新刊
魔女からの手紙

魔女からの手紙(ポプラ社)

カスレちゃんという魔女にとどいた20人の魔女からの手紙。著名な画家陣が魔女のイメージで描いた絵に角野栄子が手紙文をつけた注目の絵本。

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
おでかけ版ボードブック こちょこちょあそび

おでかけ版ボードブック こちょこちょあそび

  • 絵本
作・絵: きむら ゆういち
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥780 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2015年10月
ISBN: 9784031241908

0歳から
<ボードブック>17cm×15cm/29ページ

みどころ

『ごあいさつあそび』からはじまったロングヒットシリーズ、「あかちゃんのあそびえほん」。
本書はその“おでかけ版”。ミニサイズのボードブックです。

子どもたちがだーいすきな“こちょこちょあそび”。
そうっと近づいてこちょこちょこちょ!
くびのうしろをくすぐられたことりのピイちゃん、きゃははははと大笑い。
ねこのミケは背中をくすぐられてにゃはははははとへんな顔で笑い。
他にもまだまだ出てきますよ。
ゆうちゃんだってくすぐられたら……!?

しかけページをめくると、くすぐられた子が笑顔になります。
お子さんに読んであげながら、絵本のなかの子をこちょこちょ。
隣で絵本をのぞきこむお子さんをこちょこちょ。
本書を読むことで自然に、みんな笑顔になっちゃう“くすぐりっこ”を楽しめるんです。

ミニサイズのボードブックは角が丸く、1・2歳でも安心。
何より、破けずじょうぶです!
しかけページも何度でもめくらせてあげてくださいね。
さあ、こちょこちょの準備はいいですか?
こちょこちょ〜〜!
「ああ、おもしろかった!」「またあそぼうね」で終わる楽しい絵本です。

きむらゆういちさん作、「あかちゃんのあそびえほん」シリーズ誕生は1988年。
本を読んであかちゃんが笑った!という声が多数寄せられ、世代を超えてファーストブックの定番絵本となりました。
本書はシリーズの中でも特に、出来たとき「ついにやった!」と作者が感じたという作品。
“こちよこちょあそび”を通じた親子のスキンシップ、愛情の確認は、幼い子たちの心の栄養そのものです。
ぜひ本棚に加えてくださいね。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

ベストレビュー

楽しいしかけ絵本

楽しいしかけ絵本シリーズ!
まだ話さない子も楽しそうに絵本を持ってきたり、しかけをめくっています。
やっぱりこどもをこちょこちょしたくなります。レッツコミュニケーション!
ボードブックは丈夫なのも魅力ですね。
みんなをこちょこちょしていたゆうちゃんが…というラストも良いです。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子5歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

きむら ゆういちさんのその他の作品

ごはん のこすな / そとで あそべ / てあらいできるかな / わんわんバス / きりん りんりん / 花のすきなおおかみ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > おでかけ版ボードブック こちょこちょあそび

【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

おでかけ版ボードブック こちょこちょあそび

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット