話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

なきむし せいとく 沖縄戦にまきこまれた少年の物語

なきむし せいとく 沖縄戦にまきこまれた少年の物語

  • 絵本
作・絵: たじま ゆきひこ
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2022年04月25日
ISBN: 9784494012480

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
251mm×256mm 48ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

続きを読む
なきむし せいとく 沖縄戦にまきこまれた少年の物語

なきむし せいとく 沖縄戦にまきこまれた少年の物語

ベストレビュー

今もなお沖縄に米軍基地があること 戦争は悲惨です!

田島征彦さんの、なきむしせいとくの原画展が京都でありましたが行けずに残念でした!
1945年の沖縄戦、
日本が第二次世界大戦をしているとき、沖縄では米軍が攻めてきて大変な戦争がありました。
田島征彦さんは、この絵本を描き子供たちに戦争の悲惨さを見せて怖がらせるのではなく、平和の大切さを願う心を伝えるために、この絵本を描いたと書かれています。

私も戦後に生まれて、戦争の悲惨さは人に聞き学び、広島長崎の原子爆弾投下の悲惨さなどで知っていますが、今もロシアウクライナでの戦争が現実に起こり、ニュースで見るのがつらくなる現状です。

なぜ? 戦争をやめないのか。罪のない子供やみんなが殺されています。
絵本の沖縄戦も同じです。
沖縄のガマという洞穴に逃げまどいますが・・・ 子供や赤ちゃんが泣くと米軍に見つかると日本兵が殺しました。なんというむごいことでしょう。

せいとくは、お母さんが血だらけになり死んでいくのをみて、どんなに悲しかったことでしょう!
目の前で自分の愛する人が殺されるのを見たら、どんなに悲しいかが伝わり涙が出ました。
1945年8月15日、日本は負け戦争は終わりました。
「せんそうのくるしみをいちばんしっているのはぼくたちなんだ」
せいとくは、妹のきぬこが生きていたことはどんなにうれしかったことでしょう!

今もなお沖縄には米軍基地があり米軍の飛行機が飛んでいます。
いつになれば沖縄から米軍基地がなくなるのでしょう?
辺野古への米軍移転が進められていますが私は反対です。
沖縄はいつまでも米軍があるなんて、日本はもっと安保条約のこと、日米地位協定のことを、沖縄住民の声を聴いてほしいと思います
この絵本をみんなに読んであげて、戦争のことを考え平和な世界を目指したいです!
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
1,650円
1,100円
1,430円
715円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,980円
385円
6,380円
1,848円

出版社おすすめ

  • はるのおくりもの
    はるのおくりもの
    出版社:日本標準 日本標準の特集ページがあります!
    雪を見たいカエルと見せてあげたいキツネとウサギ。心あたたまるお話を美しい四季の絵にのせてお届けします



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

なきむし せいとく 沖縄戦にまきこまれた少年の物語

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら