新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
ふゆの おくりもの

ふゆの おくりもの

作・絵: 稲田 務
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥429

「ふゆの おくりもの」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年

出版社のおすすめ年齢:5・6歳〜
かがくのとも 2006年1月号

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

冬が始まると、朽ちれた木々のなかに昆虫たちがもぐりこみます。家々では、根雪をほって野菜を保管する室をつくります。人々も、生き物たちも冬を越すためにさまざまな工夫をします。やがて、本格的な冬を迎え……。冬の贈り物・雪がもたらす恵みを、生き物たちの営み、人々の暮らしをとおして詩情豊かに描きます。

ベストレビュー

北国のぬくもり

寒さの中にも、北国のぬくもりが感じられる絵です。真っ白な雪景色なのに、日本の情景が目に浮かぶのは、私が心の中でふるさとを思っているからでしょうか?娘にとっては、単純に「虫の本」。雪の中に生きる虫たちを見つけて喜んでいます。雪は、すてきな冬の贈り物・・・人々にも、小さな生き物たちにも、自然の恵みを与えてくれるんですね。
(ガーリャさん 30代・ママ 女の子3歳)

関連記事

出版社おすすめ

  • ふゆごもりのネム
    ふゆごもりのネムの試し読みができます!
    ふゆごもりのネム
    出版社:世界文化社 世界文化社の特集ページがあります!
    森のシェアハウスが舞台の心あたたまる、冬の一夜のファンタジー。「自立」と「共生」がテーマの成長物語!



編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

ふゆの おくりもの

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら