
    しにがみさん
    作・絵:野村 たかあき 出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    大勢の方々からのリクエストにお応えして、待望の重版!!


『桃太郎が語る桃太郎』クゲユウジさん 岡村優太さんインタビュー

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.39)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット