庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ともだちからともだちへ」 みんなの声

ともだちからともだちへ 作:アンソニー・フランス
絵:ティファニー・ビーク
訳:木坂 涼
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:2003年03月
ISBN:9784652004210
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,185
みんなの声 総数 40
「ともだちからともだちへ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

40件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 俄然自信の塊にしてくれそうなメッセージ

     最初のページにビックリ!
     パジャまんまのクマネズミくんのどんよりさ加減が伝わってくる色調でした。
     よ〜く見ると、なかなかお洒落なお宅ですね〜。
     でも、詰まんない日々のようです。
     誰かと約束もないし、誰も会いに来てくれない。
     って、自分から約束をし、誘えば良いようなものだけれども、それすら気重な時ってありますものね。
     でも、これって悪循環で、外の世界がますます見えず聞こえず、自分を孤独の世界へ追いやる事になってしまうのに。
     
     そんな時に差出人なしの、クマネズミくんを俄然自信の塊にしてくれそうな、嬉しいメッセージが・・・。

     だれだれ?って、思いますよね。
     こんな素敵なお手紙を書いてくれ、自分を友達として認めてくれているのは?って。
     クマネズミくんお礼を言いたくて、差出人捜しに久々外の世界へ出かけます。

     さて、差出人は見つかるのかしら?って読み進めたら、なんかそんなことより大切なことをたくさん見つけたようです。
     嬉しさの連鎖って、読んでいてとてもハッピーにしてくれます。

     差出人さんたちの賢さと優しさに、人間も学ばなくっちゃって、思いました。

    掲載日:2010/10/11

    参考になりました
    感謝
    3
  • ともだちについて考える

    一人で退屈しているクマネズミのところへ、とても素敵な「友だちからの手紙」。
    素敵な友だちだという手紙には、差出人が書いてない。
    手紙に喜んだクマネズミさんは、「友だち」に会いに出かけて、差出人探し。

    友だちについて考えさせられる絵本です。
    たずねあるいていくと、屋根が壊れて大変なカヤネズミさん、足をけがしたカエルさん、クマネズミをたずねたけどカーテンが閉まっていたから帰ってしまったモグラ夫婦、そしてクマネズミと同じように退屈しているコウモリくんがいることを知りました。
    クマネズミは、自分のことより友だちのことを思うことを学びました。
    差出人はわからなかったけど、クマネズミは友だちの大切さを知りました。
    自分の周りに友だちがいっぱいいることもわかりました。

    気持を伝えること、友だちとして助け合うこと、待っていてはなかなか気持が伝わらないこと…。
    友だちのことを考えること、大切にすること…。
    そんなことを理屈っぽくなく、温かみのあるアドバイスを子どもたちに伝えてくれます。

    掲載日:2009/06/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 最初の一歩を踏み出そう!

    たった一人で家にこもりっきりになっていると、
    自分は世界中のだれにも愛されず、
    必要ともされていない淋しい存在なんじゃないかと心細く、
    投げやりになるものです。だけどそれは、
    自分自身が孤独の殻に閉じこもってしまっているからなんです!
    一歩外に踏み出してみれば、外の世界は
    自分を拒否してなどいないことに気がつくでしょう。
    けれど、その「最初の一歩」を踏み出すのは勇気がいる物。

    クマネズミは、何日も“パジャまんま”で過ごす彼のことを、
    だれかが思ってくれていたのでしょう。
    差出人が書かれていない黄色い封筒の手紙に乗せて、
    「最初の一歩」を踏み出すきかっけを送ってくれたのです。
    そして、彼もまた、友人へ幸せを贈るのです。
    なんて素敵なお話しなんだろう!と、感激しました。
    友達っていいな。仲間っていいな。と子供から大人まで
    幸せな気持ちになって、友達に会いたくなるお話しでした。
    それにしても、クマネズミに手紙をくれたのは
    だれだったんでしょうね? 
    そこがとても気になるところですが、
    絵本を読んでみれば、きっと・・・。

    掲載日:2008/10/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 手紙ひとつで

    出不精で「何もする事がない」「誰とも約束がない」「誰も会いに来てくれない」と嘆いているクマネズミ。
    人の事だと「じゃあ自分から外に出て、楽しいことを探してみればいいじゃない」「受け身じゃなくて、自分から会いに行けばいいじゃない」と言いたくなりますが、自分の事となると同じようなドツボにはまってしまう時も意外とあるような気がします。
    そんなクマネズミの元に届く一通の不思議な手紙が、クマネズミの生活を一変させます。
    手紙ひとつで人生は明るくなる。
    何も予定がない日でも、少しおめかしを出て外に出てみようかな。それとも久しぶりに友人に手紙でも書いてみようかな、と思わせてくれる絵本です。

    掲載日:2016/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 深い友情のお話!!

    表紙に書いてある副題に魅かれて、手に取った絵本です。
    「あなたならどんなふうにつたえる?ほんとうのともだちって?」。
    ともだちなら、ともだちに、どんなことをしてあげたらいいのかが、
    かわいらしい動物たちの行動で伝わってきます。
    読めば読むほど、この絵本の深さに気がつきます。
    静かな感動をよぶ感じで、私の中で大ヒットです!!
    小学生が読んでもよいのではないかと思います♪
    おすすめの1冊です☆

    掲載日:2016/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • あたたかな気持ちに

    4歳の息子と読みました。

    家にこもりきりになってしまったクマネズミが、
    差出人のわからないある手紙をきっかけに、
    外に出て、友達を巡り歩きます。
    とってもあたたかな気持ちになれるストーリーで、
    いろいろ考えさせられました。
    絵も素敵でした。
    「ウインク」がやっぱり、差出人の友達なんでしょうか。

    息子には、ちょっとまだ難しかったかもしれません。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達は自分からつくるもの

    教科書にお勧め図書として紹介されていたので、図書館でかりてみました。
    娘のために借りた絵本でしたが、メールや年賀状だけの付き合いが多いなと、自分の友達について考えさせられた絵本でした。

    受身で待っているのではなく、自分から行動することが大切なんだ、
    ともだちは待っているものじゃなくて、自分から作るもの。
    ともだちの素晴らしさが、温かく優しく心にしみるお話でした。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友情

    このお話は友達どおしの友情を描いたお話でした。外に出るのが嫌で、一日中パジャマだったのが、友達の存在に気づいて外へ出ていく姿がとっても印象的でよかったです。差出人のわからないままの手紙もなんかミステリアスでよかったです。

    掲載日:2013/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達という意味をはじめて理解する本

    • Eryさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子4歳

    友達は待っているものではなく、自分でつくるもの。
    自分から声をかければみんな仲良くなれる。
    ということを教えてくれる本です。3歳児にはまだ難しかったかもしれません。それでも毎日寝る前に読んであげるとよろこんでいました。
    ぱじゃまんま という言葉が気に入ったみたいです♪

    掲載日:2013/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気になる手紙

    この「ともだちから ともだちへ」の手紙は、ふさぎこんでいる友達への、ちょっとした秘密なのだと思いました。
    ふとしたきっかけですが、みるみると元気になり、生き生きと行動する様子を見ると、本当にピッタリなアイディアだったのだと思います。

    掲載日:2012/11/09

    参考になりました
    感謝
    0

40件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(40人)

絵本の評価(4.66)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット