新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

いのちの水 ブルガリアの昔話

いのちの水 ブルガリアの昔話

  • 絵本
作: 八百板 洋子
絵: ベネリン・バルカノフ
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥1,430

「いのちの水 ブルガリアの昔話」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2022年04月15日
ISBN: 9784834086560

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
266mm×193mm 40ページ

この作品が含まれるテーマ

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

永遠のいのちが得られる水を探し旅立った、三人の王子。勇敢な末の王子はドラゴンの親子や銀の魚、金の鳥を助け、水がある城にたどりつきます。そこで美しい水の精に水を授けられますが、兄たちに水を奪われます。失意の王子を助けにきたのは、金の鳥でした―。八百板洋子さんが現地で直接語り部から聞いた、ブルガリアで特に人気がある昔話です。現地を代表する絵本作家が描き下ろしたファンタジックな絵と共にお楽しみください。

ベストレビュー

ブルガリアの昔話

再話された 八百板洋子さんは 語りで聞かれた話だそうです

私も語りをよく聞いたり 語ります

この話は王様が三人の王子を呼んで いのちの水を見つけてきたものにこの国を譲ると旅に行かせるのです

右は生きて戻れない道とあり 末の王子が行くのですが・・・
そこでドラゴンに出会い ドラゴン親子を助けるのです
お礼に銀のうろこをもらい 
 
銀の国で魚を助け  金の国へ 金の鳥を助け 金のうろこをもらい
大理石の城へ そこの城にいたいのちの水の精の姫にで会います

ところが 二人の兄の王子たちが末の王子を裏切るのです

お話のラストは 水の精の姫と末の王子がめでたく結ばれます
王様も 二人の王子が末の王子を裏切ったのを知り怒り
国から追放します
めでたしめでたしの昔話です
絵がブルガリア人の方で うまく描かれています

語りで聞けたら嬉しいですね 
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

2,420円
3,850円
1,375円
1,210円
880円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

880円
5,390円
1,980円
638円

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

いのちの水 ブルガリアの昔話

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら