ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ぶんとろことたうたう」 みんなの声

ぶんとろことたうたう 作:わしお としこ
絵:黒井 健
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\699+税
発行日:1982年
ISBN:9784893251626
評価スコア 4
評価ランキング 18,977
みんなの声 総数 4
「ぶんとろことたうたう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ひさかたチャイルド

    ひさかたチャイルド出版の絵本が好きなので選びました。絵も私の好きな黒井さんの作品だったので嬉しくなりました。ペンギンの夫婦がとても粋がピッタリでお互いを必要としていて協力し合うのが素晴しいと思いました。私もこんな夫婦になれたらいいなと思いました。素晴しいお母さんとお父さんに育ててもらえる子供は幸せ者だと思いました。

    掲載日:2010/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 皇帝ペンギンの子育て

    • 白ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    皇帝ペンギンのオスとメスが主人公です。
    仲良しの二羽が結婚し、子供を産み、厳しい環境の中で協力し合って子供を育てるお話。
    絵は可愛らしくリアルではありませんが、皇帝ペンギンの夫婦愛、とてもとても厳しい環境での子育てがしっかり描かれています。
    大人でも興味深く感じる絵本です。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きな絵本です

    小さい頃からずっと読んでもらっていました。
    本を整理しなくてはいけなくなった時も、この本だけは残してあります。
    絵もかわいいし、ペンギンの子育ての姿は、今見ても感動します。
    家族ってこうあるべきやなぁと思います。
    もうぼろぼろですが、自分の子供に読んであげたい大事な1冊、一生とっておくだろうと思います。

    掲載日:2006/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 過酷で厳しい環境での子育てをしなければならない皇帝ペンギン。南極が舞台です。どんなに厳しい状況下でも広い愛と温かい心に包まれれば大丈夫。そんなメッセージが伝わってきます。言葉易しい文章と温かい絵柄。どこか勇気も与えてくれそうです。

    掲載日:2006/04/30

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / スイミー 小さなかしこいさかなのはなし / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット