話題
バムとケロのカレンダー2021

バムとケロのカレンダー2021(文溪堂)

今年もバムとケロのカレンダーが出来ました!

新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ

画家 AN ARTIST」 みんなの声

画家 AN ARTIST 作:M.B.ゴフスタイン
訳:谷川 俊太郎
出版社:ジー・シー・プレス
本体価格:\1,500+税
発行日:1992年07月
ISBN:9784915619083
評価スコア 4
評価ランキング 25,663
みんなの声 総数 2
「画家 AN ARTIST」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 世界観がある

    ゴフスタインのファンです何とも言えない世界感がたまりません。画家がテーマですが、表現者であるなら誰しも感じることがあるとおもいます。小さな人間です。命のかぎりもあります。それでも、この神が授けて下さった才能を大切に使って表現すること。それが仕事だと。それが生きることだと。おごらず、いばらず、自然のものに手を添え、心を添えていく。その素晴らしさを感じました。

    投稿日:2018/01/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゴフスタインの哲学

    画家はなぜ絵を描くのだろうか。
    ゴフスタインは、一人の画家に自分を語らせているようです。
    神に与えられた命だから、自分は絵を通してものに命を与えたいと、決意を語っているようです。
    登場する画家が老人で有ることに、達観したものを感じます。
    ゴフスタインのファンには必見の絵本のように思います。

    投稿日:2017/02/05

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話


ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット