宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

あめのひってすてきだな」 てんぐざるさんの声

あめのひってすてきだな 作・絵:カーラ・カスキン
訳:よだ じゅんいち
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1969年
ISBN:9784032020205
評価スコア 4.44
評価ランキング 9,471
みんなの声 総数 8
「あめのひってすてきだな」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 雨の日に散歩に出たら……。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子16歳

    日本でこの作品が出版されたのは1969年です。
    描いたのはアメリカの主婦。発表された2作目の作品だったそうです。
    細かいデッサン力はおいといて、1つ1つの画面の描き方は人の目を惹きつける魅力にあふれています。
    全体、少々言葉が多いような気もしますが、やり取りはいつも同じ繰り返しで、リズム感もあるので声に出した時、耳が楽しいです。
    おまけにお話が進んでいくと、現れる生きものの数が少しづつ増えていくので、数の概念も自然と養われそうです。
    この数の概念、日本人とは少し違って、なぜか1から8まででした。
    たまたまだったのかな?字余り的なこの感じが意外とツボでした。

    内容的には4,5歳児から小学校低学年くらいのお子さんたちにお勧めです。
    雨の日に散歩に出た男の子のお話なので、雨が多い季節にいかがでしょう。
    ちなみに気持ちゆっくり読んで、約10分でした。
    読み聞かせにもお勧めしたい内容ですが、低年齢のお子さんに10分間の絵本は意外と長いです。
    いくらいいもので、長いとお子さんの聞く気持ちが続きませんので、短い作品から徐々に慣らしてから読んであげてくださいね〜。

    投稿日:2016/05/07

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「あめのひってすてきだな」のみんなの声を見る

「あめのひってすてきだな」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その8

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット