しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

トラとネコ」 みんなの声

トラとネコ 訳:いばやしまさこ
再話:プル・トゥリパティ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2010年06月
評価スコア 4.17
評価ランキング 16,695
みんなの声 総数 5
「トラとネコ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • トラの表情がいいです

    • きらきら虫さん
    • 40代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子16歳、男の子13歳

    3年生で読みました。

    中国のおはなし「むかしむかしとらとねこは・・・」と似ている、ネパールの昔話です。

    2冊は読みたいので短いこちらの方が良いかなと思い選びました。


    むかし、親戚で仲良しだったトラとネコがどうして今は仲が悪く、ネコだけが人間と暮らしているのかという由来ものです。

    トラがネコに木の登り方を教わるのですが、降り方を覚えないうちにネコを食べようとしたので、ネコにだまされて木の上に取り残されます。

    おこったトラが木から落ちてしまい、ネコに笑われたのでトラはネコを追いかけることになったというのです。

    ネコはトラに見つからないように、糞を土に埋め、人間の村で暮らすようになったというお話。



    前半のほとんどのシーンはトラとネコだけなので、本のサイズの割には遠目がきくと思います。

    トラの表情が愉快で、楽しいお話です。

    掲載日:2010/11/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • ネパールの昔話

    ネコ科のトラは ネコの親戚で 一緒に同じ森に暮らしていたんだって
    ある日  ネコは すばしこいから 木の上にするする問いとも簡単にのぼれるのに トラは重いからネコに昇り方を教えてもらうなんて、はじめは素直なトラも やはりおなかがすいては 本性が出てきて ネコを食べようとするのです
    トラの怖そうな顔  さて どういう結末になるかをちょっと想像してみましたが・・・
    ネコは一枚上手
    こんなネコとトラの逆転した関係がおもしろい

      でもやっぱりネコは怖いのです 大きなトラが

    ネコがなぜ 家の中でかわれてネズミを捕るようになったか
    ネコ好きの人間はネコにたべものくれるし  ネコは安心なんですね

    野生では こうは生きません生きるために 動物たちは獲物を捕らえていきるのですもの

    なかなか 迫力のあるトラの絵は見事です!

    ネパールでもネコを家で飼っているのですかね

    昔話はどこの国でも大事に伝えられていくのですね

    掲載日:2012/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ギャフン

    • 白ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    ネパールの昔話です。
    昔話では時々ありますが、意外に衝撃的な内容です。

    仲良しの親戚だったトラとネコが犬猿の仲になった理由の話です。
    トラがネコに木登りを教えて欲しいと頼むのですが、予期せぬ裏切り行為・・・。
    ひとことで感想を言うとしたら、「ギャフン!」です。

    掲載日:2010/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ネパールの昔話

    ネパールの昔話です。

    昔昔、トラとネコは仲の良い親戚で同じ森に住んでいたのに、犬猿の仲

    になった由来を知ることができました。

    仲の良い親戚がいったん仲違いをすると拗れてしまって大変なことにな

    ることが学べました。

    なんだか、親戚なのに寂しく思いました。

    ネパールのロクタ紙がとても素敵でした。とても高級感があるし、絵も

    ねこちゃんが愛らしくて可愛いと思いました。

    掲載日:2010/09/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ネパールの昔話

    同じ福音館書店の本でトラとネコの昔話があったと思います。

    中国のお話でしたが、ネパールにも同じような話があるんですね。

    仲良しでもお腹がすけば、食欲の方が勝ってしまうところに野生の本性というようなものが垣間見えると思いました。

    絵も日本のものではないと最初思ったのですが日本のものでした。

    トラの表情が滑稽でした。

    小さくてもネコは賢くその駆け引きのうまさに感心しました。

    掲載日:2010/07/28

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / にじいろのさかな / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / まくらのせんにん そこのあなたの巻

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット