もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

かなちゃんがいっぱい」 ルートビアさんの声

かなちゃんがいっぱい 作:竹下 文子
絵:新野めぐみ
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1999年
ISBN:9784774604572
評価スコア 4.14
評価ランキング 21,488
みんなの声 総数 6
「かなちゃんがいっぱい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • そうであろう!

    私が学生の時、この絵本の作者、竹下さんの本をよく読んでいたので、
    つい絵本でも、竹下さんのお作をよく読んでしまいます。
    息子が気に入ってくれると、「やっぱり私の息子」と嬉しくなってしまいます。
    (彼は、ピンポンバスが大好きでした)

    かなちゃんが、おかあさんから、「パンにはジャムをつける?それともはちみつ?」と聞かれて迷っちゃいます。
    ジャムにする、と返事すると、となりから「はちみつ!」と声がするではありませんか。
    なんと、おんなじ顔、おんなじ服を着た、もう1人のかなちゃんがあらわれたのです。
    それからも、かなちゃんが迷うたびに、別のかなちゃんが現れます。
    寝る時間には、山のようなかなちゃん。
    さて、どうしましょう?

    明るい、ポップな絵が、子供心をくすぐりそうですね。
    ラストも素敵。
    「おかあさんだーいすき」という絵本は、読んでいるこちらとしても、
    「ほっほっそうであろう、そうであろう」と読んでいて嬉しくなります。
    お父さんには、ちょっと気の毒、かな?

    ただ、この絵本は女の子さん主役というわけで、息子はそこまでお気に入りにはなりませんでした。
    残念!

    投稿日:2006/07/23

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「かなちゃんがいっぱい」のみんなの声を見る

「かなちゃんがいっぱい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / はじめてのおつかい / いないいないばあ / ぐりとぐら / からすのパンやさん / こんとあき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット