新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
眠り猫 講談えほん

眠り猫 講談えほん

  • 絵本
作: 宝井 琴調
絵: ささめや ゆき
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,210

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年04月16日
ISBN: 9784834086034

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
212mm×166mm 40ページ

この作品が含まれるシリーズ

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

江戸の昔、左甚五郎という世にもまれな彫り物師がいた。上野寛永寺の鐘付き堂に彫った龍が、夜な夜な柱を抜け出して不忍池の水を飲む、と大騒ぎになるほどの名人だった。その腕を見込まれて、日光東照宮に猫を彫ることになった甚五郎だったが、なぜかぶらぶら歩き回ってばかりで一向に仕事にかからない。ある日、お百姓の家の庭先を通りかかった甚五郎は、ある光景を目にして「これだ!」とひらめいた……。

ベストレビュー

主題が難しいかも

大人には馴染みの深い、日光東照宮の眠り猫、そしてその作者の左甚五郎。
彼が眠り猫を彫るまでの話が描かれています。
現物を見た事があったり、史実として知っている大人としては、昔話を読んでいるような面白さがあるのですが、まだ見た事のない子供には、内容がイマイチ伝わりにくかったようです。
勧善懲悪だとかとんち話という訳ではなく、偉人伝のようなお話なので、分かりにくかったのかもしれません。

でも歴史を学ぶようになれば、面白さが分かるのではないかと思う一冊です。
(hime59153さん 40代・ママ 男の子10歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

858円
858円
858円
858円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

3,080円
2,640円
715円
550円

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

眠り猫 講談えほん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら