話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
さっちゃんとクッキー

さっちゃんとクッキー

  • 絵本
作: わかやま けん
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

税込価格: ¥770

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「さっちゃんとクッキー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2013年05月
ISBN: 9784772102148

3歳から
17.5×17.5cm 24ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

さっちゃんはおなかがすいています。
きょうは日曜日。おかあさんはお出かけです。
さっちゃんは3時のおやつを探して、おとうさんと冷蔵庫や戸棚をのぞきますが、なんにも見つかりません。

さっちゃんはおとうさんとクッキーをつくることにしました。
「こなはあそこよ。おさとうはこっち」
何がどこにあるかちゃあんと知っているさっちゃんは、おとうさんと一緒に材料をととのえクッキーをつくりはじめます。
・・・と、そこへ、「さっちゃんあそぼう」
友達のたっちゃんがやってきました。
たっちゃんも一緒にクッキーをつくります。
たっちゃん、がんばってこなをかきまぜますよ。
(あ、この場面、「しろくまちゃんのほっとけーき」の1シーンにそっくり。こなはふわふわ、ボールはごとごと、だれかボールをおさえてて・・・と口ずさみたくなります)

個人的に好きな絵は、さっちゃんがちょっと身をかがめたおとうさんのエプロンのひもを結んであげるところ。そして、焼き上がった特大のうさぎさんクッキーと怪獣クッキーを手にした、さっちゃんとたっちゃんの笑顔!

実はこの本、「こぐまちゃんシリーズ」作者のわかやまけんさんが1970年代に描いた絵本の復刊なのです。
懐かしいようなかわいらしい絵柄、やさしそうなおとうさん、クッキー作りの楽しさが伝わってくるほのぼのした展開。ちっとも40年近く前に描かれたという年月を感じさせません。
昔もいまも、何てことない日が、クッキー作りであっというまに素敵な日に早変わり!しちゃうんですよね。
そんな魔法を感じる本。
日曜日、お留守番のパパやママや子どもたちにぜひ読んでほしいな。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

さっちゃんとクッキー

出版社からの紹介

お母さんのいない休日、さっちゃんはお父さんとクッキーを焼くことに。ちょうど遊びに来たたっちゃんも手伝い、それぞれウサギや恐竜の大きなクッキーを作って…。「こぐまちゃんえほん」シリーズの作者が、子どもの日常に起きるドラマを描きます。76年刊の改訂新版。

ベストレビュー

特大のうさぎさんクッキーと怪獣クッキー

日曜日にどこかにお出かけすることばかり考えてしまう私ですが、さっちゃんのおとうさんのように、クッキー作りもいいなあと思いました。お揃いのエプロンも素敵だし、ほのぼのとして素敵な日曜日になったなあと思いました。たっちゃんが遊びに来て、たっちゃんは、特大の怪獣クッキーを作れたし、さっちゃんは、特大のうさぎさんクッキーを作れたし、二人のとびっきりの笑顔も素敵でした!クッキーが食べたくなりました。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


わかやま けんさんのその他の作品

しろくまちゃんのほっとけーき 夢のふくふくセット / たっちゃん むしばだね / たっちゃんのながぐつ / さっちゃんとあかちゃん / てんじつき さわるえほん こぐまちゃんとどうぶつえん / てんじつき さわるえほん しろくまちゃんのほっとけーき


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > さっちゃんとクッキー

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

さっちゃんとクッキー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット