日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?の試し読みができます!
作・絵: 浜田 桂子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?
みっとーさん 30代・ママ

とてもいい絵本でした
8月に保育所で紹介されていた絵本です。…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
暴力は絶対だめ!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

暴力は絶対だめ!

著者: アストリッド・リンドグレーン
訳: 石井 登志子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年08月06日
ISBN: 9784000247894

一般
B6判・上製・カバー・40頁

出版社からの紹介

 「子どものしつけに暴力はいらない」――『長くつ下のピッピ』を生んだ児童文学作家リンドグレーンは、1978年にドイツ書店協会平和賞授賞式で力強く訴えました。その提言は世論を動かし、スウェーデンでは世界ではじめて子どもへの体罰を禁止する法律を定めるきっかけにもなりました。

 このたび、その歴史的スピーチが小さな本になりました。40ページにも満たない短い本ですが、そのメッセージは子どもとかかわる方々の胸にきっと響き、お父さん、お母さんにとっては子育てのヒントにもなるかもしれません。

 カバーの装画は2005年にアストリッド・リンドグレーン文学賞を受賞された荒井良二さん。荒井さんが愛情をこめて、素敵なピッピを描いてくださいました! ピッピが生まれて70年でもあり、また戦後70年でもあるこの夏、子どもにとっての平和を考える手がかりになる一冊です。

ベストレビュー

大人が読むべき本!

「長くつ下のピッピシリーズ」「やかまし村シリーズ」,我が家の小学校2年生の娘も大好きです。
リンドグレーンさんは本当に子供心を描くのが上手で,そして子供の心をつかむのも素晴らしいです。
その根底にはこういう気持ちと考えがあったことに,子育てする親として,また大人として,感動しました。
自分の子育て,親としての勝手なエゴや親目線を反省させられました。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アストリッド・リンドグレーンさんのその他の作品

やかまし村の春夏秋冬 / 名探偵カッレ城跡の謎 / やかまし村の子どもたち / ピッピ南の島へ / ピッピ 船にのる / 決定版 長くつ下のピッピの本

石井 登志子さんのその他の作品

リーサの庭の花まつり / リンドグレーンの戦争日記 / ひみつのいもうと / こんにちは、いたずらっ子エーミル / リンドグレーンと少女サラ 秘密の往復書簡 / 雪のおしろへいったウッレ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

暴力は絶対だめ!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット