だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

夜明けの落語」 みんなの声

夜明けの落語 著者:みうら かれん
画家:大島 妙子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年05月
ISBN:9784062832236
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
「夜明けの落語」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 勇気を出して

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    人前で話すのが何よりも苦手という暁音。落語を得意とする同級生 三島くんに落語で助けられて以来、落語が気になり…。
    親友の初音ちゃんに心配されつつも暁音は自分で落語をすることを選択します。
    お話自体も作中にいくつか出てくる落語も面白かったです。
    三島くん、初音ちゃん、おねえちゃん、先生…暁音はやさしい温かい人々に囲まれていて幸せだなー。
    暁音にとって人前で落語を披露することなんてすごくハードルが高いだろうに勇気を出してよくがんばったと思います。

    掲載日:2015/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • コンプレックスに健気に向き合う

    第52回講談社児童文学新人賞佳作を受賞した若干19歳の現役大学生のデビュー作
    小学4年生の野中暁音は、人前で話すのが大の苦手
    ところが日直当番のペア、三島朔太郎が演じる「落語」に出会ってから、その魅力に引き込まれていくのです・・・
    だれでも一度は聞いたことがある「寿限無」や「まんじゅうこわい」などの落語が出てきて、その演技が目に浮かぶような楽しさがあります
    暁音が自分のコンプレックスに健気に向き合う姿が、心を打ちます
    関西弁の朔太郎のはじけるようなトークも面白いです
    小学校中学年からお勧めです

    掲載日:2012/12/05

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット