オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
クッチーナママさん 40代・ママ

映画デビュー
インパクトのある表紙の絵に惹かれて手に…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ランカ にほんにやってきたおんなのこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ランカ にほんにやってきたおんなのこ

  • 絵本
作: 野呂 きくえ
絵: 松成 真理子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り4

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2020年03月19日
ISBN: 9784034351505

小学低学年
230mm×250mm 32ページ

みどころ

ちょっと想像してみてください。
全然知らない国の、知らない学校に、初めて向かい合う時のことを。
知らない言葉で話す、知らない子ばかりの教室の席にすわっている時間のことを。

ランカは遠い国から日本の小学校にやってきた10歳の女の子。
足がガクガク、息がとまりそう。
まるで、地球にひとりぼっちの気分……。

日本の小学校は不思議なことだらけ。
玄関で靴をはきかえたり、体育の時は同じ服に着替えたり、給食があったり。
一生懸命となりの席の子の真似をするけど、目がまわりそう。

ああ、自分の国にいた頃みたいに、木に登って遊びたいな。
ランカが学校の校庭にあった大きな木に登りはじめると、誰かが足を引っぱった!
どうしてそんなことするの!?


松成真理子さんの描く、優しい色彩と表情で展開されていくこの絵本。ランカがどこの国の子かはわかりません。だけど、ランカの目線になってみると、その不安が痛いほどよく伝わってきます。言葉がわからないことはもちろん、気持ちを伝えられないっていうことが、どれだけ子どもたちを心細い気持ちにさせているのか。コミュニケーションを困難にしているのか。クラスメイトの男の子だって、実は同じ気持ちになっていたのです。

この物語を書いたのは、実際に日本語が母語ではない子どもたちの学校に出向き、25年も日本語を教えて続けられている野呂きくえさん。目的は、その子がクラスメイトと教室で一緒に学べるようになること。そして、一番大切にしているのは、その子が楽しんでいるかということなのだそう。そうやって、誰かが一人でも気にかけてくれていたなら、どれだけ心強いことでしょう。言葉を超えたところで通じ合う子どもたちの姿に大切なことを教えられるようです。

この絵本は、言葉のわからない子どもを受け入れる側である、日本の子どもたちに向けて描かれたもの。ですが、日本語を学び始めの子にも読めるよう、すべてひらがなの文章になっています。多くの子どもたちが、この絵本を通してクラスメイトと笑いあえる日がくることを願わずにはいられません。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ランカ にほんにやってきたおんなのこ

ランカ にほんにやってきたおんなのこ

出版社からの紹介

主人公のランカは、花や緑あふれるふるさとの国から日本にやってきた10歳の女の子。日本語はまったくわかりませんが、日本の小学校に入ることになりました。下駄箱で靴を履き替えたり、体操服に着替えたり、給食があったり……と、ランカが行っていた学校とはちがう毎日にランカは一生懸命ついていこうとするのですが、ある日、ふるさとを思い出して木登りをしたとき、クラスメイトの男の子に足をつかまれて、「なんでひっぱるの」の思いで胸がいっぱいになり、泣き出してしまいます。するともう一人泣きだした子がいました。足をつかんだ男の子です。二人はまだ言葉は十分に分かりあえませんが、このとき、なにかがランカに伝わりました。
主人公ランカのふるさとがどこの国かは明示していません。この絵本は受け入れる側にいる日本のこどもたちに届けたい一冊ですが、日本語を学び始めの子にも読めるよう、文章はすべてひらがなにしています。

ベストレビュー

ポケモントレーナーみゆき×外国からきた転校生

ポケモントレーナーみゆきです。
この本は、サブタイトルに書かれていた内容が気になり読んでみよう!と思って手に取った1冊です。

ランカは外国から日本にやってきた小学生の女の子です。
ランカが色んなことを思い、考え、葛藤しながらでも少しずつ前に進んでいくお話です。

言葉が通じなくても、文化がちがっても、共通する想いがあり、そういうものは時としてぶつかることで伝わることもある。
純粋な子どもたちが織りなす素敵な物語です!

こころが暖かくなる1冊、是非楽しみながら読んでみてください♪
(ポケモントレーナーみゆきさん 20代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松成 真理子さんのその他の作品

さくらの谷 / 紙芝居 ひらひら ホッホロ / きんぎょすくいめいじん / 紙芝居 あしたも あそぼう / ハニーのためにできること / どうぶつのかぞく ペンギン はらぺこペンギンのぼうけん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > ランカ にほんにやってきたおんなのこ

中川ひろたかさん、まるやまあやこさんインタビュー

ランカ にほんにやってきたおんなのこ

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット