話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
ジョーダン・スコット(じょーだんすこっと)

ジョーダン・スコット(じょーだんすこっと)

1978年生まれ。カナダの詩人。2018年、これまでの業績に対してThe Latner Writers’ Trust Poetry Prizeを受賞。シドニー・スミスとともに、『ぼくは川のように話す』によりシュナイダー・ファミリーブック賞、ボストングローブ・ホーンブック賞を受賞。

お気に入りの作家に追加する

ジョーダン・スコットさんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

2件見つかりました

表示

ぼくは川のように話す

ぼくは川のように話す

文:ジョーダン・スコット  絵:シドニー・スミス  訳:原田 勝  出版社:偕成社  税込価格:¥1,760  
発行日:2021年07月14日  ISBN:9784034253700
  ためしよみ
おばあちゃんのにわ

おばあちゃんのにわ

作:ジョーダン・スコット  絵:シドニー・スミス  訳:原田 勝  出版社:偕成社  税込価格:¥1,760  
発行日:2023年06月19日  ISBN:9784034253908
  ためしよみ

2件見つかりました

ジョーダン・スコットさんの作品のみんなの声

  • 哲学的な絵本

    哲学的な絵本でした。 吃音の悩みや悲しみを、主人公の少年は冷静に見ています。 乗り越えているのとは少し違うけれど、大切に想ってくれているお父さんとの触れ合いを通して、悩みとうまく付き合っている・・・続きを読む

  • 心の交流

    • レイラさん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子30歳、男の子27歳

    『MY BABA’S GARDEN』が原題。 「BABA」?と不思議に思ったのですが、 これはポーランド語で「おばあちゃん」だとか。 ということで、これが物語のベースとなります。 作者の祖母と・・・続きを読む

  • すてきなお庭

    とても情緒的な本でした。 著者の自伝的な物語のようです。 第二次世界大戦中に苦労し、 戦後、カナダにわたって暮らした、著者の祖父母。 その祖母(ポーランド語で「ババ」だそうです)と 孫で・・・続きを読む

  • 叙情感が溢れています

    ジョーダン・スコットの思い出の中で、おばあさんが叙情感たっぷりに描かれています。 ポーランドからの移民としてやってきたをおばあさんを、淡々と描いていますが、様々な苦労を経験してきたことがうかがい知れ・・・続きを読む

  • 和訳が素晴らしい

    吃音のある筆者の、少年時代の実話。 「口の調子が悪い」時がある筆者。 学校でからかわれ、そんなときは口もききたくなく 迎えに来た父と川原で過ごします。 父が 「川の流れを見ろ、お前の話し・・・続きを読む


児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット