モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

おとうさん」 みんなの声

おとうさん 作・絵:秋山 とも子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1984年
評価スコア 4.13
評価ランキング 17,480
みんなの声 総数 7
「おとうさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • アドリブで読み聞かせ★☆

    『父の日』にちなんで借りてみました。

    ページを開くとびっくり。

    文章がありません。

    絵が描かれているのみ。

    この絵本は、自分で文章を考え、子供に読み聞かせします。

    お仕事しているお父さんは、普段どういう1日を過ごしているのか。

    細かい描写設定で教えてあげる事が出来ます^^

    もうすぐ4歳の息子へは

    「お父さんはこうやって電車に乗って会社へ行っているんだよー」

    など普段の会話口調で読み聞かせをしました。

    息子は文章がないという事に気がつき、不思議そうでした^^

    掲載日:2012/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が家のは福音館判です!

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子15歳、女の子13歳、女の子8歳

    先日のメルマガクイズに登場したので、本棚にありながら、未読だったこれをあわててひっぱり出してきました(汗)。

    開いてビックリ!(す、すみません。中身を見ないで、古本屋さんで格安GETしたようです。大汗)
    朝食を食べて出勤したおとうさんが、帰宅するまでの1日を、細かい絵だけで表した、画期的な絵本でした〜!!!

    文章がまったくないのに、文章で語る以上に細かく、このおとうさんが、どんな通勤手段で、どんな会社に行き、どんな仕事をして、どんなアフター5(えええ?!やきとり屋さんで、女性とビール飲んでるのがそうですよね〜?!)を過ごし、何をおみやげに買って帰宅するのか・・・み〜んな、わかっちゃうのですから。

    東京育ちで40代前半の私には、学生時代を過ごした、すごく懐かしい、風景が描かれていて、ず〜っと眺めていても飽きません。
    (おお、中央線に山手線、これは京王線かなあ?!京王バスも走ってるよねぇ?!)
    そうそう、メルマガクイズの答えの一つに、「パソコンに向かってる」とありましたが、あの時代にパソコンはなかったよね〜?!(笑)電話もダイヤル式だし・・・。

    時代は変わっても、住んでる場所や、通勤手段は違っても、お父さんたちが家族のために、毎日一生懸命働いてくれてる姿は変わりませんね〜。本当に毎日御苦労様です。

    今度は、次女といっしょに「おとうさんをさがせ!」を楽しみたいです♪

    掲載日:2009/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • おとうさんの一日

    表紙の絵に惹かれて図書館から借りてきました。

    文字のない絵本で、絵だけの絵本です。

    おとうさん、おかあさん、おねいちゃん、弟の4人家族で、朝7時の

    朝食を家族で食べています。もう、おとうさんは会社に出かける支度も

    出来ているようです。おねいちゃんは、もう保育園に行く支度もできて

    いて、椅子の下に保育園の鞄と麦わら帽子が用意してあります。

    やんちゃな男の子は、おかあさんを手こずらしています。

    主人公は、おとうさんで、おとうさんの一日の生活が見られます。

    人込みの中からおとうさんを探すのは大変ですが、捜す楽しみがあり

    ます。会社の中の働くかっこいいおとうさんの姿も見られます。

    どんな風に解説をしてもいいし、都会の生活を見学できます。

    楽しみ方は自由にできます!

    文字がなくても絵だけでも充分に楽しめました。

    掲載日:2009/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • おとうさん、どこ〜?

    • 雪ねこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子4歳

    文字は一切ありませんが、うちの子供達が大好きな本です。

    うちで朝、一緒にご飯を食べているお父さんが会社に出かけます。
    家では大きな存在なのに街で、駅で、たくさんの人ごみにまぎれるお父さん。
    でも、会社にいるときはなんだかかっこいいお父さん。
    いろいろな場面でいろいろな姿を見せるお父さんに子供達はくぎづけです。

    もちろん、人ごみの中のお父さん探しも楽しみました。
    「あれ〜?お父さんどこ〜?」
    時々お父さんと似ている格好の人もいたりして…。
    もう、全部のページのお父さんを見つけたのに何度も何度も兄弟で楽しそうにながめています。

    掲載日:2008/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 働くおとうさんの一日

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    働くおとうさんの一日が、朝から晩まで、時間を追って描かれています。
    朝ご飯を食べて、家族に見送られて出勤。バス停に向かい、最寄の駅から電車で…大勢の人ごみの中で、一生懸命働いているおとうさんの様子がよくわかります。
    どのページにも、きっと見つかる、このお話の主人公。
    私たちが、家にいる間、遊んでいる時、のんびりしている時、おとうさんって、こんなに大変な思いをしているんだということに気づくことができるでしょう。
    表紙の、子どもたちの描くおとうさん、なかなか素敵です。

    掲載日:2008/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子で楽しめます

    私が小さい時大好きだった本のひとつで、1歳の息子も夢中で絵を見ています。何といっても町並みが細かく描かれていてすばらしい。改めて読み直しても楽しいです。
    今とは変わってしまった昔の駅や街を思い出したり。

    息子は「これはパパ、これはじぃじ」など、似てる雰囲気の人を発見したりして楽しんでます。

    掲載日:2008/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼い子もお父さんの一日をウオッチング

    • ぴょ〜んさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、男の子1歳

    絵だけでおとうさんの一日を描いた絵本。

    「朝ごはん→町の俯瞰→見送り→バス停→電車にのる→電車の中→
    改札→街中→仕事風景→アフター5→帰路→帰宅」

    が情景としてこまやかに描かれ、お父さんの行動を見る楽しみ、
    お父さんを群衆から探す楽しみ、タウンウオッチ・・・と
    いろいろな読み方を楽しめ、見るたびに発見があります。

    一度読んだら、毎日毎日リクエストされました。
    幼い娘が、サラリーマンの父が、家を出て何をしているか
    理解するのに役立ちましたし、タウンウオッチとしても
    面白い絵本でした。

    絶版のようなので、図書館でみかけたら是非どうぞ。

    掲載日:2006/03/16

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / どろぼうがっこう / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じごくのそうべえ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット