新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
ババールとグリファトンきょうじゅ

ババールとグリファトンきょうじゅ

作・絵: ロラン・ド・ブリュノフ
訳: やがわ すみこ
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1975年
ISBN: 9784566000087

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

グリファトンきょうじゅが、ぞうの国にあそびにやってきた。きょうじゅはこどもたちに、いろんなことを教えてくれる。どうくつを探検していたみんなは、地下に流れる川を発見。それは湖までつづいていた。そこで、大きなゆうらんせんをつくることになった…。

ベストレビュー

発見が発展して、すごく楽しかった

人間のグリファトン教授とその子供たちがぞうの国にやってきたときのお話。
人間の子供と、ぞうの子供たち。そして、グリファトン教授が、すごく楽しそうに虫取りしているところが、楽しそうでした。
なんだか、教授が一番、子供っぽいです。

そして、子供たちが見つけた洞窟を秘密基地!(憧れの単語ですね〜)にしてみんなを招待するのですが、
それがすっごく楽しそうです。
そして、その洞窟、実は・・・・。

わくわくして、ドキドキして・・・。
本当に、そんなお話でした。
子供たちも、大人の私も、とっても楽しかったです。

(れんげKさん 30代・ママ 男の子6歳、男の子6歳)

関連記事

出版社おすすめ




本の世界に踏み出そう〜ディズニーの夏をめいっぱい楽しむ

ババールとグリファトンきょうじゅ

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら