新刊
ぐにゃぐにゃ わんわん

ぐにゃぐにゃ わんわん(偕成社)

0歳からのあかちゃん絵本!あかちゃんの耳が喜ぶ楽しいリズム

  • かわいい
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ようこそ こどものけんりのほん

ようこそ こどものけんりのほん(白泉社)

「子どもの権利」をイラストでやさしく学べる絵本

  • 学べる
  • 役立つ
  • ためしよみ

KHAKIMAM

ママ・40代・埼玉県、男9歳 男7歳 男5歳

  • Line

KHAKIMAMさんの声

51件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う ??勘違い??   投稿日:2004/03/18
おまえ うまそうだな
おまえ うまそうだな 作・絵: 宮西 達也
出版社: ポプラ社
ティラノサウルスとアンキロサウルスの赤ちゃんのお話。おまえうまそう。うまそうとは・・・・。三男に受けておりました。独特の絵なので好き嫌いはありますが。ちょっこっとした細かなところまで画かれています。文・絵・声?で笑ってください。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 声に出して読んでみて、使ってみて。  投稿日:2004/03/18
おっと合点承知之助
おっと合点承知之助 作: 齋藤 孝
絵: つちだ のぶこ

出版社: ほるぷ出版
私にしてはどうってない言葉でしたが子どもたちには新鮮で面白いと感じているようです。言葉は色々知っていて欲しいかなと思います。ただ上品な言葉とはいえないので・・・と言うことはありますが、1回は読んでみて、使ってみて楽しんで欲しい言葉です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う うんちはどうなるの?  投稿日:2004/02/20
こいぬのうんち
こいぬのうんち 作: クオン・ジョンセン
絵: チョン・スンガク
訳: ピョン・キジャ

出版社: 平凡社
子犬のしろがしたうんち。道にコロッと。きたねーの。と言われ・・・・。僕はきたない・・。悲しいうんち。でも、役に立っていたのです。・・・・でも、道に犬のうんちを置いていくのはダメですよね・・・・・。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あなたがうまれてとってもうれしい  投稿日:2004/02/20
あなたがうまれたひ
あなたがうまれたひ 作・絵: デブラ・フレイジャー
訳: 井上 荒野

出版社: 福音館書店
小さい子には少し難しいのですが、君が生まれてきてパパ・ママはもちろんのこと、地球いえ宇宙すべてが祝福してくれているんだよ。とってもうれしいんだ。という気持ちを子どもに言葉として投げかけてあげられる本でしょうか。大好きな子どもたちに読んで聞かせてあげて欲しい本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 泥んこで真っ黒?あなたはだあれ?  投稿日:2004/02/20
どろんこハリー
どろんこハリー 作: ジーン・ジオン
絵: マーガレット・ブロイ・グレアム
訳: わたなべ しげお

出版社: 福音館書店
お風呂嫌いで外で遊んでいるうちにぶちではなく真っ黒な泥んこでしろぶちに・・・・。この変身が子どもたちは何度読んでも喜んでいます。そして何でわからないの?と心配しながら・・。大好きな本です。昔に自分の読んでいる本は自然と子どもに読んであげる本に入ってきます。笑いながら、ちょっと心配しながら、楽しんでください。絵もとてもほのぼのしていてかわいく好きです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい うんち  投稿日:2004/02/20
ツーティのうんちはどこいった?
ツーティのうんちはどこいった? 作: 越智 典子
絵: 松岡 達英

出版社: 偕成社
森のなかのハナグマのツーティは自分のうんちがみんなのうんちがどこにいくのか?どうなるのか?何でみんなうんちするのに森はうんちでいっぱいにならないのか????を
探検隊で解決します。絵がとても綺麗ですし、うんちの話は子どもが好きで、また生態系の?知識もあり楽しいです。1回探して読んでみてください。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お茶目?なハリー  投稿日:2004/02/20
ハリーのセーター
ハリーのセーター 作: ジーン・ジオン
絵: マーガレット・ブロイ・グレアム
訳: わたなべ しげお

出版社: 福音館書店
おばあちゃんがつくってくれたセーター。でもハリーは自分の大好きな?ぶちが隠れてしまいます。あの手この手でセーターを離そうとしますがなかなか・・・。笑えるやり取りを繰り返しますが・・・とがっかりしたハリーにとりがセーターをほどいて持っていってしまいました。子どもたちとストーリーが楽しめ笑いまたやっぱりハリーはこうでなくっちゃとぴったりのセーターでまとまり、子どもたちもとてもうれしそうでした。おちゃめなハリーです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぎゅうぎゅうじゃない?入れるの?  投稿日:2004/02/17
てぶくろ
てぶくろ 作: (ウクライナ民話)
絵: エウゲーニー・M・ラチョフ
訳: 内田 莉莎子

出版社: 福音館書店
おじいさんが落とした片方のてぶくろと森の動物たち。えっ!だめ、やぶけちゃう!むり!のびちゃう!・・・・そにうちに子どもは、大丈夫だよね入れるよ。仲良くね。静かにね。・・・・・。なんだか現実では起き得ないことですが子どもたちはどんどん引きつられていってしまう本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う しあわせとは?  投稿日:2004/02/16
100万回生きたねこ
100万回生きたねこ 作・絵: 佐野 洋子
出版社: 講談社
難しい話かと思うのですが、5歳の息子は読んでもらうのが好きです。何回も何回も読んで読んでという絵本でしょうか?幸せとは・・・・。素敵なお話です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かさぶたって知ってる?  投稿日:2004/02/16
かさぶたくん
かさぶたくん 作・絵: 柳生 弦一郎
出版社: 福音館書店
ころんだりちょっとした時に出来てしまうかさぶた。出来方から最後に治るまでを知識を織り交ぜながら楽しく読ませてくれます。子どもが知ってるかさぶた。楽しいですよ。
参考になりました。 0人

51件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット