新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
ぼくの! わたしの! いや、おれの!

ぼくの! わたしの! いや、おれの!

  • 絵本
作: アヌスカ・アレプス
訳: ふしみ みさを
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年09月29日
ISBN: 9784776410188

3〜5歳
282mm×225mm 32ページ


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

みどころ

ジャングルにすむ、くだものが大好きな5とうのゾウ。ある日、高い枝にたまらなくおいしそうなくだものがなる、めずらしい木を見つけます。「ぼくがいただき!」みんなその実を自分のものにしようと悪戦苦闘。息を吹きかけたり、飛んでみたりと、それぞれいろんな方法を試みます。

実はその横で、小さい5ひきのネズミたちが、力を合わせその実に近づこうとしています。ゾウたちがことごとく失敗して、ついにケンカになったその時、ネズミたちは実をとることに成功するのです。ネズミさんの一言で、その手があったか!と気がつくゾウたち。そのうれしい気持ちの変化に、見ているこちらもほっこりしてきます。

作者アヌスカ・アレプスさんは、スペイン育ちの絵本作家さん。この絵本が、ご自身のデビュー作です。日本で翻訳されている作品は、先に出版された『くさをたべすぎたロバくん』に続いて2作目。どちらも訳者は、人気の翻訳家ふしみみさをさんです。リズムの良い軽やかな文章は、おしゃれでキュートなイラストと相性抜群。子どもも大人も楽しく読める作品になっています。

(出合聡美  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

ジャングルにすむゾウたちはくだものがだいすき。
あるとき、たかい木のうえに
とってもおいしそうなくだものが
なっているのをみつけました。
みんなそれぞれ、なんとかして
とろうとするのですが……。

ゾウたちを尻目に、ちっちゃなネズミたちが
せっせ、せっせと目標のくだものめざし
みんなでくだものを手に入れます。
「みんなで?」と気づくゾウたち。
一緒に行動しているようで
実はまわりの存在に気づいてなかったー!?

単純だけどユーモラス、イラストも楽しく
読み聞かせにもぴったりです。

ベストレビュー

ねずみさんたちがすごい!

これは、日常でもよく見かける光景

表紙野ねずみ?らしきものたちのことかな?
と、思ったら
主役は、ぞうさんたちなんです
でも、このねずみさんたちが、小さく描かれているんです
このねずみさんたちが
どうしたらいいか
何が大切か
気づかせてくれます

絵の表情や構図とか、おもしろく、センスがあるな〜と
思います

ぞうさん5頭いるのですが
1頭は、飛んでいったまま・・・
食べれるのかな・・・って
でも、ちゃんと、オチがあって

おもしろ〜い
ねずみさんたちのやさしさ、協働する力が素敵
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アヌスカ・アレプスさんのその他の作品

くさをたべすぎたロバくん

ふしみ みさをさんのその他の作品

ぞうになったうそ / わくわく どうぶつ しょうがっこう / うみさちひこ やまさちひこ / いなばのしろうさぎ / もみのきむらの クリスマス / フンコロガシといしころ ころころころころうみへいく


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > ぼくの! わたしの! いや、おれの!

『たんぽぽのちいさいたねこちゃん』なかやみわさんインタビュー

ぼくの! わたしの! いや、おれの!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット