新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
話題
移動するものたち

移動するものたち(小学館集英社プロダクション)

谷川俊太郎さん推薦! 黒い夜の森を捨て、旅に出る動物たち……移民の旅の現実を描くサイレント絵本

  • 泣ける
  • 学べる
としょかんは どこへ? ー ニューヨークの としょかんに いる 2とうの ライオンの おはなし
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

としょかんは どこへ? ー ニューヨークの としょかんに いる 2とうの ライオンの おはなし

  • 絵本
作: ジョシュ・ファンク
絵: スティーヴィ・ルイス
訳: 金柿 秀幸
出版社: イマジネイション ・プラス

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

絵本ナビ在庫 残り5

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2021年07月26日
ISBN: 9784909809315

261mm×263mm 40ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

世界でもっとも美しく有名な図書館の一つニューヨーク公共図書館。2019年はこの図書館のドキュメンター映画も公開されました。この図書館を舞台とした絵本で、入り口で図書館を守る役割をしている2頭のライオンのお話です。今回は夜の図書館に忍び込んでみると子どもの本の部屋がなくなっていて、2頭がニューヨークの街へ大好きな絵本を探す旅に出るのです。前作に続き面白いお話を探して伝えるこの絵本を絵本ナビCEOの金柿秀幸さんが翻訳を手掛けます。

ベストレビュー

周辺も魅力的

『WHERE IS OUR LIBRARY』が原題。
『あいぼうはどこへ?』の続編でしょうか。
ニューヨーク公共図書館の入り口にいる彫像ライオン、
フォーティテュードとペイシェンスのエピソード。
夜中に、図書館の子どもの本の部屋に忍び込んだ2頭はびっくり。
さあ、全部なくなった絵本の行方の探索が始まります。
近所を探し回るということで、図書館の周りの名所を巡る筋立てはさすがです。
タイムズスクエア、セントラルパーク動物園、不思議の国のアリス像、アンデルセン像など、
まあ、なんて魅力的なんでしょう。
図書館もいっぱいで、図書館好きにはたまりません。
夜明けとともに、後ろ髪ひかれながら渋々定位置に戻る2頭が目にしたのは、
なるほど、ね。
ニューヨーク公共図書館、行ってみたくなりました。
(レイラさん 50代・ママ )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,760円
1,760円
1,078円
1,430円
1,760円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

10,780円
2,420円
1,100円
1,100円

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

としょかんは どこへ? ー ニューヨークの としょかんに いる 2とうの ライオンの おはなし

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら