新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

ありのとおったみち」 みんなの声

ありのとおったみち 作・絵:菊地 勉
出版社:福音館書店
税込価格:\0
発行日:1983年06月01日
評価スコア 4
評価ランキング 25,279
みんなの声 総数 5
「ありのとおったみち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ありから見た世界

    テーブルの上で見つけたクッキーのかけらを、ありが巣へと運ぶ様子が丁寧に描かれていました。

    「ありの目から見た世界」という発見のあるとても興味深いお話でした。
    普段見ているカーペットや窓辺などが全く違って見えておもしろかったです。

    投稿日:2021/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 蟻がとてもリアル!

    蟻って、いろんな絵本にちょこちょこ出てくるけれど、まだ実物を見せたことがないので、このリアルな蟻の本を手に取りました。
    男の子がクッキーを食べていたら、テーブルの上に蟻が来て、クッキーのかけらを運んでいきます。
    蟻はやがて絨毯の上に。そしてスプーンを乗り越え・・・
    え、スプーンが絨毯の上に落ちているの!?ってちょっと違和感を覚える展開でした。
    蟻はとてもリアルですが、物語性は薄く、1才4か月の息子にはちょっと物足りなかったようです。
    よく見える場所に置いていましたが、自分から読んで、と持ってくることは一度もありませんでした。

    投稿日:2015/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本物?!

    本物?!と見間違うくらい精巧に描かれた表紙に魅せられたのでこの絵本を選びました。ありの行動がとても丁寧に描かれており感動しました。この絵本を読む事で自然にありの習性を学ぶ事が出来るのが良いと思いました。重力に逆らう事が出来たり、水を避けたりと“何故なんだろう?”という疑問も引き出すように考える力が付く絵本だと思いました。もっと知りたい!もっと学びたい!という気持ちを引き出してくれる絵本でした。自然にもっと近ずける絵本でした。

    投稿日:2008/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 等身大より大きい蟻に、びっくりしました。クッキーのかけらを自分の巣まで、落としもせずに運ぶ蟻は勤勉で真面目だと思いました。目的地の自分の巣までただ黙々と運ぶ蟻に、生きることの必死さを思いました。クッキーのかけらの一番大きいのを選んだ蟻に頑張れと応援したくなりました。

    投稿日:2008/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供に読ませるのにぴったりです!

    夏になると虫博士になってしまう息子。
    4才の今年の夏は、昨年よりグレードもアップ。
    お話の内容は、ちょっと小さい子向けなので、子供自身に読ませています。私は教えてもらっている感じで聞いています。
    ありが大きく描かれていて、びっくりです。

    投稿日:2003/07/16

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



谷川俊太郎×堀内誠一の新作絵本『ちちんぷいぷい』インタビュー 編集・紀本直美さん

みんなの声(5人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット