ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

おさるのはまべ」 みんなの声

おさるのはまべ 作・絵:いとう ひろし
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1999年
ISBN:9784061978478
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,478
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 浜辺は楽しい!

    シンプルな文章とかわいらしい挿絵がたのしいおさるシリーズ。8歳の娘が気に入って次々と読んでいます。
    こちらでは、おさるが浜辺で過ごす一日を描いています。砂でトンネルをつくったり、波の音を聞きながらうとうとしたり。。。
    なんだか南の島へきたような、楽しい気分になりました。カラフルな海の中の様子も見ることができます。
    自分も浜辺でのんびり過ごしたいなぁと、おさるたちがとてもうらやましくなりました。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • おさるの浜辺

    今回はおさるが過ごす浜辺でのお話です。

    おさるの住む島は小さいので、浜辺とはいえ重要な場所。
    よ〜く観察してみると、浜辺にも色々な発見があります。

    昇ってくるお日さまや影のこと、潮の満ち引き、寄せては返す波・・・
    浜辺には沢山の不思議で満ちているのですね。

    浜辺で砂山を作ってトンネルを掘ったり、色んな貝殻を見つけたり。
    浜辺での遊びも楽しそう。

    そして、浜辺でごはんを食べたり、お昼寝をしたり、のんびりと過ごす浜辺は最高ですね☆

    最初から最後まで、ゆったりのんびり、現代人の喧噪な毎日をしばし忘れさせてくれる癒しの1冊です。

    掲載日:2015/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 浜辺で感じること

    娘が学校の図書館から借りてきました。
    この「おさる」シリーズを制覇しようとしているのかしら?(笑)
    前回読んだものより、普通っぽくて(悪い意味ではないです)
    こういうのもまたいいなあと思いました。
    浜辺で感じることそのものが書いてあったから。
    波が寄せてきたり、引いていったりする度に自分の体が
    動いているように感じること。あしもとの感じ。
    波の音をききながら眠ること。
    浜辺で食べるごはんのこと。
    海に行って遊びたいなあと思いました。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 浜辺での一日

    このお話は、浜辺でサルの一家が一日楽しんでいる様子を描いたお話でした。うちの子も浜辺が好きなので、おさるが浜辺で楽しそうにしているのを見て「僕もこんな風にトンネル作りた〜い!」と自分も浜辺に行っているみたいに楽しんでいました。

    掲載日:2014/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • のんびり

    のんびりですねー。
    ざばーん しゅるるる つつつつつー
    この波の音は、リアルですね。
    声に出して、繰り返し読んでいると、波の癒し効果がありそうな気持ちになります。
    朝から夜までの、浜辺の変化がわかりますね。
    おさると海の生き物の組み合わせも、意外と合っていましたね。

    掲載日:2012/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • のーんびり

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    我が家の子供達のお気に入りのおさるシリーズです。
    昨日は忙しい一日を送ってて、本当は夜の読み聞かせは、なしにしたかったのですが
    「ママー読んで」と次男がもってきたのがこの本でした。

    読んでいるうちに、日中のあわただしさも忘れて
    私自身がのーーんびりな気持ちになっていくのに気づきました。
    南の島の、のーんびりとしたお猿の一日のお話です。
    波の音が聞こえてきそうな感じで、海に行きたい気分になりました。

    小2の長男の感想は「俺もお猿がいいなあ」といってました。海に怪獣がいるのは嘘だよね」というので、お猿の島ではそう思われてるんだよ。
    といいました。その怪獣がいとうさんらしい愛嬌のある怪獣です。

    のんびり気分になりたいときにお勧めです。
    少し長いお話が読めるようになった年中児への読み聞かせと、小学校低学年の一人読みにちょうどいいボリュームです。

    掲載日:2009/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 波の音が聞こえてきそう

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子10歳、女の子8歳

    おさるシリーズの1冊です。
    今回はおさるの好きな遊び・・浜辺での紹介です

    なぜか息子の1番のお気に入り。
    海がすきだからでしょうか?
    おさるのはまべでの過ごし方をまたゆったりと話してくれています。

    海に行くとこんなにゆったり時間が流れるのがわかりますよね・・・
    この本を読んでいると波の音を聞きながら
    はまべに寝転んで・・ごろんと空の雲を眺めにいきたくなります。

    息子は・・おさるのおじいちゃんおはなしのフレーズがとても好きで海に行くとどんな怪物がいるのか楽しみにしていました。

    掲載日:2007/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • おさるさんが主人公です!

    NHK教育の「テレビ絵本」の小林聡美さんの読み聞かせ、
    「ごきげんなすてご」にすっかりはまってしまった5才の息子。「おさる、おさる」と大喜びしていました。
    同じ作者で、またまた「おさる」と題が付くのでは、読まずにいられなく、一緒に楽しく読みました。
    もう、絵も少なくなり、小学校一年生向けなので、絵本ではないかなと思いつつ読みました。今年は、申年、おさるの絵本は、良いと思います。読むと暖かい気分になります。

    掲載日:2004/01/19

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット