新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

あかちゃんがどんぶらこ!」 ママの声

あかちゃんがどんぶらこ! 文:アラン・アールバーグ
絵:エマ・チチェスター・クラーク
訳:なかがわ ちひろ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
税込価格:\1,760
発行日:2018年06月30日
ISBN:9784198646431
評価スコア 4.2
評価ランキング 23,839
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お人形さんたちが一緒でよかった

    表紙の絵とタイトルを見て、え?!あかちゃんが流されちゃってるの?とドキドキして、手に取りました。
    お姉ちゃんたちと砂浜へ遊びにきたあかちゃん。
    お姉ちゃんたちが目を離した隙に、乳母車ごと流されてしまいます。
    どうなっちゃうのか、とても心配でしたが、ぬいぐるみやお人形さんたちが一緒でよかった。
    うさぎくんとパンダさんと、お人形のおぼうしちゃん。
    みんな頼りになりました。
    なかがわちひろさんの訳も、ユーモアたっぷりでよかったです。

    投稿日:2020/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しかったようです。

    小学校2年生の娘が一人読みしました。
    赤ちゃんが好きな我が家の娘,ぬいぐるみやお人形が好きな我が家の娘には,とても楽しく読めたようでした。
    人間とおもちゃの絆もあるのかも知れませんね!そんなふうに思えるお話でした。

    投稿日:2018/09/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • お人形たちが大活躍!

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子23歳、女の子18歳

    読んでいて、「かしこいビル」を思い出しました。このおはなしのお人形たちはビルのように、意志を持っていて、主人公の赤ちゃんのことをとても大事に想い、何があっても“あかちゃん”のそばにいて、“あかちゃん”を守り続け津SPのような存在でした。

    主人公は赤ちゃんですが、低年齢のお子さんに読むより、もう少し大きい4,5歳児くらいに読んであげた方が、人形たちの甲斐甲斐しい部分もすごく自然に受け入れられそうな気がします。

    作者は「ゆかいなゆうびんやさん」シリーズのアラン・アールバーグさんです。この方は元小学校の先生だったそうです。そう聞くと、語り手(作者)の目線に納得できます。

    お人形たちが大活躍するので、お人形の好きなお子さんには特にお薦めです。

    投稿日:2018/07/28

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はるのおくりもの
    はるのおくりもの
    出版社:日本標準 日本標準の特集ページがあります!
    雪を見たいカエルと見せてあげたいキツネとウサギ。心あたたまるお話を美しい四季の絵にのせてお届けします


児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット