おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

月火水木金銀土日 銀曜日になにしよう?」 てんぐざるさんの声

月火水木金銀土日 銀曜日になにしよう? 作:益田 ミリ
絵:平澤 一平
出版社:幻冬舎
本体価格:\1,500+税
発行日:2012年12月10日
ISBN:9784344023017
評価スコア 4.38
評価ランキング 10,053
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く
  • 面白い発想でした。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    この絵本では、「金曜日」と「土曜日」の間に『銀曜日』を入れたみたいですね。
    本当にはないこの『銀曜日』、特別なこのご褒美みたいな1日をどんな風に楽しく過ごそう!って、気持ちがいっぱい描かれていました。

    ニュアンスで「特別な日」というのは伝ってきましたが、なぜ『銀曜日』?と思って、ネットで検索してみたら、こんなお話が引っ掛かってきました。
    『銀曜日のおとぎ話』1983年ころから少女雑誌〔リボン〕で連載されていたマンガだそうです。
    概要を読んだら素敵な話でした。小人族と人間の交流の物語のようです。主人公の小人が銀曜日生まれという設定でした。
    もしかしたら、益田ミリさんもこのお話を知っているのでしょうか?(気になりますね)

    ひとり読みより、大勢で一緒に聞ける読み聞かせの方がお薦めです。
    この本を読んだ後に、聞いている子どもたちと、特別な『銀曜日』に、他にどんなことがしたいか、いろいろ意見を出し合うのも楽しいかもしれませんね。
    4,5歳くらいから低学年くらいのお子さんたちにどうぞ。

    掲載日:2013/06/30

    参考になりました
    感謝
    2

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「月火水木金銀土日 銀曜日になにしよう?」のみんなの声を見る

「月火水木金銀土日 銀曜日になにしよう?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

だるまさんが / ちょっとだけ / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット