なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  本を読むこと、書くことの楽しさを伝える絵本!「としょかんねずみ」シリーズ 渡辺鉄太さんインタビュー

本を読むこと、書くことの楽しさを伝える絵本!「としょかんねずみ」シリーズ 渡辺鉄太さんインタビュー

図書館が舞台の絵本『としょかんねずみ』を読んだことがありますか。2012年に日本で初登場以来、子どもたちに大人気となった「としょかんねずみ」シリーズ。現在4巻まで刊行され、1巻目の『としょかんねずみ』は2015年改訂の教科書(東京書籍3年)にも紹介されています。 このたび、シリーズ最終巻となる5巻目が2015年9月に発売されるとお聞きして、最終巻を訳し終えたばかりの渡辺鉄太さんにおはなしをうがかいました。 シリーズを通した絵本の魅力、翻訳秘話、そしてオーストラリア在住の渡辺鉄太さんの暮らしぶりなどたっぷりと語っていただきました。最新刊を心待ちにしている「としょかんねずみ」のすべての読者、絵本ナビユーザーの皆さんへのメッセージをお楽しみくださいね。

としょかんねずみ
としょかんねずみの試し読みができます!
作:ダニエル・カーク
訳:わたなべ てつた
出版社:瑞雲舎

サムは図書館にすむねずみです。本を読むのが大好きで、とうとう自分でも本を書き始めました。書き終わった本を図書館の棚に並べたところ大人気になりました。本を読んだ人たちが「この作家に会いたい!」と言い出したから、さあ大変! 本を読むこと、書くことの素晴らしさを伝える傑作絵本。

絵本ナビユーザーのこえ
● 本好きのサムの気持ちがわかる〜と息子は言っていました。そして、サムってスゴイんだよ! 本を書けるんだよ!って興奮してました。
● 絵本を読む素晴らしさ、絵本を描く素晴らしさを改めて感じさせてもらった、そんな絵本でした。
● これから娘と一緒に、自分だけの絵本を作りたいと思います。

としょかんねずみ2 ひみつのともだち
としょかんねずみ2 ひみつのともだちの試し読みができます!
作:ダニエル・カーク
訳:わたなべ てつた
出版社:瑞雲舎

サムが書いた本は大人気になりましたが、まだ誰もサムの正体に気がついていません。 ところがサムがねずみであることを知った少年がいました。彼は、サムと一緒に本を作ろうと思うのですが…。ちょっと勇気を出して、誰かと友達になって一緒に何かできると楽しいよ、と語りかけてきます。

絵本ナビユーザーのこえ
● 本を書くのが好きなサムが男の子と秘密のやり取りをしているシーンがとっても気に入っていて、自分の行っている図書館にもサムみたいなネズミがいないかな〜って言っていました。
● おはなしの中に有名な絵本がたくさん登場するのも、楽しみのひとつ。今回も『おやすみなさいおつきさま』や『3びきのコブタのほんとうの話』など、大好きな絵本をみつけ、大興奮でした。
● 親子でドキドキしながら読み進めました。

としょかんねずみ3 サムとサラのせかいたんけん
としょかんねずみ3 サムとサラのせかいたんけんの試し読みができます!
作:ダニエル・カーク
訳:わたなべ てつた
出版社:瑞雲舎

としょかんねずみのサムは、ある晩サラという探検家のねずみに会いました。サムは、本を読んだり調べたりするほうが好きなのに、活発なサラはサムを本物の探検に連れ出そうとします。自分で体験することは、本を読んだり書いたりするのと同じように楽しいのだと伝えます。

絵本ナビユーザーのこえ
●サラの行動力にサムの知識がくわわって、最強のコンビになりそうな予感がします。
●長女は怖がりのサムのようなので、「サラちゃんすごいなー」と感心していました。

ただ今「としょかんねずみ」シリーズをご購入いただくと、特集を記念してオリジナルポストカード3枚が付いてきます。

としょかんねずみ4 はくぶつかんのひみつ
としょかんねずみ4 はくぶつかんのひみつの試し読みができます!
作:ダニエル・カーク
訳:わたなべ てつた
出版社:瑞雲舎

サムとサラは、図書館の隣にある博物館へ探検に行くことにしました。サムは図書館の外へ出かけるのは初めてのことです。夜の博物館でサムとサラを待っていたものとは?一歩外へ踏み出すことで新しい出会いがあるんですね。絵を隅々まで見てください。博物館の秘密、たくさんありますよ。

絵本ナビユーザーのこえ
●我が家の娘たちは、としょかんねずみシリーズが大好きで、1巻からずっと読んでいます。新刊がでたと知ってとても喜んでいました。
●娘も読み終わって、「やっぱり面白いわ」とつぶやいていました。まだまだ続編がよみたいシリーズです。

本を読むことや書くことの楽しさ、そして友だちと一緒に分かち合い、知識を体験することの大切さを教えてくれるこのシリーズ。子どもたちだけでなく、大人も夢中になってしまうようです。その秘密は一体どこにあるのでしょうか。

───待望の最新刊が、実は最終巻になるとお聞きしてびっくりしました。「としょかんねずみ」シリーズ完結となる、5巻目を訳し終えて、今のお気持ちはいかがですか。

1巻目『としょかんねずみ』の翻訳を始めたのが2011年のことなので、5冊目をやり終えた今は、それから もう5年になります。時がたつのは早いものですね。つくづく、絵本の仕事は気の長い仕事だと感じています。

───絵本ナビでも、たくさんのユーザーからレビュー投稿があり、シリーズを通して「としょかんねずみ」の世界を楽しんでいる親子が多いです。読者からの反響についてどう思われますか。


シリーズを続けて読んで下さる方がたくさんいることを心から嬉しく思います。本当のファンですね。子ども時代に読んだ本は一生の宝ですから、 とても光栄です。同時に、良い仕事をしないといけないという責任も感じています。


───やっぱり、どうしても気になってしまいます。まだ秘密だと思うのですが、最新刊のみどころをちょっぴり教えていただけますか。

これまでの物語とはやや趣が違うかもしれません。テーマも新しいし。 一読すると、「あれ?」って思うかもしれません。でも、もう一読、あるいは二読、三読すると、必ずしや、「なるほど!」って納得する事と思います。

───それは余計に気になってしまいます。9月まで待ちきれません。(笑)
最新刊をわくわくしながら待っている子どもたちに、メッセージをいただけますか。

楽しみにしていてください。 期待は裏切りませんよ!


次のページでは、翻訳作業の裏側からみた「としょかんねずみ」の物語や絵に隠された秘密についてたくさんお聞きしています。>>>

出版社おすすめ



怪盗ルパンとのはじめての出会いにも!厳選の名作短編
【4歳】絵本ギフトセット

渡辺 鉄太(ワタナベテツタ)

  • 1962年東京生まれ。大学勤務を経て、子どもの本、ことばや文化についての著述と翻訳に専念している。異文化社会での子育てについて『緑の森のバイリンガル』(三修社)、児童文学の翻訳には『クマと仙人』(父・渡辺茂男と共訳、のら書店)、「としょかんねずみ」シリーズ(1から5巻、瑞雲舎)、 『まきばののうふ』(福音館書店)、創作絵本には『やぎのアシヌーラどこいった』、『ポッサムおちた』、『コアラのクリスマス』(いずれも加藤チャコ画、福音館書店)などがある。「メルボルンこども文庫」主宰。妻の加藤チャコとの間には一女一男がある。オーストラリア・メルボルン近郊のダンデノン山在住。

ダニエル・カーク

  • 1952年アメリカ・オハイオ州生まれ。現在はニュージャージー州グレン・リッジに妻と末の息子(大きな息子2人は、世界探検中)、それからサムとサラのように冒険好きなウサギといっしょに住んでいる。
    『としょかんねずみ』シリーズは世界中で大人気。
    書評やブックリストで”傑作”と評されました。

作品紹介

としょかんねずみ
としょかんねずみの試し読みができます!
作:ダニエル・カーク
訳:わたなべ てつた
出版社:瑞雲舎
としょかんねずみ2 ひみつのともだち
としょかんねずみ2 ひみつのともだちの試し読みができます!
作:ダニエル・カーク
訳:わたなべ てつた
出版社:瑞雲舎
としょかんねずみ3 サムとサラのせかいたんけん
としょかんねずみ3 サムとサラのせかいたんけんの試し読みができます!
作:ダニエル・カーク
訳:わたなべ てつた
出版社:瑞雲舎
としょかんねずみ4 はくぶつかんのひみつ
としょかんねずみ4 はくぶつかんのひみつの試し読みができます!
作:ダニエル・カーク
訳:わたなべ てつた
出版社:瑞雲舎
全ページためしよみ
年齢別絵本セット