季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

ゆうちゃんとへんてこライオン

ゆうちゃんとへんてこライオン

  • 絵本
作・絵: 長 新太
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,260 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ゆうちゃんとへんてこライオン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1995年11月
ISBN: 9784097274025

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ゆうちゃんが出会ったライオンは“おとぼけ”ライオン。楽しい「へんてこライオン」の女の子編。

本好きの子どもを育てる月刊誌「おひさま」から生まれた『おひさまのほん』シリーズ。第一線で活躍する人気作家のお話や個性豊かなイラストは、お子さんの読み聞かせはもちろん、親子でも十分楽しめる内容です。バラエティーに富んだお話を3カ月ごとに一冊ずつ刊行していきます。

ベストレビュー

へんてこライオン ゆうちゃん編

 へんてこライオン、今度はゆうちゃんとと出会います。『しんくんとへんてこライオン』ではしんくんとライオンはちょっと距離を置いているような雰囲気がありましたが、ゆうちゃんにはしっぽでコチョコチョとくすぐったり、「いっしょにうみへいこうよ」なんて言ったりしていますよ。アプローチの仕方が違うのね。
 
 最後のお話がいいんです。「これからさきはあぶないよ」と、ロープウェーに変身。で、「ほんとうは、とてもこわいの」なんてブルブル震えてる。その情けない表情といったら! へんてこライオン、好きになっちゃいました。

 しんくん編では青と緑が基調でしたが、こちらはピンク。おなじみの「長新太色」です。どちらも素敵ね。
(ゆうたのーとさん -・絵本紹介サイト )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長 新太さんのその他の作品

クレヨンぞうさん / はねるのだいすき / 3さいだもん 新版 / ぼくの すきな おじさん / ひとりぼっちの動物園 / ダッテちゃん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > ゆうちゃんとへんてこライオン

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

ゆうちゃんとへんてこライオン

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.22

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット