あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

かぶさんとんだ」 みんなの声

かぶさんとんだ 作・絵:五味 太郎
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1985年3月30日
ISBN:9784834009842
評価スコア 4.15
評価ランキング 17,062
みんなの声 総数 54
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

54件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 不思議な不思議な五味さんワールド

    赤かぶと白かぶが突然空高く飛んだと思うと、それに続いてテルテルボウズやタコ、かみなりくんや宇宙人さんまで一緒に飛んでいきます。共通点は形のみというぶっ飛んだ発想。飛ばすだけ飛ばしておいて「それから先は知らないよ」というオチもさすがの五味さん!あまりのナンセンスさに4歳の息子は「え、なんで!?」と驚いていましたが、2歳の娘は楽しんでいました。頭の柔らかい小さな子供に読んであげたい絵本です。

    掲載日:2016/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • どうなったのかなあ

    娘が幼稚園で借りてきました。さすが五味太郎さんの作品。いろいろ想像掻き立てられる本です。絵も優しいタッチで好きです。娘も、何度も繰り返し自分でよんでいました。娘はかぶさんたちは、朝のりょうりになったらしいです。

    掲載日:2015/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な絵本

    台所の赤かぶさんが空へ飛び立つという思いもよらない発想の絵本。
    しろかぶさん、てるてるぼうずくん、たこさん、後に続いてなんだが同じような形のお友達も飛んでいきます。
    ストーリーらしいものはほとんどないのですが、とってもユーモアがあって子供も大爆笑でした。
    とっても古い絵本ですね。もっと小さいときに見せてあげたらまた反応も違ったかなと思います。

    掲載日:2015/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼの

    お天気のいい日って、かぶも空を飛びたくなるんですね〜
    誰かが気持ちよさそうにお空を飛んでいるのを見たら、自分も一緒に飛びたくなるんですね〜
    空を飛んだら、どこまでも遠くへ行きたくなるんですね〜
    きっと。
    そんなほのぼのとしたお話です。
    色使いがレトロで、登場するキャラクターがみんなとてもかわいい!
    これが五味さんの世界なんですね。
    色々飛んでいく姿がおもしろいと思って選びましたが、1才5ヶ月の息子にはまだ早かった様子。
    もう少し大きくなったらまた読んであげたいです。

    掲載日:2015/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんわかほのぼの

    • ☆だ〜なさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    あかかぶさん・しろかぶさん、次々と飛んでいく様子が面白かったようで、『とんだ』と読むたびにゲラゲラと笑っていたお気に入りの絵本でした。

    五味さんの絵本は、背景に描かれているものも子どもたちには惹かれるようで、『わんわん』『ふね』『おさかな』など、1つ1つを指差して言っていました☆

    掲載日:2015/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんな同じ形に

     あかいかぶと、しろいかぶが空に飛んで行きました。
     いろいろなものが、かぶと一緒に飛んでいきますが、みんな同じような形に、、、

     意味があるような、ないようなお話がおもしろかったです。
     みんな宇宙のはてまで飛んで行ったのに、ちゃんと地球にもどってきたんですね。スープのなかのかぶさんたちが、ほほえましいなと思いました

     ほのぼのしたお話と、あたたかい色で描かれた絵が楽しかったです。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今どのへん?

    ある日あかかぶさんが飛んで、それに続きしろかぶさん 、てるてるぼうずくんやたこさん、かみなりくんにうちゅうじんさんも付いて来て、どこまでもどこまでもとんでいきます。

    でも誰もその先は知らなくて…。

    あかかぶさんにそっくりのものが、次々に飛んでいく
    そのシンプルさが、とても記憶に残ります。

    外にいる時、窓の外を見てる時、あかかぶさんたちがまだどこかをとんでいるような気がして、時々空を探しています。

    もう、私の町にはきたかしら

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • かぶの形

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    五味太郎さんらしい色彩を楽しめます。
    とっても天気のいいある日、突如として、あかかぶが飛んでいくのです。
    続いて、しろかぶ、てるてるぼうず、たこ、かみなり、宇宙人も。
    なるほど、よく似た形なんですね。
    で、行く先は、「しらないよ。」ですって。
    ラストの予想は、ちょっと笑えますね。
    なかなかシュールですが、その気持ち、なんとなくわかります。
    幼稚園児以上くらいから、感性で楽しんでほしいと思います。

    掲載日:2014/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモア絵本

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    五味 太郎さんお得意のユーモアのある絵本です。
    あかかぶさん、しろかぶさんの他にもうちゅうじんも飛んでしまいます(笑)。
    みんなどうなったのかな?と子供とやり取りしながら楽しく読めました。
    子供も気に入ったようでした。

    掲載日:2013/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • カブの行方

    絵本のタイトルの通り“カブ”が飛んでいくお話です。
    鍋から空へ…畑へ…奇妙な展開ですが、なんか面白いです(笑)

    五味さんの描くイラストは温かみがあって好きです。
    この絵本以外にも他の作品も読んでみたくなりました。

    掲載日:2013/09/09

    参考になりました
    感謝
    0

54件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(54人)

絵本の評価(4.15)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット