なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
やかましやさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

リサとガスパールのはくぶつかん」 みんなの声

リサとガスパールのはくぶつかん 作:アン・グットマン
絵:ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳:石津 ちひろ
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年11月
ISBN:9784893092335
評価スコア 4.26
評価ランキング 14,616
みんなの声 総数 30
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • お気に入りのシリーズです!

    小学校1年生の娘が図書館で一人読みしました。
    我が家の娘は,すっかりこちらのシリーズにはまっていて全冊読んでみたい勢いです(笑)。
    リサとガスパールの子供らしい天真爛漫な姿に共感を覚え大好きなようです!
    可愛らしいシリーズですね,こんなこと困っちゃうと親は思ってしまう出来事もますが(笑)。

    掲載日:2017/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 標本になっちゃいました。笑

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    テレビの企画で、芸能人が蝋人形館で蝋人形になり切り、観客はそれに気付くか、といった感じのを放送していましたが、丁度それを思い出しました。2人揃うといたずらの質がグレードアップしますね。勿論いい意味で。

    掲載日:2014/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • リサとガスパールって…

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    リサとガスパールはふつうに人間が通うクラスに入っているんですね。
    今回、思ったのですが彼らはいったいなんという生き物なのでしょう?犬かと思っていたのですがどうやら違うようです。
    娘が「はくぶつかんってなに?」と聞いてきました。
    今度行ってみようかな、でも正直まだ早い気がしています。
    この本でなんとなくはくぶつかんが分かったかな?

    掲載日:2014/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 興味深いです

    科学館は連れて行ったことがありますが、

    博物館はまだありません。

    静かなイメージがあるので、なかなかいけません。

    この絵本は、それほど堅苦しくなく、

    子どもの社会見学な感じがあって、

    ワクワクしながら読めると思います。

    思った以上に大騒ぎになってしまった展開が

    とても楽しかったです。

    掲載日:2014/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんとにろくなことしない!(笑)

    リサとガスパールは、相も変わらず生意気で、いたずらばかり
    大人としては「ほんとにろくなことしないなぁ…」と思ってしまうのですが
    子どもとしては「よくやった!」とでも思うのでしょうか
    うちの娘も例にもれずリサとガスパールのいたずらのファンです

    「いい子にね!」といつもよりうるさく言われる博物館でも
    やっぱり2人は大いたずら
    痛い目もみたけど、懲りてないようすがわが子と重なって
    まったくもうと思いながら笑ってしまう、そんな絵本です。

    掲載日:2014/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子でも楽しめる

    5歳長女は「リサとガスパールシリーズ」が大好き。今回は博物館のお話を持ってきて、女の子なのに怖がらないかなとちょっと心配でした。最初のほうで、リサとガスパールがいたずらをするとこでは、「ダメだねー」と笑っていましたが、真っ暗なところに恐竜の骨の展示がしてあるページでは「こわーい」と言っていました。このお話は、男の子でも女の子でも楽しめるんじゃないかなと思います。

    掲載日:2013/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 博物館の夜

    まさかまさか、リサとガスパール自身が、博物館の展示物になっちゃうなんて!
    毎回、二人のイタズラには驚かされます。
    いつも動き回っている二人ですが、ガスパールの思いついたイタズラの成功のために、じっとしている姿は笑えました。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白すぎる!

    リサとガスパールが今度は博物館に学校全体でいきますが、みんなに「二人は動物と間違えられるかも」といわれてイタズラを思いつく。

    動物の展示の脇に、勝手にプレートを出して二人で立って、入場客に写真を撮られる。

    でも最後に出られなくなって怖くなったときにみんなが探しにきてくれます。

    いつものイタズラですが、あまり人が困らないいたずらなので、ちょっと笑えておすすめ。これを読んで、娘と二人で「展示動物のまねー」とぴたっと動きをとめて遊んでます。

    掲載日:2011/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとドキドキ

    今回はバスで博物館へ遠足です。
    リサたちのうれしい様子に、息子もわくわくして聞いています。
    一番息子が面白がったのは、リサとガスパールそっくりなはくせい。
    クラスメイトに冷やかされて、「なんてこというんだよー!」とつっこむ二人。そしていたずらを思いつきます。
    そして、いたずらのばちが当たったのか博物館から出られなくなるというハプニングが起こります。
    まっくらな中恐竜の骨に囲まれておびえるリサたちの様子に、息子もドキドキ。
    でも、ちゃんとクラスメイトたちが助けにきてくれて、めでたしです。
    この展開にはまってしまいそう。息子も私もリサとガスパールシリーズのユーモアたっぷりなところが大好きです。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • どうなるのかと思った!

    リサとガスパールは、よく次から次へと悪戯が出来ると感心します。

    きっと悪戯も仲良しの二人だから、楽しいんだと思います。

    恐竜さんたちに囲まれて、真っ暗になって驚かす人がいなくなったら

    やっぱり心細くて不安だったと思うと可愛そうになります。

    心配するクラスメイトに助けられて本当によかったと思いました。

    リサシリーズは、どんな出来事が待っているのかとても楽しみに読んで

    ます。特に絵を見るのがとても楽しみです。

    掲載日:2009/10/06

    参考になりました
    感謝
    0

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / そらまめくんのベッド / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「ももちゃん はなちゃん」シリーズ <br>つちだよしはるさんインタビュー

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.26)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット