たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

きょうはせつぶんふくはだれ?」 みんなの声

きょうはせつぶんふくはだれ? 作:正岡 慧子
絵:古内 ヨシ
出版社:世界文化社
本体価格:\1,000+税
発行日:2011年12月30日
ISBN:9784418118205
評価スコア 4.13
評価ランキング 19,149
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • せつぶんの日に おにのこは退屈ではじめて人間の家にやってきた
    「おには そとーっ!」と豆が飛んできた 食べてみたら美味しい
    初めての体験の おにのこ
    「おいらのこと どうして わかったんだろう?」 縁の下にもぐりこむと なんと くろいふくきた男と 目があった
    男は 自分のことを福だといって 家の中へ入っていった
    お話の展開が おもしろい 
    おにのこは 牛やねずみと出会い   牛たちは 福というのはどろぼうだと言って やっつけた 
    なんだかおもしろいお話です
    とんまな どろぼう   何も知らない おにのこ
    そして 牛やねずみ どうして どろぼうって分かったのでしょうね?

    こんなせつぶんのお話もあるんだと思いました

    優しいオニもいるし  とんまなどろぼうもいるものですね

    掲載日:2018/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泥棒の知恵

    一風変わった節分、豆まきストーリーです。
    節分のことを知らない鬼の子が、人里へ行っての騒動です。
    豆まきにびっくりして軒下に隠れたところで遭遇したのが、
    泥棒だったという次第。
    この泥棒、なかなかの知恵者で、自分は「福」だと名乗ります。
    もちろん、牛とネズミの機転でめでたしですが、
    当の鬼の子は、本当の節分や豆まきのことを学べなかったようですね。
    しっかり豆まきを教えてもらった幼稚園児くらいから、
    ハラハラドキドキストーリーを楽しめると思います。

    掲載日:2017/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 福田さん?

    全頁試し読みで読みました。全身真っ黒でどう見たって泥棒にしかみえないのに「福だ」と名乗るのは、「福田さん」と言う名前なのかと思いました。とてもか弱そうな鬼の子に、とんだ日に村に降りて来たねと同情してしまいました。でも香ばしく炒った豆が、鬼の子の好物でよかったと思いました。牛さんやねずみさんの協力のお陰で泥棒も逃げて行ってよかったです。

    掲載日:2016/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 節分シーズンに!

    節分の数日前に,4歳幼稚園年少さんの娘と一緒に読みました。
    初めて人間の住む村にやってきた鬼の子。
    鬼の子目線で描かれた絵本で,鬼の恐さなどはないです。
    「ふく」と言う全身真っ黒の格好の謎の人。
    はい,やっぱりかなり怪しく思ったとおり。。。
    家にいても気をつけなければですね!

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • …ふく?

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    よりによって節分の日にやってこなくても…とやってきた鬼を見てちょっとそう思ってしまいました(笑)。
    豆から逃げた鬼が出会った人物はふくだと言います。見た瞬間、え?…ふく?と疑ってしまいました。外見からすると泥棒にしか見えません。うーん、怪しい…でももしかして…?と思いつつ読みました。

    掲載日:2015/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • ううん、怪しい。

    短めのお話で、集中して読むことができました。
    1ページあたりの文章の長さも、ちょうど良いです。

    節分の日。
    節分のことをまったく知らず、
    たまたま人間の家の縁の下に潜り込んだ鬼の子が
    バッタリと出会ったのは・・・・。

    「おれは、ふくだ」

    ううん、怪しい。
    いかにも怪しい!

    その風貌は、どちらかというと・・・。

    鬼の子と人間との交流はありませんでしたが、
    友達ができたようで良かったです。

    節分の日に読みたい絵本です。

    掲載日:2014/01/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泥棒だ〜!!

    このお話は人間の世界の節分を覗きに来たオニの話でした。縁側の下に隠れていた鬼の子は意外な人と出会うのです。それは泥棒!泥棒は自分の事を福はうちの福だと言っていたのですが、うちの子は「お前は泥棒だろ〜!」って言って大爆笑でした。

    掲載日:2013/12/12

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


映画『ゆずりは』試写会レポート

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット