話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
さかなくん

さかなくん(偕成社)

水の外の小学校に通うには、準備がいります。

  • かわいい
  • ためしよみ
ニマと おにばば

ニマと おにばば

  • 絵本
作: ピエール・ベルトラン
絵: チェン・ジャンホン
訳: 平岡 敦
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥2,200

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年11月11日
ISBN: 9784198651855

3〜5歳
280mm×285mm 40ページ

出版社からの紹介

シュッ、シャ…。
ぶきみな音で目がさめたニマ。
台所にそっと近づき、のぞいてみると…?


勇気を出しておにばばと戦い、
お寺をすくった少年僧を描く、
ヒマラヤを舞台にした心に迫る物語。

昔、ニマという男の子が、
高い山のつらなるヒマラヤのお寺で
修行していました。
ある日、大切な井戸の水がかれ、
ニマは歩いて一日かかる泉まで、
水をくみにいくことに。
和尚さまはニマに、泉のそばでは
旅人を食うおにばばが出るから
気をつけるように、といいます。
そしてニマは、何かあったら思い出しなさい、
と和尚さまが言った仏の言葉を胸に、
旅に出て…?

ベストレビュー

自分を信じておそれず立ち向かうものは

黒い背景の、迫力あるイラストに惹かれ、手に取りました。
ヒマラヤ山麓の寺に暮らす、少年僧ニマの物語。
井戸が枯れてしまったので、ニマは和尚様に教えてもらった泉へ水を汲みにい気ます。
しかしそこには、人を喰うおにばばが住んでいるのです。
「自分を信じておそれず立ち向かうものは、誰よりも強い」という仏の教えを思い出しなさい。
という和尚様のセリフが心に残りました。
日本の昔話3枚のお札に似たお話でした。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子14歳、男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


チェン・ジャンホンさんのその他の作品

小さなサンと天の竜 / ロンと海からきた漁師 / ハスの花の精リアン / この世でいちばん すばらしい馬 / ウェン王子とトラ

平岡 敦さんのその他の作品

ルブラン ショートセレクション2 怪盗ルパン さまよう死神 / 黄色い部屋の謎【新訳版】 / エーメショートセレクション 壁抜け男 / 岩波少年文庫 地底旅行 / ゾラ ショートセレクション 猫の楽園 / 3つ数えて走りだせ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > ニマと おにばば

「プラチナブック」新入り絵本を紹介【ブランニュープラチナブック】

ニマと おにばば

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット