だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

おじいちゃんへのプレゼント」 みんなの声

おじいちゃんへのプレゼント 作:ニコラ・ムーン
絵:アレックス・アイリフ
訳:そのひかる
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1996年06月
ISBN:9784566003484
評価スコア 4.77
評価ランキング 542
みんなの声 総数 12
「おじいちゃんへのプレゼント」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 素敵なプレゼント

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    みんなは絵の具で絵を描いているのに、ルーシーだけは貼り絵を始めます。
    何でかな?と最初は不思議に思いました。
    みんなと違うことをするルーシーを、先生は優しく見守ります。
    ルーシーは一生懸命に貼り絵を続けます。
    そして・・・。
    あぁ、そういう訳だったのですね。
    最後に全て合点がいきました。
    大好きなおじいちゃんのためにルーシーの作った素敵なプレゼント。
    あったか〜い気持ちになれる絵本です。

    掲載日:2010/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  •  読んでいて、気持ちをきゅっと掴まれるような作品でした。

     生き生きとしたルーシー。
     思いを込めてプレゼント作りに熱中するルーシー。
     10時から3時までなんて、よく頑張りました。

     温かい眼差しのケリー先生。
     絵本の時間のこどもたちの表情や行動から、伝わってきます。
     ルーシーのアイディアの貼り絵の材料となる、「はぎれ」を常備してあるのにも驚きでした。

     ルーシーが、できあがったプレゼントをおじいちゃんに渡したページで、貼り絵の意味が解りました。
     完成した作品のページを私も思わず手のひらでなぞってしまいました。
     とっても、素敵な絵本に出会い、幸せな気持ちになりました。

    掲載日:2010/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • そうだったんだ

    • くるりくまさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子8歳、女の子5歳、男の子2歳

    絵を描く時間に、みんなが絵の具を使って描いているのに、ルーシーだけは貼り絵をしたいと言います。
    先生はそれを認めて、温かく見守ってくれます。

    ルーシーが一生懸命貼り絵を作っている理由が、最後に分かります。
    こんな展開だと知らないで読んだので、ジーンとしました。

    ルーシーが一生懸命、おじいちゃんのことを思って作った貼り絵。
    ものすごく心がこもっています。
    おじいちゃんの飼っている犬ハニーも絵に描き、自分の髪の毛をこっそり貼り付けたあたり、とても工夫していて素敵だなと思いました。

    掲載日:2009/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジーンとしちゃいます

    • ミトミさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子9歳、女の子8歳、男の子0歳

    ここでのレビューで気になっていた一冊。

    幼稚園児のルーシーが大好きなおじいちゃんを思って作るプレゼント。
    おじいちゃんを思うルーシーのやさしい気持ちが伝わってきす。

    娘たちにも優しい気持ちをわかって欲しかったので、
    何も言わずにこの本を渡しました。
    最後に、なぜこのプレゼントなのかと言うことがわかり
    ジーンとしたそうです。
    とても素敵な一冊です。

    掲載日:2009/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思いやりがつまった贈り物

    ルーシーはおじいちゃんに絵のプレゼントをすることにしました。園ではみんなが絵の具を使って絵を描いているけれど、ルーシーは「これじゃだめなの」と言っていろいろな材料を集めて感触のある貼り絵を作ります。

    なぜだめなのかというと、ルーシーのおじいちゃんは目が見えないからです。

    そのことが分かっているルーシーだから触って分かる絵を作ろうと考えたのでしょう。目が見えなくても見せたい、見てもらいたい。そんなルーシーの優しさや貼り絵で表現する創造性の豊かさに関心するだけでなく、はぎれを用意しておくなど子どもの自発的な活動を支え、温かく見守る先生の姿にも感動しました。

    掲載日:2007/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 貼り絵で作られた「貼り絵」のお話

    • YUKKOさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子8歳、女の子6歳、女の子4歳

    主人公ルーシーが 久々に遊びに来てくれる おじいちゃんのために
    一生懸命、貼り絵を作るお話ですが、この絵本自体もまた貼り絵で構成されています。

    保育時間中に 無心に貼り絵作りに励むルーシーを見守る先生の眼差しも
    とても温かさが感じられて 心が温かくなります。
    最後に載っている、ルーシーの作品を見ると、創作意欲が触発されて
    自分達も貼り絵に挑戦してみたくなりました!

    掲載日:2007/01/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 目で楽しむ絵

    ルーシーの描いた素敵なプレゼントに親子で嬉しくなりました。
    読み始めたとき、ルーシーはすごくおじいちゃんが好きなんだなあ程度にしか思っていなかったのですが、最後のページまでいったときに、その理由をしり感動しました。
    ルーシーが一生懸命こだわっていたのは、本当おじいちゃんのことが大好きだし、そのおじいちゃんに少しでも自分が感じていることを表現したかったのでしょうね。
    大好きな人のために頑張るルーシーの姿に読んでいてとっても温かい気持ちになりました。
    そしてそんなルーシーを見守る先生も素敵だなあと思いました。
    息子はルーシーの作った絵に大感動。
    「かっこいい〜。」といってました。
    目で楽しむ素敵な絵を私たちも今度つくって見たいねとお話して終わりました。

    掲載日:2006/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • すばらしいせんせいにも!

    わたしのブログで敬老の日に向けて
    絵本の紹介をしたところ、コメントをくださった
    みなさんからいろんな本のご紹介をしてもらいました!
    この本は、ぼのさんのお薦めでナビのぼのさんの
    紹介文を読んで、ジーンと来た私は早速図書館へ

    あいにく貸し出し中で、1週間後に
    やっと借りることができました

    こどもたちが学校に行ってる間にまずは1人で・・・

    読み終えて、盲目のおじいちゃんへのすばらしい
    心遣いをしてくれたルーシーはもちろんのこと、
    私が1番に関心を持ったのは「はぎれ入れ」
    と書かれた箱!こどもたちの想像力を引き立てる
    かのように集められたはぎれ。私たちの身近の園では
    見られない教室作りですね!先生がのんびりと
    待ってくれる雰囲気も素晴らしく思いました。

    タイトルは「おじいちゃんへの〜」となってますが
    2つの優しさを感じることができて
    自分が幅広く大きくなれたような気がしました!

    こどもたちが帰ってからも読んであげ
    こどもたちもおじいちゃんへの
    やさしい気持ちいっぱいのプレゼントに感激でした!

    いろんな方向から楽しめるお薦めの本です♪

    掲載日:2006/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しさ

    • ひこうき雲さん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子8歳、女の子8歳

    幼稚園でルーシーはおじいちゃんへのプレゼントの絵を描こうとしています。でもみんな絵の具を使っていますが、ルーシーは、はぎれや木の枝などで一生懸命描いています。黙って見守る先生と頑張るルーシー。どうしてみんなと違うやり方で描いているかは、最後にわかります。おじいちゃんは目が見えなかったのです。ルーシーの優しい気持ちと見守る先生、そして手で触れて絵を感じるおじいちゃん。とても良かったです。おじいちゃんを思う優しい気持ち、思いやることをきづかせてくれます。

    掲載日:2006/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 聞き終わってもずっと心がぽかぽかする本

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子11歳、女の子9歳、女の子4歳

    パパが久々に読んでくれました。
    聞き終わっても、ずっと心がぽかぽかするとても素敵な絵本でした♪

    ルーシーは、大好きなおじいちゃんに、プレゼントする絵を描きます。描くといっても、他の子たちのように絵の具を使いません。
    はぎれや、こえだ、はっぱ、とりのはね、すなばのすなや、何と自分の髪の毛まで材料にして、貼り絵を作っています。

    途中までは、何て個性的な子なのだろう!くらいにしか思ってなかったのですが、お迎えの時間になって、お母さんと一緒に来てくれたおじいちゃんを見てハッとします。
    パパが子どもたちに聞きました。
    「どんなおじいちゃん?」
    じーっと見ていた長男がすぐ気づき、
    「目が見えないんだね。」

    ああだから、ルーシーは、手で見る絵を一生懸命描いたのですね。ルーシーの優しい気持ちが伝わってじ〜んとなります。
    そして、その絵は、本当にすばらしい出来なのですよ!

    ルーシーの人柄ももちろんですが、他と同じことをついついさせてしまう園が多い中で、こんなにも個性を認め、あたたかく見守るケリー先生の人柄にも、感動を覚えずにはいられませんでした。

    ぜひ、皆さんにおすすめしたいです♪

    掲載日:2005/02/11

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どろんこハリー / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / はじめてのおつかい / てぶくろ / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.77)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット