話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

おばあちゃんのにわ
NEXTプラチナブック

2023年8月認定
絵本ナビ NEXTプラチナブック

絵本ナビが特に推薦する作品です。

おばあちゃんのにわ

  • 絵本
作: ジョーダン・スコット
絵: シドニー・スミス
訳: 原田 勝
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2023年06月19日
ISBN: 9784034253908

250mm×250mm 41ページ

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


かけがえのない穏やかな日々の記憶。『おばあちゃんのにわ』 

みどころ

続きを読む

出版社からの紹介

続きを読む
おばあちゃんのにわ

おばあちゃんのにわ

ベストレビュー

心の交流

『MY BABA’S GARDEN』が原題。
「BABA」?と不思議に思ったのですが、
これはポーランド語で「おばあちゃん」だとか。
ということで、これが物語のベースとなります。
作者の祖母との思い出のエピソードでしょうか。
主人公が、あまり話さない(英語が通じない)祖母との交流の日々を語ります。
おばあちゃんの作った朝ごはん、畑、野菜、そして、ミミズ。
言葉ではない、一つ一つの仕草がコミュニケーション。
なかでも、ミミズのエピソードが印象的です。
畑仕事をしているがゆえの行動ですね。
だからこそ、今度は、主人公が。
素敵な交流の姿です。
『ぼくは川のように話す』のコンビの作品。
なるほどの味わいです。
(レイラさん 50代・ママ 男の子30歳、男の子27歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,540円
1,760円
1,760円
1,430円
1,540円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
550円
3,520円
23,980円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

おばあちゃんのにわ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら